スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・フェリエール 2009/メドック第3級

2015.01.24.Sat.09:37
ようやく今年に入ってから飲んだワインに追いつきましたσ(^_^;
今回はレアなボルドー格付ワインです。

「シャトー・フェリエール 2009」。
メドック格付の第3級です。

メドック格付シャトーの中でも最も小さく、わずか8ha。
年間生産量は4,000ケース。本数にして5万本程度。
ボルドー格付シャトーの中ではかなり小規模ですね。

DSC04077-8.jpg

ここ最近はわかりませんが、国外流通量の大半はアメリカ。
日本に入ってくるのはごく少量。
なかなか手に入りにくいレアなシャトーの1つです。

ま、フェリエールを狙って買う人はあまりいないと思いますが。

生産者、銘柄:シャトー・フェリエール 2009
格付:メドック第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、プティ・ヴェルド5%
インポーター:ファインズ
DSC04076-8.jpg

色はやや紫がかった透明感のあるガーネット。

香りは、とても若々しく、カシスのジューシーさに黒コショウのスパイシーな香り。
少し土っぽさもあり、スモーキー。

味は、やや硬さが残るものの、果実味もそれなりに。
やや酸が強めなのはまだ若いからですね。

2009年という年を考えると果実味バリバリかと思いましたが、
全体的に酸が勝っている印象。

これはもう少し寝かせておいてもよかったですね。
ちょっと早まりました(^-^;

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・フェリエール、クリア!

DSC03968-8.jpg
シャトー・フェリエール 2009
Chateau Ferriere 2009

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 マルゴー村
格付:メドック第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン80%、メルロー15%、プティ・ヴェルド5%
生産者:シャトー・フェリエール
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2015年
score:
90/100 Wine Spectator
90/100 Wine Enthusiast
87/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
93/100 James Suckling
90/100 Jean-Marc Quarin
92/100 Gilbert & Gaillard
92/100 Huon Hooke
89-91/100 Falstaff Magazin
90/100 Asian Palate Jeannie Cho Lee
90/100 Cellar Tracker
15.5/20 Jancis Robinson
15/20 La Revue du Vin de France
16/20 Decanter
17/20 Vinum Wine Magazine

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
スポンサーサイト

ヴァンサン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー 1er レ・プラント 2009

2015.01.14.Wed.08:51
新年明けたというのにまだ昨年に飲んだワインの紹介です。
これが最後だと思います。

「ヴァンサン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー 1er レ・プラント 2009」。

ヴァンサン・ジャニアールは、レミ・ジャニアールの弟。
ジャニアール家は8人兄弟で、レミは長男。ヴァンサンは5番目。
拠点はモレ・サン・ドニ。
モレの御大御所のポンソやベルナール・セルヴォーなどで修行を積んだそうな。
生産者としては、正直、あまりよく知られてはいません。

DSC03964-6.jpg

レ・プラントは1級畑としては地味な存在。
ジャスパー・モリスはこの畑を村名格または1級、としています。
この畑は1か所に集まっておらず、飛び地に分散していて、評価が難しいところもあります。

実際、最大所有者のJ・F・ミュニュレは1級ではなく、シャンボール・ミュジニーの村名としてリリース。
2番目のジョセフ・ドルーアンは、他の1級畑とブレンドしています。

ちなみにヴァンサン・ジャニアールのレ・プラントは年間生産量は、わずか2樽。
本数にしてわずか600本。
とはいえ少ないから希少価値があるわけではないところが、ワインの難しい所です。

価格もシャンボール・ミュジニーにしては安かった記憶が。

生産者:ヴァンサン・ジャニアール
銘柄:シャンボール・ミュジニー 1er レ・プラント 2009
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
インポーター:ヌーヴェル・セレクション
DSC04068-6.jpg

DSC04069-6.jpg

張り切って写真を2枚撮りました。
・・・・が、メモらしきものもなく、実はあまり記憶に残っていない(^-^;

記憶の片隅に残る印象では・・・・
2009年だけあって、果実味はなかなか豊か。
一方でシャンボール・ミュジニーのエレガントさがあるかというと、割と力押しのような。
深みはあまりなく、じっくり味わうというよりもグビグビ飲んだ記憶が。

2日目も良くなった印象はなく、初日で飲み切る方が吉かも。

うーん。記憶のあるうちにまめにアップすべきですね(^-^;

16/20
※個人の嗜好による採点です。

補足。当時のメモで16点をつけているので「まずまず美味しかった」、ということでしょう(^-^;

ブルゴーニュ 1級」、シャンボール・ミュジニー村レ・プラント、クリア!

