スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保有しているワインの傾向をまとめてみた

2017.10.19.Thu.23:44
久しぶりの更新です。

ワインは毎週1本以上は飲んでますが、ブログにアップする時間がない・・・。(甲斐性もない。)

個人的な備忘録を兼ねて、現在、保有しているワインについて傾向をまとめました。

まずはタイプ別。

1位 赤:74%
2位 白:19%
3位 泡:5%
4位 デザート:1%
4位 ブランデー:1%

ブランデーは葡萄繋がりということでオマケ。
ポール・ジローやレイモン・ラニョー、ジャン・フィユー、テセロン、など渋いモノを持っていたりします。

さて、ワインについては、赤好きが顕著ですね。
泡は基本、買ったらすぐに飲むので少なめ。
この5%は、ヴィンテージシャンパーニュ。
デザートワインは自分で長熟させたものを飲みたいので試しに何本か持っているだけ。


お次は・・・国別の傾向。

1位 フランス:71%
2位 イタリア:8%
2位 日本:8%
4位 アメリカ:4%
5位 ドイツ:3%
6位 スペイン:2%
-位 その他:4%

ブルゴーニュ好きが影響し、フランスが圧倒的ですね。
意外にもあまり評価してこなかった日本が2位タイにランクイン。
どうやらチリツモで貯まっていたらしい。

ただ、日本ワインのほとんどは2020年位までが飲み頃。
ここ3年で全て消費する必要があります。
結構、大変だな・・・。

「その他」もいつの間にかドイツやスペインを抜き、アメリカ並みに。
もはや「その他」じゃないですね。
「その他」の大半はオーストラリアか南アフリカ。

最近はオーストラリアや南アフリカの新鋭の生産者が熱い。
我が家のデイリーワインはほとんどブルゴーニュ、オーストラリア、南アフリカです。

ちなみに全体に占めるブルゴーニュの比率は43%。
ブルゴーニュ中心に買っていた気がするのですが、過半数越えならず。
面白そうなワインがあったり、飲んだことがないタイプを見かけると手を出していた結果か。

お次はヴィンテージの傾向。

全部書くと長くなるので、上位10位のみ発表。

1位 2014年:19%
2位 2010年:15%
3位 2009年:13%
4位 2012年:12%
5位 2015年:7%
6位 2006年:6%
6位 2008年:6%
8位 2007年:5%
9位 2011年:4%
9位 2013年:4%

当然といえば当然ですが、古いヴィンテージは消費しているので少なめ。
2014年が多いのは、娘のバースデーヴィンテージであることが理由(^-^;

2009年と2010年はいわゆるグレートヴィンテージだったので買いだめ。
実際にそうだったかどうかはあと10~20年以上先にわかる。
生きてれば、の話。

しかし。今思えばそれでも今よりは価格は安かったよな~。
まぁ、ボルドーは当時から信じられない価格でしたけど。

2015年はそんなに買った記憶がないのですが・・・。
どうやら日本ワインがここに集中しているようです。
kidoワイナリーや農楽蔵など抽選方式のワインがことごとく当たった結果か。

一番の問題が、2005年以前の在庫が少なくなってきている事実。
バックヴィンテージは買う気が起きないので、この間をどうやって持たせるか。

しばらくは、早飲みできる、新進気鋭の生産者でも発掘することにします。

定期的にこうやって傾向を見ると面白そうですね。
実際に数年前と構成比率が変わっている気がします。

年を取るにつれ、好みや味覚が変わっている証拠ですね。

スポンサーサイト

ロマネ・コンティなど盗まれた高額ワインの中になぜかこのワインが

2015.01.08.Thu.09:50
先日、ナパ・ヴァレーにある3ツ星レストランの「フレンチ・ランドリー」でワインが盗まれました。
盗まれたワインは76本ですが、なんと総額約3,580万円(@_@)

その金額もさることながら、盗まれたワインのラインナップを見て妙な違和感が。
セラーにある数あるワインの中から高額なワインだけを盗まれたらしいのですが・・・。

DRC ロマネ・コンティ 2004~2010 計14本
DRC ラ・ターシュ 1993~2010 計19本
DRC リシュブール 1988~2010 計9本
DRC ロマネ・サンヴィヴァン 2003~2010 計14本
DRC グラン・エシェゾー 2007~2010 計7本
スクリーミング・イーグル 1992~2010 計5本
ドン・ペリニヨン(マグナム・ボトル) 2004 計5本

ここまでは市価10万円~150万円ぐらいの超高額ワインだからいいとして・・・・
(ドン・ペリのマグナムは6万円位ですが。)

J・F・ミュニュレ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er クロ・ド・ラ・マレシャル 2005~2008 計4本

これって、これでしょ?

