アグラパール テロワール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット NV

2014.03.30.Sun.08:37
こんにちは。

ここ最近はレオが登場していませんでしたが、今日は久しぶりに登場します。
タイトルどおり、「ときどきワンコ」ってことで・・・・。
でも今回はちょっとバッドニュースですけどね。

さて今日のワインは・・・・・シャンパンです。

「アグラパール テロワール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット NV」。

泡ものはあまりボトルを買わなかったのですが、
消費税増税直前ということもあり、まとめて購入しました(*^_^*)

ちなみに今回はハーフです。

生産者のアグラパールは1894年設立。
1983年からは現当主のパスカル・アグラパールが手掛けており、
現在ではクリュッグやジャック・セロス、ボランジェなどと並ぶ新進気鋭の3つ星生産者。

ブドウ品種はシャルドネを主体としており、特にシャルドネ100%のブラン・ド・ブランを十八番としています。
今回の「テロワール(銘柄名です)」はそのブラン・ド・ブランです。

アヴィーズを中心に、オジェ、クラマン、オイリーの4つの村で収穫された特級畑のブドウを使用。

生産者:アグラパール
銘柄:テロワール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット NV
格付:特級(村名:アヴィーズ、クラマン、オジェ、オイリー)
品種:シャルドネ100%
DSC01638-6.jpg
洋ナシ、ハチミツ、カシューナッツ。
熟した白ワインのような濃密さ、泡はやや力弱いものの、とてもきめ細かい。

これはおいしいですね(*^_^*)

ハーフとはいえ2,000円台後半で買えたので、これなら毎週飲んでもいいですね。

やや熟成感があったのですが、コルクの感じからして少し前のボトルかもしれません。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

メインがアヴィーズということで、
シャンパーニュ 特級」、アヴィーズ、クリア!

さて、気になるレオの近況ですが・・・・・

最近、耳がかゆくて掻きむしったらしくケガをしていました。
かなり掻いたために毛が抜けて落ち、毛玉状態。
そして皮膚もカサカサに。

相当、かゆかったんでしょうね・・・。

かわいそうに・・・p(´⌒`。q)

でも犬って自分の体なのに限度を知らないよなぁ。

DSC01685-6.jpg
そんなこんなで、掻き毟らないようにエリカラをつけました!
しばらくは不便だけどガマン、ガマン。

・・・・え?もっとおしゃれなものにしろって?

DSC01631-6.jpg
アグラパール・エ・フィス テロワール・ブラン・ド・ブラン・エクストラ・ブリュット NV
Agrapart & Fils Terroirs Blanc de Blancs Grand Cru Extra Brut NV

生産国:フランス
地方:シャンパーニュ コート・デ・ブラン
格付:特級
品種:シャルドネ100%
生産者:アグラパール
ヴィンテージ:NV
開栓年:2014年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Wine Enthusiast
92/100 Falstaff Magazin
89/100 Cellar Tracker
18/20 Jancis Robinson
15/20 La Revue du Vin de France
17/20 Gault & Millau
15.8/20 Decanter
16/20 Bettane et Desseauve

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

デルタ・ヴィンヤード・マールボロ・ピノノワール 2010

2014.03.26.Wed.07:59
こんにちは。

今日はニュージーランドのワインです。

「デルタ・ヴィンヤード・マールボロ・ピノ・ノワール 2010」。

以前、ワインバーでグラスで飲んだことがあったのですが、
比較的おいしく飲めたのでネットで注文してみました。

価格は税込で1,900円台。安いですねー。

生産者、銘柄:デルタ・ヴィンヤード・マールボロ・ピノ・ノワール 2010
品種:ピノ・ノワール100%
DSC01599-4.jpg
色はピノらしく透明感のあるルビー色。
2010年の割には若干、褐色がかっていますね。

一口飲んでみると・・・やや焦げたニュアンスに・・・甘い。
酸とのバランスがどうのこうの言う前に甘い。
ニューワールドらしく、すぐに飲めるタイプのピノ・ノワールですね。

この甘さはピノ・ノワールに飲みなれた人ほど苦手かも。
言い換えれば、飲みなれていない人には丁度いいかも。

以前、ワインバーで飲んだ時は、ボトルの最後の方だったので、
おそらく抜栓後、2日か3日目あたりだったかな。

ということで一晩おいて、よく冷やしてから再挑戦。

2日目は、酸が立ち、冷やしたために甘さが抑えられバランスがよくなりました(*^_^*)

値段を考えれば、気軽に試してもよいかと。

14/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01533-4.jpg
デルタ・ヴィンヤード・マールボロ・ピノ・ノワール 2010
Delta Vineyard Marlborough Pinot Noir 2010

生産国:ニュージーランド
地方:マールボロ
格付:-
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:デルタ・ヴィンヤード
ヴィンテージ:2010年
開栓年:2014年
score:
87/100 Wine Advocate(Robert Parker)
80/100 Asian Palate Jeannie Cho Lee
87/100 Cellar Tracker

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

シャトー・グリュオ・ラローズ 2002/メドック第2級

2014.03.23.Sun.09:40
こんにちは。

今週末のワインは「シャトー・グリュオ・ラローズ 2002」。

フランス・ボルドーのサン・ジュリアン村にあるシャトーでメドック格付の第2級です。
サン・ジュリアン村には2級シャトーが5つもありますが、1級シャトーは存在しません。

このグリュオ・ラローズは、1級に匹敵すると言われるスーパーセカンドには挙げられませんが、
2級に相応しいワインです。

ラベルには「LE VIN ROIS LE ROI DES VIN」の文字。

「王のワイン、ワインの王」という意味ですが、生産者の誇りが感じられます。
1855年の格付時には1級シャトーに次いで取引価格が高かったそうで、
以前はスーパーセカンド以上に評価されていたのでしょう。

