カステッロ・ディ・モンサント キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2009

2014.06.22.Sun.10:21
安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。5発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

今回は再びイタリアのトスカーナ地方。

「カステッロ・ディ・モンサント キアンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2009」。

今思えば、ワインの名前を最初に覚えたのはキャンティ・クラシコだったと思います。

大学生の頃、キャンティ・クラシコという名前のワインは1つしかないと思っていました。
ある日、ワインショップでキャンティ・クラシコという名前のワインがたくさんあることに気付きました。
ワインの世界のややこしさに初めて触れた日だったかもしれません。

さて、今回のワインについて。
ワイナリーのカステッロ・ディ・モンサントは「モンサント城」という意味です。

DSC02250-4.jpg
エルベ渓谷に建つ美しい城館がモンサント城がラベルに描かれています。

1961年に18世紀に建てられたモンサント城をにビアンキ家が購入。
その城に付属していたブドウ畑からとてもよいワインが出来るということでワイナリーを創設。

このワイナリーは一定期間以上の熟成を義務づけられているリゼルヴァのみを生産しています。

生産者:カステッロ・ディ・モンサント
銘柄:キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2009
格付:D.O.C.G(キャンティ・クラシコ)
品種:サンジョヴェーゼ90% カナイオーロ5%、コロリーノ5%
価格:2,800円前後(税抜)
DSC02376-4.jpg
色はやや透明感のある綺麗なガーネット色。
スミレやプラムの果実の香りにサンジョヴェーゼ特有のアーモンド、タバコのニュアンス。

とてもジューシーな果実味。
果実味ゴリ押しではなく、サンジョヴェーゼに見られる綺麗な酸もほどよくあり、
これがいいアクセントになっていますね(*^-^*)
とてもキャンティ・クラシコらしい仕上がりだと思います。
(学生時代に飲んだ、おいしかったキャンティ・クラシコを思い出した)

これ実はパーカー93点をはじめ、各評論家が軒並み高得点を付けています。
その得点も納得(*´ω`*)

高級感というよりもとても親しみやすいワインですね。

タイプ:酸と果実味のバランスに優れた親しみやすいワイン
早飲み度:★★★★☆(すぐに飲めるが、寝かしてもOK)
高級感:★★★★☆(ラベルの絵が綺麗なので+★1つ)
果実味:★★★★☆(果実味もなかなか)
万人受け度:★★★★☆(このバランスは万人受けするのでは)
手土産度:★★★★★(味も見た目も喜ばれそう)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「イタリアワインの魅力を手っ取り早く伝えるならこれで充分」です。

DSC02251-4.jpg
カステッロ・ディ・モンサント キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2009
Castello di Monsanto Chianti Classico Riserva 2009

生産国:イタリア
地方:トスカーナ州 キャンティ・クラシコ
格付:D.O.C.G(キャンティ・クラシコ)
品種:サンジョヴェーゼ90% カナイオーロ5%、コロリーノ5%
生産者:カステッロ・ディ・モンサント
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
93/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Wine Spectator
92/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
93/100 James Suckling
93/100 Antonio Galloni
88/100 Falstaff Magazin
90/100 Cellar Tracker

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

サン・ルチアーノ ドヴィーディオ 2007

2014.06.15.Sun.07:10
安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。2発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

お次はイタリアから。

サン・ルチアーノ ドゥヴィーディオ 2007。

ドゥヴィーディオという名前は現オーナーの父上の名前から取ったそうな。
オヴィーディオ(Ovidio)⇒ドゥヴィーディオ(D'Ovidio)
これは・・・・父の日に最適ではないか!
・・・・・・と父の日は今日だった(^-^;

話はそれましたが、ドゥヴィーディオに戻します。

品種を見ればわかりますが、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが10%づつ。
つまり、フランスのボルドーブレンドを取り入れています。

そこにイタリア品種のサンジョヴェーゼとモンテプルチアーノ。

自国のブドウ品種の使用のみを定めたイタリアのワイン法にとらわれないワイン。
いわゆるスーパートスカーナ(タスカン)です。(と言われて久しい)

モンテプルチアーノはサンジョヴェーゼの亜種と言われてますが、
普通のスーパートスカーナと違うのがこのモンテプルチアーノをブレンドしているところです。

ちなみに日本に出回っている最新のヴィンテージは2007年です。

生産者:サン・ルチアーノ
銘柄:ドゥヴィーディオ 2007
格付:I.G.T(トスカーナ)
品種:サンジョヴェーゼ40%、モンテプルチアーノ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー10%
価格:2,500円前後(税抜)
DSC02276-7.jpg
色はやや濃いめのルビー色。