DSC04100-9.jpg

7〜8千円で買えますけど・・・(^-^;
たしかにJ・F・ミュニュレは日本でも人気が高い生産者ですが、売れるのはもっぱら、
特級ミュジニーやボンヌ・マール、シャンボール・ミュジニーの1級レ・ザムルーズかレ・フュエ。

クロ・ド・ラ・マレシャルは、どちらかというと売れ残るのですが・・・。

盗むにしても他にもっといいワイン、あったでしょうに・・・(^-^;
※窃盗は当然ながら犯罪です。

しかしながら、盗まれたワインはほとんどDRC物です。
したがってシリアル番号で販売ルートが割り出されるので転売は困難だそうな。
いくらでも闇ルートはありそうな気がしますが。

ちなみにこのレストラン、昨年のクリスマスから6ヶ月間の改装工事中で
敷地内に住居を構えるオーナーが寝ている間に犯行に及んだそうな。

そりゃ、悔しいでしょうね・・・・。

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

ボジョレー・ヌーボー、2014年の出来は?

2014.11.20.Thu.08:25
今日はボジョレー・ヌーボーの解禁日です。

毎年、その年の出来についてキャッチコピーが出回るのですが、
昨年の今頃はそのコピーでヴィンテージの優劣をドラゴン・ボールに例えていました(^-^;
その時の記事はこちら

その後、2012年と2013年のコピーは下記。

2012年「偉大な繊細さと複雑な香りを持ち合わせ、心地よく、よく熟すことができて健全」
2013年「みずみずしさが感じられる素晴らしい品質」

・・・・この書きっぷりからすると微妙な出来だったということですね(^-^;

一方、2014年はどうでしょうか。

2014年のボジョレー地方は大変なヒョウ被害に遭遇。
その後、雨が続き、出来が心配されましたが、8月後半以降は絶好の天気に恵まれました。

結果、噂に聞くところによれば2009年並みの出来だとか。
ということは、「魔人ブウ級」!?

ボジョレー・ヌーボーは置いておいても、2014年の出来はちょっと期待しています。
なによりも娘のバースデーヴィンテージ。

ここぞとばかりに記念のワインを奮発するつもりです(*^。^*)
ま、20年後に「お父さん、私、実はお酒が全然飲めないのよ」と言われてガッカリかもしれませんが。

さて本題のボジョレー・ヌーボー。
今年は買っていませんが、機会があれば飲んでみたいと思います(*^-^*)

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

思い出のワインラベルから選んだ理由を推理してみる

2014.06.24.Tue.10:41
奥さんが棚の整理をしていたらこんなものを見つけました。

今から10年以上前の2003年の結婚記念日にフレンチレストランで飲んだワインのラベル。
ワインは昔から好きだったけど、当時は全くもって知識がなかった(*´ω`*)

DSC02443-6.jpg

なんでこれを選んだのか全く持って覚えていない(^-^;

改めてこのラベルから選んだ理由を探ってみましょう。

ボルドーのオー・メドック地区のクリュ・ブルジョワ級のワイン。
名前は、シャトー・フォー・ド・ヴォーバン。
品種はメルローが主体。

奥さんがメルローが好きっぽいのは最近わかったことなのでここに理由はない。
ちなみに過去の傾向からするとシラーもグルナッシュも好きっぽい。
最近はピノ・ノワールも守備範囲に。
その前にシャンパーニュが一番好きだそうだ。
・・・・なんのこっちゃ(-ω-)

ヴィンテージは1983年。
1983年ということは当時から見て20年前。
(どうやらこのシャトーは、蔵で20年ほど瓶熟成した後にリリースする模様。)

1983年という年に取り立て二人の思い出はない。
・・・・・いや、そもそも出会ってない(^-^;
それどころか、まだ小学生だ(゚д゚)!

