スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006

2015.08.30.Sun.09:39
「アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006」。
イタリア、ピエモンテ州のバローロです。

1971年に父アルマンドがバローロを瓶詰し始め、
1985年に醸造学校を卒業した息子マルコとともに運営しているワイナリー。

1990年代はバローロ・ボイーズのメンバーでしたが2000年に脱退。
現在は「ランガ・イン」というタナロ川を挟むランゲ地方とロエロ地方の生産者団体に所属。

DSC05269-5.jpg

レ・コステ・モスコーニは2003年が初ヴィンテージ。
「レ・コステ」と「モスコーニ」という2つの畑から採れるブドウを使用。
この2つの畑はモンフォルテ・ダルバの最南部、標高400~480メートルとかなり高い位置にあります。

なおパーカーさん的には今回の2006は95点と高得点。

生産者:アルマンド・パルッソ
銘柄:バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006
格付:D.O.C.G
品種:ネッビオーロ100%
インポーター:ジャパンインポートシステム
開栓年:2015年
DSC05342-5.jpg

色はエッジが焦げたような淡いガーネット色。
香りはキノコ、プラム、ピノ・ノワールのように華やか。

味わいは果実味と酸がありしっかりとしたボディ。
が、タンニンが強すぎてまだ飲み頃とは言えませんね・・・。

しばらく放置すると酸が強めに出て飲みやすくなりましたが。

今の所、先日のヴェルドゥーノといい、バローロはうちの奥さんの好みではないよう。
バローロが好みではないというか、飲み頃を完全に誤って出しているだけな気が。

とはいえ・・・バローロの古酒ってなかなか売っていないんですよね(^-^;
自分で熟成させるしかないか。

16.5/20(飲み頃間違えなければ+0.5)
※個人の嗜好による採点です。

DSC05270-5.jpg
アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006
Parusso Armando Le Coste-Mosconi, Barolo DOCG 2006

スポンサーサイト

カステッロ・ディ・ヴェルドゥーノ バローロ・マッサラ 2008

2015.08.09.Sun.18:00
しばらく更新が滞っていましたが、私生活も少し落ち着いたので少しペースアップ。

今回はイタリア、ピエモンテのワイン。
「カステッロ・ディ・ヴェルドゥーノ バローロ・マッサラ 2008」。

ワインの王、バローロ。

生産者の情報が一切ないワインショップで買ったので詳細は不明。
有名ワインとの点数比較でしか、商品の価値を説明できないショップは見ていて残念ですね。
今回は気まぐれに買ってみましたが、もうこういうショップで買わないと思います。
・・・インポーター見れば、どこのショップかすぐ分かるか(^-^;

DSC05234-1.jpg

カステッロ・ディ・ヴェルドゥーノは「ヴェルドゥーノの城」という意味でしょうか。
ヴェルドゥーノはバローロの北端の村。
マッサラはその中でも最上の区画だとか。

ラベルデザインは印象が・・・薄いですね(^-^;

情報がなさすぎてテンションが低いですが、いってみましょう!

生産者:カステッロ・ディ・ヴェルドゥーノ
銘柄:バローロ・マッサラ 2008
格付:D.O.C.G
品種:ネッビオーロ100%
インポーター:ワインキュレーション
開栓年:2015年
DSC05266-1.jpg
DSC05267-1.jpg

外観はバローロらしくガーネット色。

香りはブルーベリー、プラム、紅茶。鼻につんとくるほどスパイシー。

強めの酸の中にしっかりとした果実味があり、これはこれでなかなか。
とはいえまだまだタンニンが強く、5年以上は熟成しそうですね。

ちなみに奥さんの口にはあまり合わず。
もしや、イタリアワインがあまり好きではない疑惑が。
(ちなみに本人はあまり気にしていない)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC05235-1.jpg
カステッロ・ディ・ヴェルドゥーノ バローロ・マッサラ 2008
Castello di Verduno Barolo Massara 2008