ベリー系の甘い香りに葉巻のスモーキーなニュアンス。
わずかながら樽香。個人的にほのかな樽の香りは好きです。

一口飲んで、ビックリ(゚д゚)!
これは・・・・良質なボルドーに匹敵するかも。
メドック3~4級レベルといっても過言ではない。
最近、ボルドーばかり飲んでいたので、そう思えるのかもしれないけど(^-^;

果実味も豊富で凝縮感もあり、なかなか滑らか。
ほどよい酸味がいいアクセントになっていますが、
これはイタリア品種がプラスに働いていますね。

これは・・・・当たりだ(*´▽`*)

2,500円前後で買えますが、5,000円と言われても多分わからないでしょう。

唯一の欠点としてあげるなら・・・・
ラベルがあまり高級感がない。
まぁ、それはご愛嬌(^^ゞ

タイプ:しっかり果実味があって重めだけど飲みやすい。
早飲み度:★★★☆☆(数年寝かすともっと良さげ)
高級感:★★★★★(5,000円と言ってもわからないレベル)
果実味:★★★★☆(なかなかの凝縮感)
万人受け度:★★★★☆(ボルドーの重さをイタリアテイストで中和)
手土産度:★★★★★(手土産にもってこい)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「自信を持って手土産に。お肉料理が出るなら最高な組み合わせ」です。

さて今日はすんなり記念撮影。

DSC02281-7.jpg

最近は、カメラを構える=オスワリする=記念撮影される=おやつがもらえる、
という流れを完璧に理解。

カメラをワインに向けただけでオスワリするようになりました。

DSC02257-7.jpg
アジィエンダ・アグリコーラ・サン・ルチアーノ ドヴィーディオ 2007
Azienda Agricola San Luciano D'OVIDIO 2007

生産国:イタリア
地方:トスカーナ州 ヴァルディキアーナ
格付:I.G.T(トスカーナ)
品種:サンジョヴェーゼ40%、モンテプルチアーノ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー10%
生産者:サン・ルチアーノ
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
93/100 Wine Spectator
91/100 Cellar Tracker

↓おやつに夢中のレオ、応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓ちょっとがっかり中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

テヌータ・セッテ・ポンティ オレーノ 2005

2013.11.10.Sun.07:59
今日はローストビーフを作ろうと松坂屋の地下食品売場に
牛のモモ肉を買いに行きました。

実はその2週間前にもローストビーフを作ったのですが、
微妙な出来だったので、今度はそれなりにいいお肉を使おうと。

100g 1,050円で325g購入。
何気なく買ったので、どこ産なのか全く覚えてない(笑)

で、ローストビーフの出来はというと・・・・・

13111001-2.jpg

かなりおいしい!!

ローストビーフは、お肉の質で決まることがよく分かりました。

さて、今宵のワインは、ローストビーフに合わせて、
イタリアのスーパータスカン、オレーノ2005です。

生産者:テヌータ・セッテ・ポンティ
銘柄:オレーノ 2005
品種:メルロー50% サンジョベーゼ25% カベルネ・ソーヴィニヨン25%
13111003a-2.jpg
2005年は、ボルドーではグレートヴィンテージですが、
トスカーナでも、なかなかよい出来の年。

色は、黒味がかった深みのある赤色。
まだまだ若々しく、非常に濃厚な赤ワインでした。
陽気な感じがしたのは、サンジョヴェネーゼの影響なのかな?
ボルドーとは、印象が全く違いました。

定番ながら、ローストビーフとは見事なマリアージュ。
満足度が高いディナーでした。

17.5/20
※個人的な嗜好による採点です。

13111002-2.jpg
テヌータ・セッテ・ポンティ オレーノ 2005
Tenuta Sette Ponti Oreno 2005

国:イタリア
地方:トスカーナ州 アレッツォ
格付:I.G.T.トスカーナ
品種:メルロー50% サンジョベーゼ25% カベルネ・ソーヴィニヨン25%
生産者:テヌータ・セッテ・ポンティ
ヴィンテージ:2005年
開栓年:2013年
score:
95/100 Wine Spectator
95/100 Wine Enthusiast
95/100 Wine & Spilits Magazine

↓ランキングに参加してます。「ポチッ」と応援クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓ついでにこちらも「ポチッ」と応援してやってください^m^
ワイン ブログランキングへ
↓オマケの応援&「ワインログ」のブログ分析だよ byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析