スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊姫 鶴乃里 山廃純米

2014.08.08.Fri.07:32
レオの散歩ついでに近くの酒屋に訪問。

ここは小さいながら、なかなかワインや日本酒が充実しています。

そこで「菊姫」を発見。
菊姫のフラグシップと言えば、「菊理媛(くくりひめ)」、「吟」、「黒吟」ですが、
ここは贅沢を言わずに「菊姫 鶴乃里」で我慢。

我慢と言ってもこの「鶴乃里」は、2007年のIWC、SAKE部門総合で「チャンピオンサケ」を獲得。
※IWC=インターナショナル・ワイン・チャレンジ(国際ワインコンテスト)
2007年から日本酒部門が追加されたわけですが、その初代チャンピオンです。

鶴乃里には他にも面白いエピソードがあります。

最近、福島の原発事故に絡む問題で連載休止になった漫画「美味しんぼ」。
以前、作中で「菊姫」が取り上げられました。
話の筋としては、海原雄山率いる美食倶楽部はアルコールを添加している吟醸酒を否定し、
純米酒を褒め称えているわけですが、その中で菊姫の純米酒を美食倶楽部の愛用品とします。

ところが「菊姫」はフラグシップの「菊理媛」、「吟」、「黒吟」を始め、吟醸酒を得意としています。
そこで意見の相違が生じました。
「菊姫」を造る菊姫合資会社との協議の結果、「鶴乃里」という仮名で登場させています。

そしてちゃっかり?菊姫合資会社は「鶴乃里」を商標登録し、後に商品化。
商魂たくましいですね~(^-^;

ちなみに僕は吟醸酒も世界に誇る立派なお酒だと思いますけどね(*^。^*)

さて、そんな面白エピソードのある「菊姫 鶴乃里」、いってみましょう!

銘柄:菊姫 鶴乃里 山廃純米
醸造元:菊姫合資会社( 石川県白山市)
使用米:山田錦
日本酒度:不明
DSC02721-9.jpg
純米酒らしくなかなか濃厚な味わい。
しかしながら、ちょっとした酸味にキレ味もあります。

冷酒と冷やで試しましたが、個人的には断然、冷酒。
正確には「花冷え(10度)」ですね。

温度が上がってくると甘味が目立ち始めて、飲み進めると結構、疲れてきます。
まぁ、これは好みの問題ですね。

ということで、個人的にはさほど感動せず。
これを愛用品とする美食倶楽部の実力は一体・・・(^-^;

菊姫の実力はこんなものだと思っていないので、次は「吟」か「黒吟」が飲みたいですね。

DSC02725-9.jpg
銘柄:菊姫 鶴乃里 山廃純米
醸造元:菊姫合資会社( 石川県白山市)
使用米:山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:不明
アルコール度:16度~17度
製造年月:不明

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

スポンサーサイト

鍋島 純米吟醸 雄町

2014.05.14.Wed.06:48
最近は日本酒とワインが半々。

日本酒は買ったらすぐ飲まなければいけない一方、
開栓後は割と日持ちするので重宝します。

今回は、佐賀県の日本酒、鍋島 純米吟醸 雄町です。

とある日本料理屋で鍋島を飲んでから、見かけると必ず頼んでいる気が。

この鍋島も、近所のなかなか品ぞろえのよい酒屋さんで購入。

価格は1,700円前後だったと思います。

銘柄:鍋島 純米吟醸 雄町
醸造元:富久千代酒造(佐賀県鹿島市)
使用米:雄町
日本酒度:±0
DSC01950-5.jpg
やや青っぽさの残ったマスクメロンの甘い香り。
ほんの少し舌に痺れが残る酸で甘さをうまくスッキリとさせています。

飲み口は濃厚辛口。
と思ったのですが日本酒度は±0なので分類上は辛口ではないですね。

純米大吟醸のような繊細で贅沢な味わいはないですが、
気兼ねなくグイッと飲むには最高です。

鍋島は安定感あるな~。

DSC01956-5.jpg
銘柄:鍋島 純米吟醸 雄町
醸造元:富久千代酒造(佐賀県鹿島市)
使用米:雄町
精米歩合:50%
日本酒度:±0
アルコール度:16度
製造年月:2014年4月

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

梵 極秘造 純米大吟醸

2014.05.09.Fri.07:55
今回は、遅ればせながらゴールデンウィーク中に開けた日本酒です。

梵 極秘造 純米大吟醸。

昭和43年に日本で最初に発売された大吟醸酒です。
と聞くと大吟醸酒の歴史は意外と浅いことに驚かされますね。

昭和天皇の一代一度の御大典の儀では地方選酒として初めて使われたお酒でもあります。
その時の名前は「越の井」でした。

ちなみにこの蔵の別銘柄「日本の翼」は政府専用機の機内酒として採用されています。

DSC01740-6.jpg

装飾・パッケージはちょっと高級感を感じますね。
まぁ、結局、捨ててしまうワケですが。

純米大吟醸なので精米歩合が35%。
熟成期間は3年以上と長め。

銘柄:梵 極秘造 純米大吟醸
醸造元:加藤吉平商店(福井県鯖江市)
使用米:山田錦
日本酒度:+3
DSC01889-6.jpg

DSC01890-6.jpg
口当たりはまろやかでフルーティー。
最初は少し甘めで妙な辛味があったので、あれ?と思ったのですが、
時間が経つにつれ、甘露な香りに旨味がつまった芳醇な味わいに変化。

