ニコラス・カテナ・サパータ 2008

2014.11.30.Sun.10:23
今回は珍しくアルゼンチンワインを。

「ニコラス・カテナ・サパータ 2008」。
このワインはボデガス・カテナ・サパータのフラグシップ。

ボデガス・カテナ・サパータの歴史は100年を超えています。
1902年にイタリアよりアルゼンチンへ渡ってきた二コラ・サパータ氏が設立。
その後、国内でも1、2を争うワイナリーに成長。
1980年代には3代目であり現当主のニコラス・サパータ氏がオーナーとなり、高級ワイン路線を開拓。
2001年にこのニコラス・カテナ・サパータを初リリース。
2009年には英Decanter誌の「man of the year」に選出。

DSC00082-5.jpg

この2008年ヴィンテージは、パーカー氏の採点は98点。
1年ほど前に買った時の価格で7,000円台だったかな。
今、楽天で見ると・・・10,000円超えてますね・・・。
このインフレ状態、恐ろしや・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

基本的にカベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたボルドーブレンド。
マルベックが多くブレンドされているところがアルゼンチンらしいですね。
ボルドーもマルベックの使用が認められていますが、ほとんど見かけません。
うちのセラーにあるマルベック系もこれ1本です。
じっくり味わいましょう!

生産者:ボデガス・カテナ・サパータ
銘柄:ニコラス・カテナ・サパータ 2008
格付:-
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70% マルベック20% プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン10%
インポーター:ファインズ
DSC03634-5.jpg

色は全体としてガーネットですが、エッジが紫色、中心は黒色。
中心は反対側が見えないほど相当濃い。
マルベックは「黒果実」と言われますが、その通りですね。

香りはカシスの果実味、香ばしいカカオ、生肉、なめし革。
少しむせ返るような土っぽさやスモーキーさもあります。
マルヴェックらしくヴァイオレットのような華やかな香りも。

味わいは見た目同様、スパイシーで凝縮感のある果実。
チョコレートのような濃厚さですが、後味はジャスミンやミントのさわやか。

全体としてコクがあり余韻も長め。
現時点でも酸とタンニンもバランスがあり熟成能力もありそう。

カベルネ・ソーヴィニヨンとマルベックが主体ですが、味わいはシラーかと思いました。
造りはとってもパワフル。パワフルな中でもバランスがあり、ただの力押しではない。

当然ながら2日目もピンピンしてました。

とても美味しかったです(*^-^*)

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC00083-5.jpg
ニコラス・カテナ・サパータ 2008
Catena Nicolas Catena Zapata 2008

生産国:アルゼンチン
地方:メンドゥーサ州
格付:-
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70% マルベック20% プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン10%
生産者:ボデガス・カテナ・サパータ
ヴィンテージ:2008年
開栓年:2014年
score:
98/100 Wine Advocate(Robert Parker)
93/100 Wine Spectator
92/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
92/100 Cellar Tracker

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

キリカヌーン・モーツ・ブロック・リースリング 2010

2014.07.22.Tue.07:20
安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。いよいよ最終回。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

最終回もオーストラリアです。
前の3本もレベルが高かったですが、今回はどうでしょうか。

「キリカヌーン・モーツ・ブロック・リースリング 2010」。

1998年設立。比較的新しいワイナリーですね。
オーナーのケヴィン・ミッチェルはケンダル・ジャクソンやダーレンベルグなど、
複数のワイナリーで修行を積んだ熟練者です。

オーストラリアの評論家のジェームズ・ハリデイはこのワイナリーを5つ星と評価し、
ロバート・パーカーもケヴィンについて、2005年を代表するワイン人、と評しています。

この2人の評論家は基本的に仲が悪いのですが、珍しく意見が一致しています。

ちなみにジェームズ・ハリデイのオーストラリアワインに対しての評価は、
パーカーのローヌワインへの評価のように激甘すぎる気が。

ちなみにこの「キリカヌーン モーツ・ブロック・リースリング 2010」の彼の評価は・・・・

95・・・!!高い!(@_@;)

生産者:キリカヌーン
銘柄:モーツ・ブロック・リースリング 2010
格付:-
品種:リースリング100%
価格:3,000円前後(税抜)
DSC02670-7.jpg
色は透明感のある淡いレモンイエロー。
青りんご、グレープフルーツのような甘酸っぱい香り。
若干、ゴムのような石油系の香りも。
おそらくぺトロール香ですが、あまり得意な香りではないです(^-^;

