スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バレンタインデーの定番ワインといえば・・・

2014.02.28.Fri.09:03
こんにちは。

今更ながらバレンタインネタ。

先日の大雪でバレンタインデーの翌日に届くはずが、
大幅に遅配となった奥さんからのプレゼント。

そのワインとは・・・・

「シャトー・カロン・セギュール 2010」
DSC01354-8.jpg

カロン・セギュールといえば誕生日やバレンタインデーの定番ワインですね。

ラベルのデザインからすると、贈答用の商業ワインかと思いがちですが、
その歴史は18世紀まで遡ることができ、格付もボルドーのメドック第3級という品格あるワインです。

当時の所有者、セギュール候が他に所有していた第1級のラフィットやラトゥールを差し置いて、
「わが心(ハート)はカロンにあり」という言葉を残した話はよく出てきますね。

ちなみに2010年には何も思い入れはありません(^_^;)
2010年はカロン・セギュールの歴史の中でも最も出来の良かった年だったので、
折角なら・・・、ということで2010年になりました。

ちなみに奥さんに「ホワイトデーはどんなワインがいい?」

と聞いたら

「なんでワインなの?」

と即答されました。

ホワイトデーだからシュヴァル・ブラン(「白馬」が名前の由来)でも買おうと思ったのになー。

バレたか(๑≧౪≦)

さて最後に今日のレオは・・・・

DSC00970-8.jpg

・・・そういえば、何ももらえなかったね。

↓フテくされていたことをすっかりを忘れて腹ペコのレオに応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓腹ペコなことすらも忘れてうたた寝のレオに応援クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
スポンサーサイト

ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン 1er レ・シャンポー 2002

2014.02.26.Wed.07:40
こんにちは。

最近はボルドーが続いていたので今週のワインはブルゴーニュにしました。

やや熟成したものが飲みたいな、ということで2002年をチョイス。
2002年といえばブルゴーニュのグレート・ヴィンテージです。

ということで今週は、「ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン 1er レ・シャンポー」です。

ヴァンサン・ジラルダンはもともとはサントネに本拠を置く小さなドメーヌでした。

そして1995年からネゴシアン・ビジネスを始め、規模を拡大。
※ネゴシアン…他社畑で生産されたブドウを買付し、自社で醸造するワインメーカー

2haだった畑も現在では48haに24倍に拡大し、ブルゴーニュワインの採点に
なぜか激辛のロバート・パーカーからも絶賛を受けます。

ジラルダンは小規模ドメーヌのように珠玉のワインを作り出す技術と
大規模ネゴシアンの安定品質の生産技術を併せ持ったユニークな存在となります。

当時は赤ワインが8割を占めていましたが、
白ワインの銘醸地ムルソーの畑を入手した後は白ワインを生産し始めています。
現在では白ワインが8割と逆転しています。

本拠地も手狭となったサントネからムルソーへ移転し、
順風満帆に評価を高めていったのですが・・・。

2012年には跡継ぎ問題と健康上の理由から、
ボーヌのネゴシアンに会社を売却してしまいました。

ご本人はコンサルタントとして残りますが、今後はどうなっていくんでしょうね。

さて今回の畑はジュヴレ・シャンベルタンの1級畑、レ・シャンポーです。

レ・シャンポ―はジュヴレ・シャンベルタンの端っこにある畑です。
「ブルゴーニュ大全」によれば果実味がある一方、洗練性に欠ける、
と評されていますがどうでしょうか。

生産者:ヴァンサン・ジラルダン
銘柄:ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ レ・シャンポー 2002
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
DSC01385-4.jpg
サクランボや木イチゴの甘酸っぱさにダージリンの香り。
ボディはしっかりとしていて果実味もまだまだ強く、
熟成により酸がこなれてやわらかさもあります。

これはなかなかウマイ!まさに飲み頃です(*^_^*)

以前のルイ・ラトゥールの特級コルトンといい、2002年は期待に違わないですね。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ブルゴーニュ 1級」、レ・シャンポー、クリア!

