スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保有しているワインの傾向をまとめてみた

2017.10.19.Thu.23:44
久しぶりの更新です。

ワインは毎週1本以上は飲んでますが、ブログにアップする時間がない・・・。(甲斐性もない。)

個人的な備忘録を兼ねて、現在、保有しているワインについて傾向をまとめました。

まずはタイプ別。

1位 赤:74%
2位 白:19%
3位 泡:5%
4位 デザート:1%
4位 ブランデー:1%

ブランデーは葡萄繋がりということでオマケ。
ポール・ジローやレイモン・ラニョー、ジャン・フィユー、テセロン、など渋いモノを持っていたりします。

さて、ワインについては、赤好きが顕著ですね。
泡は基本、買ったらすぐに飲むので少なめ。
この5%は、ヴィンテージシャンパーニュ。
デザートワインは自分で長熟させたものを飲みたいので試しに何本か持っているだけ。


お次は・・・国別の傾向。

1位 フランス:71%
2位 イタリア:8%
2位 日本:8%
4位 アメリカ:4%
5位 ドイツ:3%
6位 スペイン:2%
-位 その他:4%

ブルゴーニュ好きが影響し、フランスが圧倒的ですね。
意外にもあまり評価してこなかった日本が2位タイにランクイン。
どうやらチリツモで貯まっていたらしい。

ただ、日本ワインのほとんどは2020年位までが飲み頃。
ここ3年で全て消費する必要があります。
結構、大変だな・・・。

「その他」もいつの間にかドイツやスペインを抜き、アメリカ並みに。
もはや「その他」じゃないですね。
「その他」の大半はオーストラリアか南アフリカ。

最近はオーストラリアや南アフリカの新鋭の生産者が熱い。
我が家のデイリーワインはほとんどブルゴーニュ、オーストラリア、南アフリカです。

ちなみに全体に占めるブルゴーニュの比率は43%。
ブルゴーニュ中心に買っていた気がするのですが、過半数越えならず。
面白そうなワインがあったり、飲んだことがないタイプを見かけると手を出していた結果か。

お次はヴィンテージの傾向。

全部書くと長くなるので、上位10位のみ発表。

1位 2014年:19%
2位 2010年:15%
3位 2009年:13%
4位 2012年:12%
5位 2015年:7%
6位 2006年:6%
6位 2008年:6%
8位 2007年:5%
9位 2011年:4%
9位 2013年:4%

当然といえば当然ですが、古いヴィンテージは消費しているので少なめ。
2014年が多いのは、娘のバースデーヴィンテージであることが理由(^-^;

2009年と2010年はいわゆるグレートヴィンテージだったので買いだめ。
実際にそうだったかどうかはあと10~20年以上先にわかる。
生きてれば、の話。

しかし。今思えばそれでも今よりは価格は安かったよな~。
まぁ、ボルドーは当時から信じられない価格でしたけど。

2015年はそんなに買った記憶がないのですが・・・。
どうやら日本ワインがここに集中しているようです。
kidoワイナリーや農楽蔵など抽選方式のワインがことごとく当たった結果か。

一番の問題が、2005年以前の在庫が少なくなってきている事実。
バックヴィンテージは買う気が起きないので、この間をどうやって持たせるか。

しばらくは、早飲みできる、新進気鋭の生産者でも発掘することにします。

定期的にこうやって傾向を見ると面白そうですね。
実際に数年前と構成比率が変わっている気がします。

年を取るにつれ、好みや味覚が変わっている証拠ですね。

スポンサーサイト

DRC4兄弟

2016.11.13.Sun.13:15
つい、手が出てしまった・・・・(^-^;

DSC06741-20.jpg

2012年のブルゴーニュは良年。
古典的で将来偉大になりうるヴィンテージ(*^-^*)

DSC06742-20.jpg

ただ、飲み頃はあと20年以上先ですね(^-^;
しばらくは存在を忘れて封印しますzzz・・・・。

ボーペイ・サージュ 3種、など日本ワインもろもろ

2016.10.23.Sun.19:31
最近買った日本ワイン。

DSC06424-14.jpg
ボーペイサージュの「レ・ヴェント 2013」、「モンターニュ 2013」、「ラ・ボア 2013」
ファンキー・シャトーの「ラ・プリミエール・フォア・カベルネ・ソーヴィニヨン 2013」、「シャルドネ 2014」、「グリグリ 2015」