味わいは、とてもシャープな酸が立っていてフレッシュ。
ほとんど果汁100%のグレープフルーツジュースに近くてさわやか。
最後にグレープフルーツをかじった後の苦味がするところまで似ています。

ただ、初日はおいしく飲めたのですが、
二日目以降はフレッシュさを失い、水っぽさが目立ちました。

先日のフランクランドエステートのリースリング同様、
初日で飲み切るのが吉かと思います。

タイプ:シャープな酸ですっきりさわやかタイプ
早飲み度:★★★★★(今すぐ飲んでも問題なし)
高級感:★★★☆☆(値段どおりの価値はある)
果実味:★★★☆☆(すっきりとした果実味)
万人受け度:★★★☆☆(ぺトロール香は人次第)
手土産度:★★★★☆(一日で飲み切る前提)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

「夏の真昼間にスッキリさわやかならオススメ」です。

DSC02375-7.jpg
キリカヌーン・モーツ・ブロック・リースリング 2010
Kilikanoon Mort's Block Watervale Riesling 2010

生産国:オーストラリア
地方:南オーストラリア州 クレア・ヴァレー
格付:-
品種:リースリング100%
生産者:キリカヌーン
ヴィンテージ:2010年
開栓年:2014年
score:
91/100 Wine Spectator
89/100 Wine Enthusiast
91/100 Huon Hooke
95/100 James Halliday
94/100 Jeremy Oliver
90/100 Cellar Tracker

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

タービルク・シラーズ 2010

2014.07.19.Sat.14:51
安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。8発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

3回連続でオーストラリアワインです。

「タービルク・シラーズ 2010」。

1860年に設立された、オーストラリアでは比較的古いワイナリー。
樹齢80年以上の老樹から作られるシラーズ。

そんな古い樹齢ながらお値段は2,200円前後と超良心的。

ちなみにラベルデザインが、イタリアのガヤ(GAJA)に似ていますね。
あっちの値段は10倍ですが(^-^;

生産者:タービルク
銘柄:タービルク・シラーズ 2010
格付:-
品種:シラーズ100%
価格:2,200円前後(税抜)
DSC02655-6.jpg
紫がかった赤色。中心は黒く、若いシラーズの特徴がよくでていますね。

香りはカシスの果実に、干しブドウの凝縮した甘い香り。
シラーズらしく、黒コショウのスパイシーさも。

果実味に頼り切った感じもなく、酸とのバランスがとてもよい。
これはなかなか上品なシラーズですね(*^-^*)

前回のダーレンベルグよりも大人の味です。

これはなかなかおいしい(*´▽`*)

タイプ:果実味と酸のバランスに優れた上品な味
早飲み度:★★★★☆(熟成も可能)
高級感:★★★★☆(とても上品なシラーズ。)
果実味:★★★★★(果実味充分。)
万人受け度:★★★★☆(濃厚なワインが好きであれば)
手土産度:★★★★☆(4,000円と言われても遜色なし。スクリューキャップが減点)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「安くて濃厚かつ上品なワインをお求めならピッタリ」です。

さて、今日のレオのコーナーです。

DSC02658-6.jpg

ワインを写真にとっていたら隣からフレームに入ろうとしてきました。
また、おやつ狙いか(^-^;
ちなみにこの1枚はワールドカップ決勝戦の日に撮ったものです。

結果は準優勝でしたが、非常に高評価だったのではないでしょうか。
今回のワールドカップもかなり楽しめました。
普段のリーグ戦と違ってどのチームも死に物狂いで戦っているところが印象的でした。
気持ちの入り方を間違えたスペイン代表がズタボロだったのが残念でしたけどね。

え?日本代表?
予選敗退が妥当ではないかと・・・・(^-^;
戦前、なんであんなに楽勝ムードだったのかずっと不思議でしたね。

ワールドカップは20回やっても優勝したのはわずか8か国。
決勝まで進んだことがある国は4か国加えてたったの12か国です。
とても厚い壁ですが、いつか決勝に進んでくれる日が来ることを期待しています(*^-^*)