DSC01219-5.jpg
ドメーヌ・ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・シャンポー 2002
Domaine Vincent Girardin Les Champeaux, Gevrey-Chambertin Premier Cru 2002

生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:ヴァンサン・ジラルダン
ヴィンテージ:2002年
開栓年:2014年
score:
92/100 Cellar Tracker

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

プレイステーション4の発売日

2014.02.24.Mon.07:58
こんにちは。

2月22日は「プレイステーション4」の発売日。

新型ゲーム機の発売となると昔はもっとニュースになったのですが、
昨今はゲーム業界もスマホに主導権をとられがちのため、ニュースは控えめですね。

以前の記事にも書きましたが、ゲーム歴30年の身としては・・・・
新しいゲーム機が出ればとりあえず買っておくのが義務です。

そして当然の如くプレイステーション4を入手しました。

予約をしておいたのですが、全然、余裕で当日買えましたね。
そんなところにも時代の流れを感じます。

DSC01382-3.jpg

はっきり言って今回のPS4の特徴についてはほとんど知識はありません。

以前だったら、予習?をしてから発売日を待ったものですが、
そのあたりもゲームへのスタンスの変化ですね。

WiiUのように結局良さがわからずに1年と経たず売ってしまわないことを祈るばかりです。

今回はPS3と互換性がないのでPS3のソフトが起動しないようです。

ということでPS3が現役のため、設置場所が・・・ない。
テレビ周りの見た目スッキリ派なので、テレビボードにすべて収めたいのですが、
ゲーム機とHDDとスカパーと音響機器で既に満員状態。

さっさとPS3のゲームを消化してスペースを確保するしかないか。

ちなみに隣にあるワインは、ついでに寄ったワインショップで
購入を検討していたワインが売っていたので、ポイントを使って購入したものです。

「プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ リゼルヴァ・ラバヤ 2008」
DSC01381-6.jpg
名前のとおり、イタリアのバルバレスコのワインです(*^_^*)

「プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ」とはバルバレスコの生産者組合です。

なんだ生協のワインかと思いがちですが、この組合はバルバレスコの生産者の約半数が所属し、
高品質のブドウしか納入することが許されていません。

またブルゴーニュのように単一畑のブドウで作られます。
(今回は、ラバヤという畑ですね。)

2008年はパーカーさんの得点も96+という高得点をつけています。

評論家の得点は、絶対評価という点ではあてにできませんが、
採点者の好みや傾向を知っておくと目安にはなります。

PS4の話はどこかにいってしまいましたが、感想はまた今度。

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

シャトー・カマンサック 2007/メドック第5級

2014.02.22.Sat.09:36
こんにちは。

先々週に飲んだワインですが、今更ながらアップします。

「シャトー・カマンサック 2007」。メドック第5級です。

DSC01247-2.jpg

シャトー・カマンサックの呼び名が一般的ですが、よ~くラベルを見ると、
「Chateau de Camensac(シャトー・「ド」・カマンサック)」。

過去の歴代ラベルを調べて見ると、「de」が着いていたり、いなかったり。
結構、気まぐれな感じです。

2005年からラベルのデザインを変更しましたが、今風なのか超シンプルに。

昔のラベルデザインの写真はないので掲載しませんが、以前の方がよかったと思います。
格付ワインなので、ちょっと歴史を感じる方がロマンがあります。

シャトー・カマンサックは、メドック格付の中でも影の薄い存在です。

かくいう僕も格付制覇を目指していなければ、買うこともなかったでしょう・・・。

最近、2007年という平凡なヴィンテージが多いのも、値段が安めだから(´∇`;)
ここぞという銘柄以外は効率重視です。

生産者、銘柄:シャトー・カマンサック 2007
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ40%
DSC01323-4.jpg