どれも入手困難ですが、ボーペイサージュの方がより入手困難。
たまたま、とあるお店のセラー奥深くで発見。

DSC06240-14.jpg
「ミエ・イケノ メルロー 2014」

DSC06237-14.jpg
「ミエ・イケノ ピノ・ノワール 2014」

DSC06233-14.jpg
「ミエ・イケノ シャルドネ 2014」

ミエ・イケノ3連発。
これはドメーヌのネット販売でセット購入。
その後、レゾナーレ八ヶ岳でピノ・ノワールを飲みましたが、宿泊施設の冷蔵庫で冷やしたまま、
レストランですぐに開けたため、温度管理に失敗。冷え過ぎ。
次に飲むときは、万全を期したい。

DSC06438-14.jpg
「グレイス・ワイナリー キュヴェ三澤・明野 2015」

日本独自品種の甲州100%。
世界最大級のワインコンクール「Decanter World Wine Awards 2014」で日本で初めて金賞を受賞したワイン。
2015ヴィンテージも銀賞を受賞。

DSC06442-14.jpg
「シャトー・メルシャン 椀子(マリコ)・ヴィンヤード・オムニス 2013」

これも日本を代表するボルドー・ブレンド系ワイン。

DSC06431-14.jpg
「ドメーヌ・ソガ サンシミ・ルミリアシオン・カベルネ・ソーヴィニヨン・ムラサキ第一農場 2014」

畑ごとにリリース。ムラサキ第一農場は最上畑。

ここ最近はホント、日本ワインばかり飲んでたな~。
まだまだ奥は深そうです。

自宅のワインセラーの中身を一部公開~続編

2015.10.20.Tue.18:45
以前、自宅のワインセラーの中身をご紹介しました。
もう少し整理しましたのでその続編。

前回の記事は下記から。
自宅のワインセラーの中身を一部公開

今回も世界のワインがテーマ。

まずは定番のフランスのブルゴーニュから。

DSC05531-1.jpg
ヴォギュエの特級ミュジニー2012。
ミュジニー最大の生産者。
恐ろしく長熟で飲み頃の判断の難易度が高い一品。
2012年の飲み頃はあと20年以上は先ですね。

お次は同じくフランスのローヌ。
かの高名なパーカーさんが大好きな地域。

DSC05546-1.jpg
エティエンヌ・ギガルのコート・ロティ・ラ・トゥルク2006。
この「ラ・トゥルク」に「ラ・ムーリーヌ」と「ラ・ランドンヌ」を合わせてギガルのコート・ロティ三兄弟。
2009年、2010年と2年連続で三兄弟全てにパーカーさんは100点満点をつけたという完璧三兄弟。
ちなみに1985、1988、1999、2003、2005も三兄弟同時100点。
パーカーさん、どんだけギガルが好きなんだか。

前回に続き、シャンパーニュも何本かご紹介。
自宅セラー1台はほぼシャンパーニュに占拠されています。

DSC03237-1.jpg
ブルーノ・パイヤールのNPU1999。
NPUとは「ネック・プリュ・ウルトラ」。ラテン語で「それ以上のものはない」。
生産者の意気込みを感じる一品。

DSC05322-1.jpg
タルランのラ・ヴィーニュ・ダンタン2002。
シャルドネ100%のブラン・ド・ブラン。
今では珍しい接ぎ木なしのブドウの樹で作られた純粋なシャンパーニュ。
接ぎ木なしのどこが珍しいの?など説明を要するマニア向けの一品。

DSC04146-1.jpg
フィリポナのクロ・デ・ゴワセ 2004。
単一畑のブドウでシャンパーニュを造った元祖。
特にクロ・デ・ゴワセはシャンパーニュに2つしかないモノポール(単独所有畑)の一つ。

お次は自由の国アメリカ。

DSC05541-1.jpg
ハーラン・エステートのプロプライエタリー・レッド2004。
カリフォルニアのカルトワインの頂点のひとつ。
ラベルのブドウを摘む女神が神々しい。
これを飲むときは跪いて飲むべし。