DSC02315-6.jpg
タービルク・シラーズ 2010
Tahbilk Shiraz 2010

生産国:オーストラリア
地方:ヴィクトリア州 ナガンビー・レイクス
格付:-
品種:シラーズ100%
生産者:タービルク
ヴィンテージ:2010年
開栓年:2014年
score:
none

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

フランクランド・エステート・ポイズンヒル・リースリング 2009

2014.07.14.Mon.07:59
ワインの前にサッカーの話題。

アルゼンチン、決勝で敗れる・・・。
マスチェラーノやガライを中心とした守備組織で踏ん張ってきましたが、最後は力尽きました。
とはいえドイツのシステムとは噛みあっていたかと思います。

しかし途中交代のアグエロとパラシオが全く機能していませんでしたね。
特にパラシオ・・・。全くゲームが見えていない・・・。
ディマリアが怪我で出場できなかったのが残念(+_+)

連動性のない攻撃、ゲームメーカーのいない中盤。
メッシを活かすシステムと言われていますが、むしろ逆なのでは。
メッシはバイタルエリアと中盤の上下動で真価を発揮する選手ですが、
中盤に釘づけされていては効果半減です。

でも、ワールドカップ前はさほど期待していなかったアルゼンチン、大健闘です。

ドイツはいうまでもなく完成度が高かったですね。
前回大会のスペイン代表とバルセロナのようにクラブチームをベースとしたチーム作りが
今後のワールドカップでは主流になりそうです。

そうなると主要選手がヨーロッパにいる南米勢は厳しいかも。

さて安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。7発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

今回もオーストラリアですが、赤ではなく白。

「フランクランド・エステート ポイズン・ヒル・リースリング 2009」。

以前、当ブログでこのワイナリーの別のワインをご紹介しました。
(フランクランド・エステート リッジ・シラーズ 2008)
その際は、「3,000円以下で買える安くておいしいワイン2013」で第2位でした(*^-^*)

フランクランド・エステートは1974年にフランクランド・リヴァーに設立。
設立当時は子供だったオーナーの子供たちも今や家族でワイナリーを支えています。

このワイナリーはボルドー品種を得意としていますが、フランクランド・リヴァーは白ワインの銘醸地。

したがって、リースリングにも並々ならぬ力を入れている模様。

生産者:フランクランド・エステート
銘柄:ポイズンヒル・リースリング 2009
格付:-
品種:リースリング100%
価格:2,700円前後(税抜)
DSC02553-6.jpg

DSC02554-6.jpg
色は緑色がかかったレモンイエロー。

レモンの皮、白桃、洋ナシ、ややオイリーな香り。

スッキリとした柑橘系の味わいにほど良い感じの苦味。
とても滑らか。甘くもなく酸っぱくもなくバランスが抜群。

ただ、、2日目は、果実味が後退し、バランスがやや崩れて、水っぽい味わいに。
これは初日に飲み切るのがベストですね。

タイプ:バランスの良い上品なお嬢様タイプ
早飲み度:★★★★★(すぐに飲めます)
高級感:★★★★☆(とても澄んだ上品な味。)
果実味:★★★☆☆(果実味はなかなか)
万人受け度:★★★★★(甘くなく辛くなくバランス抜群)
手土産度:★★★★☆(大半が喜ぶのでは。ただしスクリューキャップが減点・・・)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「バランスのよい素晴らしいリースリング。でも1日で飲み切りましょう」です。

DSC02318-6.jpg
フランクランド・エステート・ポイズンヒル・リースリング 2009
Frankland Estate Poison Hill Vineyard Riesling 2009

生産国:オーストラリア
地方:西オーストラリア州 フランクランド・リヴァー
格付:-
品種:リースリング100%
生産者:フランクランド・エステート
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
93/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
91/100 Huon Hooke
92/100 James Halliday
93/100 Jeremy Oliver
87/100 Cellar Tracker

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

ダーレンベルグ・ダリーズ・オリジナル・シラーズ・グルナッシュ 2010

2014.07.11.Fri.08:44
アルゼンチン決勝進出!
今回はマスチェラーノが効いてましたね。
バルセロナではセンターバック扱いですが、本業のボランチの方が生き生きしていました。
決勝は強敵ドイツですが、今のアルゼンチンはドイツが苦手なタイプのサッカーだと思います。

今のドイツはバイエルンの前監督ハイケンスと現監督グアルディオラのサッカーがベースですが、
そのグアルディオラの愛弟子のメッシがどう打ち破るか見ものですね。

さて、しばらく休止していた安くておいしいワイン探しの旅2014を再開します。
全9回。6発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