ルチアーノ・サンドローネ バルベーラ・ダルバ 2010

2015.06.20.Sat.07:26
今回は久々にイタリアワインです。

ここ最近はフランスワインしか飲んでいない気がしますが、調べてみたところ・・・。
フランスワイン以外は、遡ること11月末にニコラス・カテナ・サパータ(アルゼンチン)を飲んで以来です。

実に7か月ぶり。
あまりにも偏りすぎているので、今後は他の国の比率を増やそうと思います。

さて、今回は「ルチアーノ・サンドローネ バルベーラ・ダルバ 2010」。
イタリア、ピエモンテ州のワインです。

ルチアーノ・サンドローネといえば、漫画「神の雫」の第六の使徒で有名ですね。
使徒として登場したのは、彼の造るバローロ、「カンヌビ・ボスキス」。

彼は、バローロ生産界の革新派、「バローロ・ボーイズ」の一員、としても有名です。
今じゃ、「バローロ・ボイーズ」という言葉自体があまり意味を成さなくなっていますが。

DSC04961-1.jpg

そんなルチアーノ・サンドローネがバルベーラで造ったワインが今回のワインです。
バルベーラは、高級品種であるネッビオーロに対して、庶民的な品種です。
ただ、最近はルチアーノのような一流の造り手が手掛けていることもあり、再評価されつつあります。

イタリアには土着のブドウ品種が数千種類もあると言われています。
もはや当てることはおろか、覚えることすらも不可能ですね(^-^;

このラベルデザインは、ラインナップ全て同じデザイン。
トップキュヴェのカンヌビ・ボスキスが青、ラ・ヴィーニェが赤・・・と色で識別。

とてもシンプルなデザインなのですが、あまりにもシンプルすぎませんかね?

生産者:ルチアーノ・サンドローネ
銘柄:バルベーラ・ダルバ 2010
格付:
品種:バルベーラ100%
インポーター:ジェロボーム
開栓年:2015年
DSC05066-1.jpg
DSC05077-1.jpg

色はとても濃く暗めのガーネット色。

スミレの香りが漂い、ブルゴーニュのような華やかさがある香り。
ところが、飲んでみるとカベルネソーヴィニヨンのようなタンニン。

とても不思議な感じですね(@_@)

奥さんは最初の香りで、ピノ・ノワールと答えていましたが、一口飲んで「あれ?」となっていました。

まぁ、恐らく飲んだことがない品種だろうからわかるはずがない(^-^;
でも、違うとわかるだけでも充分、ワイン脳になってますね(^^ゞ

さて味わいですが、果実味はしっかりとあり、抽出がとても濃い。
さすがモダン・バローロの造り手。
バルベーラはもっと酸が特徴だったはずですが、果実味に押されていました。

なお、このワインに対する奥さんの表現。

「モーニング娘の歌のようなワイン」
「バッカス達がパレードしている」

最初に盛り上がって終わり、と言いたかったようです(^-^;

僕個人としては、割とおいしく飲めました。

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC04962-1.jpg
ルチアーノ・サンドローネ バルベーラ・ダルバ 2010
Luciano Sandrone Barbera d'Alba 2010

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008

2014.05.01.Thu.20:20
今年は休みの少ない微妙なゴールデンウィークですが、
祭日気分でイタリアのバルバレスコを開栓。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008。

プレステ4の発売日についでに買ったワインです。
ポイントで全額支払ったので買ったかどうかと言われると微妙ですが。
その時の記事はコチラ

今回はラバヤという畑ですが、他にもアジリ、オヴェッロ、モンテスファーノ、ポーラ、
パイエ、ムンカゴタ、リオ・ソルドなど様々な畑のものが発売されています。

しかも軒並みパーカーポイントが95点前後。

このラバヤはその中でもフラグシップ的なワインです。

生産者:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
銘柄:バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008
格付:D.O.C.G(バルバレスコ)
品種:ネッビオーロ100%
DSC01811-4.jpg
ワインの説明は前回していますので割愛するとして、
パーカー96+という超高得点の実力はいかに。