この門の絵は、ルイ14世に仕えた建築家ヴォーバンが築いた城塞の門。
ヴォーバンは、要塞の攻城法と築城法を確立した戦術家の側面もあり、
「落ちない城はない」と言われるほどの攻城の名手だったそうな。

落ちるも落ちないもすでに結婚していたわけなので、このラベルストーリーに意味はない(-ω-)

ソムリエにお任せした可能性はあるが、当時はそんな気の利いた振舞いはしない。
当時の僕に予算を伝えるほど、余裕のある大人な対応をしたとも思えない。

お任せなんかしてシャトー・ラトゥールとかラ・ターシュを持ってこられても困る。

そもそも銘柄なんてわからなかったはず。
タイムマシンがあったら、未来の僕が止めるはずだ。勿体ないと。

というか無知な若者にグラン・ヴァンを勧めるソムリエはいないか(^-^;

結論。

テキトーに選んだ(*´▽`*)


今、選びなおしたら違ったものを選ぶだろうなぁ~。

今も気になったワインや記念ワインのラベルを残していますが、改めて意義を実感しました。
これからも残したいと思います( *´艸`)

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

安くておいしいワイン探しの旅2014

2014.06.08.Sun.11:19
最近、ボルドー&ブルゴーニュの格付制覇を進めていたせいか、
フランスワインばかりを飲んでいる気がします。

それに加えて、奥さんが出産間近で一緒にお酒を飲めないので、
グラン・クリュクラスのワインはしばらくは出せずじまい。
※一人で飲むのは気がはばかれる(^-^;

ということで、ちょっとの間、世界中の安くておいしいワインを探す旅にでます。
・・・・・といっても本当に旅にでるわけではありませんが(^_^;)

今回のテーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

他人の家に持っていくとなると、それなりのレベルが求められます。
しかも誰でもおいしいと言わさなければなりません。
加えて、いつ買ってもおいしくなければならない、ということで早飲みが可能なワインがベストです。

価格は、一般的には5,000円や10,000円となるとかなり負担でしょう。
2,000円~3,000円ぐらいが妥当ですね。

とういことで、この価格帯でも4~5,000円位に思えるぐらいのワインを探し出します!
あ、あくまで僕好みが前提ですのでそのあたりはご容赦を(*´ω`*)

そんなこんなで選びに選び抜いたワインをまとめ買いました。

DSC02241-3.jpg
平均価格2,500円。まずまず。
あと数本は後日届きます(*^-^*)

赤:イタリア2本、オーストラリア2本、スペイン1本、アメリカ1本、ポルトガル1本
白:オーストラリア2本

いい感じでばらけました。

今年は個人的にオーストラリアに注目しているので配分は多め。
結構、熟考して選んだだけに飲む前から、おいしい気がする(*^。^*)←アホ

これから順次、開けていきますので、乞うご期待!

格付制覇も合間合間に進める予定です。

安くておいしいワイン探しの旅2014は全9回です。
1.パラシオス・レモンド ラ・モンテサ・クリアンサ 2011
2.サン・ルチアーノ ドヴィーディオ 2007
3.ラパリーガ・ダ・キンタ ティント・レゼルヴァ 2010
4.シュグ ピノ・ノワール・ソノマ・コースト 2012
5.カステッロ・ディ・モンサント キャンティ・クラシコ・リゼルヴァ 2009
6.ダーレンベルグ・ダリーズ・オリジナル・シラーズ・グルナッシュ 2010
7.フランクランド・エステート・ポイズンヒル・リースリング 2009
8.タービルク・シラーズ 2010
9.キリカヌーン・モーツ・ブロック・リースリング 2010

なお、2013年度の安くておいしいワインランキングも再掲しておきます。
3,000円以下で買える安くておいしいワイン2013
2,500円以下で買える安くておいしいワイン2013
2,000円以下で買える安くておいしいワイン2013

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。