DSC05536-1.jpg
キスラーのキュヴェ・エリザベス2012。
正確に言えば、キスラーではなくオクシデンタルです。
キスラー・ヴィンヤードというワイナリーはビル・プライスに買収されましたが、
創設者スティーヴ・キスラーはその一部を独立させオクシデンタル・ヴィンヤードを設立。
最上級キュヴェに娘の名前、エリザベスとキャサリンと名付けました。
(このキュヴェ名はキスラー時代からあります。)
このエリザベス2012は、パーカー98点と何気に高得点。
でもキャサリンは93点。
姉妹で比較されてちょっとかわいそう。

お次はコアラとカンガルーの国オーストラリア。
・・・それしか思いつかない(^-^;

DSC05560-1.jpg
ペンフォールドのグランジ2004。
オーストラリアワイン界の頂点。
というよりも世界の偉大なワインの一つ。
飲み頃が2040年とか50年とかもはや存命中に飲めないかも(^-^;
娘にでも残していきますかね。

最後に情熱の国スペイン。

DSC05524-1.jpg
ヴェガ・シシリアのウニコ2004。
安くて美味しいスペインワインですが、このウニコは別格。
グランジ同様、世界の偉大なワインのひとつ。
「ウニコ=唯一の」と自信満々なネーミングをつけるだけあってグッドヴィンテージしか作られない。
ウニコという名前がちょっとマヌケな感じで個人的にお気に入り。

以上、自宅セラーの中の世界のワインたち、続編でした~。

自宅のワインセラーの中身を一部公開

2015.09.13.Sun.21:53
長期熟成用のワインを預けている某倉庫のサービス変更により、詰め替え作業をしてきました。

概ね飲み頃が一緒のものを同じ箱に入れたのですが、一本だけ吹いているものを発見。
それもよりによってルロワのドメーヌもののヴォーヌ・ロマネ1級ボーモン。

ルロワはコルクと液面が近いため吹きやすいとはいえショック。
熱による液漏れではなさそうだし、とりあえずそのまま置いてきました。
まぁ、適当な頃合いを見計らって検証してみます(T ^ T)

さて某倉庫の整理とともに自宅セラーの整理もしました。
全体的にはブルゴーニュに偏ってはいるものの、大半は某倉庫に預けているので、
自宅セラーには世界各地のワインを置いています。

そこで、自宅セラーにある中で各国代表的なワインを一部、公開しまーす。

まずは、ワイン大国のおフランス。

ブルゴーニュの赤。

DSC05446-12.jpg
ドニ・モルテの特級シャンベルタン2011。
生産本数は600本と滅多にお目にかかれない代物。
ヴォーヌ・ロマネのモノポールを除けば、シャンベルタンが特級の最高峰かと。
あとはミュジニーかリシュブール。
某倉庫に送るつもりが、サービス変更騒動で自宅セラーで待機中。

DSC05441-12.jpg

アラン・ユドロ・ノエラの特級リシュブール2013と特級ロマネ・サン・ヴィヴァン2012。
薄めなエレガントな造りで、とても好きな生産者です。
将来化けると思って買っていましたが、既にブレイクしつつあります。
そのおかげで絶賛、価格高騰中の困ったチャン。
こちらも待機中。いずれは某倉庫へ。

お次はブルゴーニュの白。

DSC04907-12.jpg

なんで買ったか覚えていない、コント・ラフォンのムルソー 1er グットドール2011。
ブルゴーニュで白といえば、ラフォンですが、ムルソー3大畑ではないところがちょっと渋い(^-^;
レアと言えばレアですね~。

DSC04955-12.jpg

シャブリ最高の生産者、フランソワ・ラヴノーの特級シャブリ・ブランショ2008。
ラヴノーのグラン・クリュ(特級)はホントに売っていなんですよね(+_+)
シャブリはあまり持っていないので楽しみな一品。