生産者、銘柄:シャトー・グリュオ・ラローズ 2002
格付:メドック第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5%
DSC01614-5.jpg
色はやや透明感のあるガーネット色。

グラスに注いだ後、カメラの調子が悪く、撮影に手間取っていたので(^_^;)、
その間にプラム、ほし肉、青草・・・など結構な香りが立ち込めていました。

味わいは、フルーティーで見た目のとおり透明感のある軽め。

サン・ジュリアンらしく、軽やかで優雅なワインでしたが、
2002年はあまり良い年とは言えず、全体的に力の弱さを感じました。

2日目より1日目の方が圧倒的によかったですね。

別の年のヴィンテージを飲んでみたい(>_<)

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・グリュオ・ラローズ、クリア!

DSC01232-5.jpg
シャトー・グリュオ・ラローズ 2002
Chateau Gruaud-Larose 2002

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 サン・ジュリアン
格付:メドック第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5%
生産者:シャトー・グリュオ・ラローズ
ヴィンテージ:2002年
開栓年:2014年
score:
88-90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
86/100 Jean-Marc Quarin
90/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
17/20 La Revue du Vin de France
16/20 Decanter
17/20 Bettane et Desseauve
18/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV

2014.03.21.Fri.15:40
こんにちは。

最近はボルドーとブルゴーニュばかり飲んでいるのでたまには骨休め。
先日の十勝ワインのブルーム ロゼに続いてスパークリングワインを。

「メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV」。

イタリアの赤のスパークリングワインであるランブルスコです。
ランブルスコは安くて気軽に飲めるので重宝します。

このメディチ・エルメーテのクエルチオーリは、なんと700円台で購入。

ちなみに「メディチ」の名が冠されていますが、
ルネッサンス時代に黄金期を築いたイタリアの名門メディチ家の末裔だそうです。

生産者:メディチ・エルメーテ
銘柄:クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV
格付:D.O.C
品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
DSC01510-2.jpg
グラスに注ぐと細かい泡が立ち込めた後に濃い赤いインク色が現れます。
果汁100%のイチゴジュースのような濃さ。

香りはカシスとハチミツの香りがして甘味が強そうな予感。

ところが見た目と香りに反して、「セッコ」の名前のとおり甘味は感じず。
しっかりとした果実味とコクがありつつも、後味はスッキリ。

複雑さや深みはありませんが、ランブルスコは気軽に飲めることが美点なので
問題ではありませんね。

値段が700円台と考えれば納得です。

14.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01505-2.jpg
メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV
Medici Ermete i Quercioli Lambrusco Reggiano Secco NV

生産国:イタリア
地方:エミリア・ロマーニャ州 レッジアーノ地区
格付:D.O.C(D.O.C.レッジアーノ)
品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
生産者:メディチ・エルメーテ
ヴィンテージ:NV(ノン・ヴィンテージ)
開栓年:2014年
score:
85/100 Wine Enthusiast

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

シャトー・カントナック・ブラウン 2004/メドック第3級

2014.03.18.Tue.08:15
こんにちは。

今週のワインは「シャトー・カントナック・ブラウン 2004」。

フランス、ボルドーのメドック第3級です。

この名前は混同しやすくて、第2級にブラーヌ・カントナックがあるかと思えば、
同じ第3級にもボイド・カントナックがあります。

DSC01211-9.jpg

ラベルも3つとも、金ピカを基調としているのでますますややこしい。

とはいえ同じ3級のボイド・カントナックの方は兄弟シャトーで、
1855年の格付時は「シャトー・ボイド」として一つのシャトーでしたが、
その後、カントナック・ブラウンとボイド・カントナックに分割。

かつては、コニャックで有名なレミー・マルタン社や保険会社のアクサ社などがオーナーでしたが、
現在は、イギリスの投資家が所有しています。

生産者、銘柄:シャトー・カントナック・ブラウン 2004
格付:メドック第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%
DSC01590-9.jpg
香りはなかなか芳香で果実味が強い印象でしたが、実際飲んでみるとタンニンが強く渋い。

マルゴー村はエレガントさが特徴のひとつですが、
このカントナック・ブラウンは、繊細さはなく、無骨な感じです。

2004年というあまり恵まれない年だったからかもしれません。

第3級という格付にはふさわしくない気がしますが、平均的なお味でした。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

これで「ボルドー メドック格付」、シャトー・カントナック・ブラウン、クリア!

最近のレオは、
「さぁて、レオのごはんでも用意しようかなー。」と呟くと、
どんな状態でも、ガバッと起き上がり、猛ダッシュで近づいてきてお座りをします。
そして、目を輝かせて今か今かと待ち続けます。

DSC01457-7.jpg

どうやら「ごはん」というワードを覚えているらしい。
ワンコって一日中、食べることを考えていますね・・・(^_^;)

DSC01214-7.jpg
シャトー・カントナック・ブラウン 2004
Chateau Cantenac Brown 2004

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 マルゴー
格付:メドック第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン65%、メルロ30%、カベルネ・フラン5%
生産者:シャトー・カントナック・ブラウン
ヴィンテージ:2004年
開栓年:2014年
score:
86/100 Wine Advocate(Robert Parker)
87/100 Wine Spectator
89/100 Wine Enthusiast
85-88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
87/100 Jean-Marc Quarin
90/100 Cellar Tracker
17/20 Jancis Robinson
16/20 La Revue du Vin de France
16/20 Decanter
14/20 Bettane et Desseauve
17.5/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事