かなりうまい!(*^_^*)

これは飲み飽きないですね。
この素晴らしい甘さのバランスは表現しがたいものがあります。

先日の九平次の別誂といい、当たりですね(*^_^*)

~おまけ~

DSC01886-6.jpg

今回も記念撮影のバイトに励むレオ。
この時は、直後にごほうびのおやつをあげました。

ワンコって単純で「記念撮影するとおやつがもらえる」と理解すると
うれしそうに率先してやるんですよね。

DSC01724-6.jpg
銘柄:梵 極秘造 純米大吟醸
醸造元:加藤吉平商店(福井県鯖江市)
使用米:山田錦
精米歩合:35%
日本酒度:+3
アルコール度:16~17度
製造年月:2014年3月

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

醸し人九平次 別誂 2013 純米大吟醸 山田錦

2014.04.24.Thu.14:30
すっかり格付ワインの制覇という目標そっちのけで
日本酒ブログ化しつつあるワインログ。

おまけにトイプードルのレオもご無沙汰です。

「日本酒ログ~日本酒ごぶさたワンコ」に改名しようかな(ウソ)

あと2本、日本酒の在庫があるので今しばらくお待ちください。
日本酒って鮮度が重要だったりするので・・・・。

ちなみに今週末は久しぶりにボルドー格付制覇を進めようかと思っています。

さて、今回はそのうちの1本・・・・「醸し人九平次 別誂 2013 純米大吟醸 山田錦」。

DSC01736-9.jpg

2013、とワインのようにヴィンテージが書いてあるわけですが、
この別誂(べつあしらえ)は、醸し人九平次シリーズのフラグシップ商品です。
つまり、最上級品。

ギー・サボアやトロワグロ、スプーンを始めとする、
フランスのミシュラン三ツ星レストランや高級ホテルのリッツでも提供される逸品です。

日本でも販路は特約店に限定しています。

仕込み水は、300年かけて沸いてくるという水を長野まで汲みに行くというこだわりだそうな。

銘柄:醸し人九平次 別誂 2013 純米大吟醸 山田錦
醸造元:萬乗醸造(愛知県)
使用米:山田錦
日本酒度:±0
DSC01756-9.jpg

一言。うまい。以上。

大げさかもしれませんが、今まで飲んだ日本酒の中でもトップを争うレベル。

口あたりはマイルドで甘みをほんのり感じつつ、後味は絶妙な旨味。
少しだけピリピリとくる酸もあり、非常にバランスがいい。

辛口派、甘口派、関係なく、どちらも納得できるバランスですね。

720mlで4,000円位と日本酒としてはややお値段は張りますが、
ワインでは4,000円で外れることは多々あるので納得の値段です。

この別誂のように世界的に評価が高まるのはいいのですが、
ワインのように消費が需要を大きく上回ってしまい、とんでもない価格がついたら嫌ですね。

ただワインのように熟成を要するものではない性質のため、
コレクター欲を煽られにくいおかげで、信じられない値段になりにくいかもしれません。

それはさておき。

醸し人九平次 別誂。

我が家の祝い事の定番日本酒として認定させていただきます。

DSC01739-9.jpg
銘柄:醸し人九平次 別誂 2013 純米大吟醸 山田錦
醸造元:萬乗醸造(愛知県)
使用米:山田錦
精米歩合:35%
日本酒度:±0
アルコール度:16.5度
製造年月:2014年3月

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

春鹿 山廃仕込み純米 超辛口 原酒 鬼斬

2014.04.20.Sun.10:38
おにぎり。

平仮名で書くと握り飯の方を想像しますが、
読み方はおにぎりでも、今日の日本酒は「鬼斬」。

DSC01716-8.jpg

「春鹿 山廃仕込み純米 超辛口 原酒 鬼斬」。

迫力があるラベルですね。
ズバッと斬られそうな予感。

ちなみに日本酒度は+13。

以前飲んだ「播州一献 純米 無濾過 超辛口」が+15。

+6.0を超えれば大辛口ですので、どちらも図抜けていますね。

お値段は、1,400円(税抜)。

・・・・・・・安い!

今回は超辛口なので冷酒で。

銘柄:春鹿 山廃仕込み純米 超辛口 原酒 鬼斬
醸造元:今西清兵衛商店(奈良県)
使用米:山田錦、強力
日本酒度:+13
DSC01753-9.jpg
おおっ!これはかなりの切れ味。
口当たりは水の如く澄んでいますが、その直後にズバッと辛味がきます。

ただし超辛口というとピりッとした辛さを想像しますが、旨味があって後味がスッキリ。

辛口は途中で飲み疲れてきますが、これはグイグイいけます。

おいしい!(*^_^*)

これで1,500円前後で買えるのだから素晴らしい。

DSC01717-8.jpg
銘柄:春鹿 山廃仕込み純米 超辛口 原酒 鬼斬
醸造元:今西清兵衛商店(奈良県)
使用米:山田錦、強力
精米歩合:58%
日本酒度:+13
アルコール度:18.0度
製造年月:2014年3月

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。