DSC01813-4.jpg
透明感のある薄いルビー。
イタリアの法律で出荷までの熟成年数が定められているバルバレスコらしく、
やや熟したえんじ色のエッジ。

さくらんぼ、干しイチジク、葉巻のスモーキーな香り。
やや鉄分っぽい要素も。

口に含んだ感想は、とても焦げたニュアンス、果実味と甘露な味わい。
とってもジャーミーでおいしい(*^_^*)

濃いめのピノ・ノワール、といった感じ。

現時点でも飲みやすいですが、酸がやや強めなところに熟成のポテンシャルを感じます。

さすが、96+だね!
と、言い切れるわけではありませんが、値段は6,000円前後なので、
中途半端に安いバローロを飲む位ならば、こちらの方がおススメです。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01819-4.jpg

トリミングに行ってさっぱりしたので、久しぶりにレオと一緒に記念撮影。
ボトルを置いておくと、匂いをかぎに近づくくせに、
こちらから横にボトルを置くとビビッて逃げ腰なレオ。

時間がたてば写真のとおり、慣れ切ってしまいますが(^_^;)

DSC01381-4.jpg
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008
Produttori del Barbaresco Rabaja, Barbaresco Riserva 2008

生産国:イタリア
地方:ピエモンテ州 バルバレスコ地区
格付:D.O.C.G.
品種:ネッビオーロ100%
生産者:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
ヴィンテージ:2008年
開栓年:2014年
score:
96+/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
96-97/100 Antonio Galloni
94/100 Huon Hooke
93/100 Cellar Tracker

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

チェレット バローロ・ゾンケッラ 2009

2014.04.13.Sun.10:00
バルセロナ、準々決勝で敗退・・・。

サッカーのチャンピオンズリーグの話です。
ここ6シーズンは最低でも準決勝進出していたのでショック。

ただ内容的には負けて当然な内容だったので致し方なし。
勝ったアトレティコ・マドリードに対しては悔しさよりも、
むしろ優勝まで頑張ってほしいと思えるのが救いです。

バルセロナの元監督ペップ・グアルディオラが率いるバイエルンと決勝で当たったら最高ですね。
(ちなみにバイエルンが去年の優勝チーム)

その精神的ショックでヤケ酒とばかりに開ける予定のなかったワインを開けました。
といっても2日前に届いたばかりで1週間は休ませようと思っていただけですが。

「チェレット バローロ・ゾンケッラ 2009」。

イタリアのピエモンテ州で作られる「ワインの王様」バローロです。

バローロ地区はブドウ品種はネッビオーロのみを使って作られる、
長熟向きで力強さと繊細さを併せ持つワインを産出します。

が、一般的には値段が高い。
ワインに力を入れているレストランでたまにグラスで見かける位で、
あってもボトルでの提供がほとんどです。

チェレット社のゾンケッラは、自社畑であまり出来のよくなかったブドウと他社から買った、
いわゆる買いブドウをブレンドして作ります。

したがって、お値段は比較的安めの3,880円。

これがジャコモ・コンテルノやジャコーザ、ガヤであれば10倍近くします。

生産者:チェレット
銘柄:バローロ ゾンケッラ 2009
格付:D.O.C.G(バローロ)
品種:ネッビオーロ100%
DSC01744-5.jpg
さくらんぼ、干しイチジクの甘酸っぱい香りに焦げたようなロースト香。

ジャムを煮詰めたような甘露な味わいもほんのり混じっていますが、
全体的に酸も強く、焦げた苦みが目立ちますね。

これは・・・ヤケ酒で開けてしまったけど、もう少し寝かせておけばよかった(^_^;)

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01727-5.jpg
チェレット バローロ ゾンケッラ 2009
Ceretto Zonchera, Barolo DOCG 2009

生産国:イタリア
地方:ピエモンテ州 バローロ地区
格付:D.O.C.G
品種:ネッビオーロ100%
生産者:チェレット
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
91/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
92/100 Cellar Tracker

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。