続いてフランス、ボルドー。

DSC05158-12.jpg

ポムロールの代表的シャトー、シャトー・ラフルール2004。
1級のラフィットやマルゴーが20万本前後であるようにボルドーは大量生産が主流。
希少なペトリュスですら2.5万本ですが、このラフルールは生産本数が少なく1.2万本。
時にペトリュスを超えることもしばしばと言われる実力はいかに。
ちなみに神の雫の第四の使徒。

お次はシャンパーニュ。
シャンパーニュは全て自宅セラーで保管。
そのうちの数本ご紹介。

DSC01564-12.jpg

緑のデザインが特徴的なサロン1999。
良年以外は生産されない貴重なブラン・ド・ブラン。
飲み頃の難しさもあり、上級者向け。

DSC01555-12.jpg

見た目が華やかなルイ・ロデレールのクリスタル2004。
ボトルが透明のため、光による劣化防止のためオレンジのフィルムでカバー。
豪華さにこだわる仕様はロシア皇帝御用達ゆえか。
これはお祝い事用ですね。

DSC01663-12.jpg

ボトルの曲線が美しいクリュッグ・ヴィンテージ2000。
プレステージ・シャンパーニュは箱付が多いので、箱が山積みになって困る。
捨てるにしてもなんかもったいなさが。
いずれは娘のおもちゃとなるに違いない。

DSC04809-12.jpg

ビルカール・サルモンのキュヴェ・エリザベス2002。
ロゼ・シャンパーニュの中では最高峰の部類に入るのではないでしょうか。
こちらも手に入れにくい事この上なし。

お次は陽気な国、イタリア。

DSC05030-12.jpg

ガヤのスペルス2005。
ちょっと前にバローロに嵌っていた頃に買ったもの。
そのためか、自宅セラーはバローロ率が結構高い。
いずれも飲み頃はまだまだでしょうねぇ・・・。

DSC05319-12.jpg

神の雫の第九の使徒、ポッジョ・ディ・ソットのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ2007。
ブルネッロはあまり持っていないです。
バローロが発端のイタリア熱がピークだった頃に買ったもの。
熟成したブルネッロは格別ですが、それを味わう頃にはワインが飲めない体になっているかも。

お次は質実剛健な国、ドイツ。

DSC05348-12.jpg

ベルンハルト・フーバーのマルターディンガー・シュペートブルグンダー”R”2006。
”R”はレゼルヴの意味。
ドイツワインの名称や格付は複雑で理解するのに一苦労。
ドイツのピノ・ノワールはここ最近のマイブームの一つ。
味わいはエレガントかつ堅牢でレベルが高い。
輸入元も少なく価格競争がないのか、マージンの乗せ方も高い( `ー´)ノ

お次は自由の国、アメリカ。

DSC05408-12.jpg

ドメーヌ・ド・ラ・コートのピノ・ノワール3兄弟。
左からサンタ・リタ・ヒルズ、ブルームス・フィールド、ラ・コート。全てヴィンテージは2012。
ラ・コートは3,600本、ブルームス・フィールドは6,000本しか生産されていない。
まだあまり知られていないけど知る人ぞ知るワイナリー。
ワインジャーナリストの某氏も絶賛。
ちなみにボトルネックのヴィンテージシールの位置が適当なのは自由の国ゆえか。

お次は、太陽の国、南アフリカ。

DSC05423-12.jpg

南アフリカのワインのレベルの高さに驚き、絶賛、ハマり中。
こちらはクリスタルムの上級キュヴェ。
上級キュヴェといっても1本5,000円程度。
左からクレイ・シャルス、キュヴェ・シネマ、マバレル。いずれもヴィンテージは2013。
クレイ・シャルスのみシャルドネで、あとはピノ・ノワール。
こちらも生産本数は超極少。ラベルの右下にボトリングナンバー入り。
左から、1037/3241、1389/4312、2016/2112。
非常に希少ではあるが、世の中的に競争率は高くないので価格は高騰しない。
よって、今の所はお宝のようであってお宝ではない。

ちなみに英評論家のティム・アトキンがボルドーの格付に倣って南アフリカの格付を発表しています。
(1級~5級とその下のクリュ・ブルジョワ級に分けて評価。)
クリスタルムは毎年、1級シャトーとしてランクイン。
将来的に価値があがるかも・・・・?

以上、自宅セラーの中の世界のワインたちでした~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。