ここからは暫くオーストラリアへ。
オーストラリアは安くて品質のよいワインを次々と生み出しています。

お気に入りのワイナリーは、フランクランド・エステート、ヒューイットソン、
そして今回のダーレンベルグ。

「ダーレンベルグ ダリーズ・オリジナル・シラーズ・グルナッシュ 2010」。

ダーレンベルグはフランスのローヌ地方の主要品種であるシラーやグルナッシュ、
ヴィオニエなどを使ったワインに注力しているワイナリー。
現在は、4代目当主のチェスター・オズボーン。
容姿がワイルドなおっちゃんです。

ダーレンベルグはラベルの装飾でブドウの生産地や製法がわかります。

DSC02311-5.jpg
このワインの赤いストライプが入っているものは、マクラーレン・ヴェイル産のブドウを使ったことを意味します。
また正方形のラベルは大樽50%、小樽50%で作られています。
(長細形の場合は小樽100%)

DSC02623-5.jpg
またワインの醸造では1860年製と1940年製の古い木製バスケット・プレス機を使用。
これらのバスケットプレスを使ったワインにはこの丸いマークが印刷されています。
描かれているのはそのバスケットプレスですね。

オーストラリアでは高級ワインでもコルクではなくスクリューキャップが結構、使われています。
(あのクルクルと回す金属製のキャップです。)
酸化やブショネのリスクを考えれば、科学的に正しい判断かもしれません。
まだまだスクリューキャップは安物、というイメージがあるのでイマイチ馴染めませんが、
そのうち、コルクが珍しい時代が来るかもしれません。
良質なコルクも不足しつつありますからね。

・・・・でもコルクの方が雰囲気があるよなぁ(*´ω`*)
プレゼントにするのであれば、スクリューキャップよりコルクの方がいいですよね。

生産者:ダーレンベルグ
銘柄:ダリーズ・オリジナル・シラーズ・グルナッシュ 2010
格付:-
品種:シラーズ50%、グルナッシュ50%
価格:1,900円前後(税抜)
DSC02602-6.jpg
色は紫がかった赤色。中心は黒に近い。

黒い果実にスパイシーな香り。
抜栓直後は、還元臭が強いですが、ほどなく消えます。

果実味は豊かで最初はアルコールの強さを感じますが、こちらも時間がたてば落ち着きます。
シラーズの特徴である酸も豊富。
かなりパワフルで南国のワインの典型ですね。

ダーレンベルグは今回のシラーズ・グルナッシュ以外にもザ・フットボルトシラーズなど、
様々なシリーズがありますが、どれも安定。

大体2,000円前後なのでお買い得ですね(*^-^*)

タイプ:果実味豊富でパワフルなタイプ
早飲み度:★★★★★(すぐに飲めます)
高級感:★★★☆☆(値段以上の価値はある。)
果実味:★★★★★(果実味たっぷり。)
万人受け度:★★★★☆(ダーレンベルグはどのシリーズでも万人受けバッチリ)
手土産度:★★★☆☆(外れることはないでしょう。でもスクリューキャップが減点)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

「元気な時に飲みたいパワフルなワイン」です。

今日もレオの記念撮影。
今回は・・・・・・・・

DSC02608-5.jpg
仲良し?のネイと一緒です。(ネイの記事はこちら

レオは与えたオモチャを即座に壊す、破壊王です。
が、気に入ったオモチャだけは、壊さずに大事に遊んでいます。
このぬいぐるみは犬の枕として売っているものです。
最初は瞬殺で破壊するだろうと思っていましたが、これが相当なお気に入り。
どこへいくにもネイをくわえて持って来て、その場で枕にしています(*^-^*)

DSC02312-6.jpg
ダーレンベルグ・ダリーズ・オリジナル・シラーズ・グルナッシュ 2010
d'Arenberg d'Arry's Original Shiraz - Grenache 2010

生産国:オーストラリア
地方:南オーストラリア州 マクラーレン・ヴェイル
格付:-
品種:シラーズ50%、グルナッシュ50%
生産者:ダーレンベルグ
ヴィンテージ:2010年
開栓年:2014年
score:
91/100 Wine Enthusiast
91/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
87/100 Cellar Tracker

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