感想は・・・・まずまず。
しっかりとしたボルドーワインではありますが、特別感はなし。

・・・・・あれ?このコメント先週もしたような。

自分の表現力のなさにガッカリ感を禁じえないです。

たしかにこれがメドック格付の5級と言われると微妙です。

普通のレストランや居酒屋ででてくるワインよりは遥かにおいしいんですけどね・・・。

同じ5級であれば、シャトー・カントメルルの2010の方が圧倒的に美味しかった。

まぁ・・・2007年と2010年を比較するな、って話ですけどね。

15/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・カマンサック、クリア。

DSC01248-4.jpg

シャトー・カマンサック 2007
Chateau Camensac 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 オー・メドック
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロ40%
生産者:シャトー・カマンサック
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
89/100 Wine Enthusiast
86/100 Jean-Marc Quarin
91/100 Gibert & Gaillard
84/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
15.5/20 La Revue du Vin de France
16/20 Gault & Millau
14.8/20 Decanter
15/20 Bettane et Desseauve
15.3/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

シャトー・オー・バタイエ(バタイィ) 2007/メドック第5級

2014.02.19.Wed.07:50
こんにちは。

先週末の大雪はすごかったですね。
夜中に自宅の窓から外を見たら、雪で視界が白ぼけていて雪国にいるのかと思いました。

ちなみに奥さんにバレンタインデーでワインを買ってもらったんですが・・・
大雪で到着日が大幅に遅延。

冬だけど定温を期待してとりあえずクール便にしておいたんですが、
あまり長時間、クール状態にしたくないのでちょっと困りました。

土曜日午前中の到着予定が結局は月曜日の夜に到着。
配送手配を考えたら、丸4日ほどクール状態でした。

繊細なブルゴーニュではなくて、生命力のあるボルドーにしておいてよかった。
このワインについては、また取り上げます。

さて、今週のワインは、「シャトー・オー・バタイエ 2007」。

呼び名は「バタイエ」だったり、「バタイィ」だったり様々です。
前回のシャトー・カントメルル同様、今回もボルドー・メドック第5級です。

このシャトーのオーナー兄弟は、2級のデュクリュ・ボーカイユや、
5級のグラン・ピュイ・ラコストも所有しています。

第5級にはシャトー・バタイエという名前の似たワインもありますが、
昔はバタイエとオー・バタイエは一つのシャトーでした。

「オー」というのは標高が高いことを意味しますが、
評価の方はといえば、無印バタイエの方が高いようです。

ただ、どちらにしてもメドック格付61シャトーの中ではマイナーな存在です。

生産者、銘柄:シャトー・オー・バタイエ 2007
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ30%
DSC01339-3.jpg

香りは、ブラックチェリー、カシス、に動物の皮のニュアンス。

そういえば、「動物の皮」と言えば・・・・

と愛犬レオの匂いを嗅いでみましたが、これとは違う(笑)

DSC01269-4.jpg

果実味もあり渋さもほどよい。まずまずエレガントな仕上がり。
ボルドーワインという意味では驚きはなし。

オー・バタイエ自体はポイヤックのワインですが、
このシャトーのオーナーが所有しているデュクリュ・ボーカイユのある
サン・ジュリアンのエレガントなスタイルに近いといわれているのもわかる気がしないでもない。

数あるボルドーワインの中でも格付されているシャトーはわずか61シャトーしかありませんが、
このワインが61シャトーに値するかどうかは、当落選上ギリギリな感じですね。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー・メドック格付」、シャトー・オー・バタイエ、クリア!

DSC01217-3.jpg

シャトー・オー・バタイエ(バタイィ) 2007
Chateau Haut Batailley 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 ポイヤック
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ30%
生産者:シャトー・オー・バタイエ(バタイィ)
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
85-87/100 Wine Advocate(Robert Parker)
87-90/100 Wine Spectator
85-88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
90/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
15.5/20 La Revue du Vin de France
15.5/20 Decanter
15.3/20 Burghound
15.5/20 Bettane et Desseauve
15.5/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。