DSC03965-6.jpg
ヴァンサン・ジャニアール シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・プラント 2009
Vincent Jeanniard Les Pkabtes, Chambolle-Musigny Premier Cru 2009
生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ地区 シャンボール・ミュジニー村
格付:1級 (畑名:レ・プラント)
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:ヴァンサン・ジャニアール
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
none

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

シャトー・ボー・セジュール 2004/サンテミリオン第1特別級B

2015.01.13.Tue.08:24
去年飲んだワインがまだ未掲載なので、その続きを。

「シャトー・ボー・セジュール・デュフォ・ラガロース 2004」。
サンテミリオンのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセB。

似たような名前で、以前、「シャトー・ボー・セジュール・ベコ 2008」をご紹介しました。
この2つのシャトーはもともとは1つのシャトーでしたが、1869年に相続により分割。

DSC03934-4.jpg

名前の最後についていてる「デュフォ・ラガロース」は、所有者名です。
単に「シャトー・ボー・セジュール」と表記する場合もあるようですね。

生産者、銘柄:シャトー・ボー・セジュール・デュフォ・ラガロース 2004
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー70%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
インポーター:ワインプレスインターナショナル
DSC03973-4.jpg

色は濃いガーネット。時の経過なのか、やや濁りがあります。

香りはブラックベリー、ブルーベリーなどのダークフルーツ系の香り。
ややタバコのスモーキーさも。

味は香りと違い、最初は果実味は感じず、酸が強く、軽め。
これはハズレかと思いましたが、徐々に果実が全面にでてきました(*^-^*)
比較的余韻は短め。

2日目は軽かった味もやや重くなり、美味しくなりました。
本領発揮するのに時間がかかるワインなんですかねぇ。

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー サンテミリオン格付」、シャトー・ボー・セジュール・デュフォ・ラガロース、クリア!

DSC03935-4.jpg
シャトー・ボー・セジュール・デュフォ・ラガロース 2004
Chateau Beausejour Heritiers Duffau-Lagarrosse 2004

生産国:フランス
地方:ボルドー サンテミリオン地区
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー70%、カベルネ・フラン20%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%
生産者:シャトー・ボー・セジュール・デュフォ・ラガロース
ヴィンテージ:2004年
開栓年:2014年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
91/100 Wine Spectator
88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
91/100 Jean-Marc Quarin
90/100 Cellar Tracker
14/20 Jancis Robinson
15.5/20 La Revue du Vin de France
18/20 Decanter
15/20 Bettane et Desseauve

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

レオの新年のご挨拶

2015.01.11.Sun.11:36
遅ればせながらレオの新年のご挨拶。

昨年は娘が産まれたこともあり、レオにとっては主役の座を奪われる危機でした。
最初はライバル登場のためか、猛烈な「構って光線」を放っていました。

今は、それも慣れたのか、いつも娘の近くで安心して寝転がっています。
むしろ娘が泣き出して、時間が経つと教えに来てくれたりして、少し役立つことも。

そんな忠犬レオですが、今年もよろしくお願いします。

DSC04089-9.jpg

DSC04099-9.jpg

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事

ロマネ・コンティなど盗まれた高額ワインの中になぜかこのワインが

2015.01.08.Thu.09:50
先日、ナパ・ヴァレーにある3ツ星レストランの「フレンチ・ランドリー」でワインが盗まれました。
盗まれたワインは76本ですが、なんと総額約3,580万円(@_@)

その金額もさることながら、盗まれたワインのラインナップを見て妙な違和感が。
セラーにある数あるワインの中から高額なワインだけを盗まれたらしいのですが・・・。

DRC ロマネ・コンティ 2004~2010 計14本
DRC ラ・ターシュ 1993~2010 計19本
DRC リシュブール 1988~2010 計9本
DRC ロマネ・サンヴィヴァン 2003~2010 計14本
DRC グラン・エシェゾー 2007~2010 計7本
スクリーミング・イーグル 1992~2010 計5本
ドン・ペリニヨン(マグナム・ボトル) 2004 計5本

ここまでは市価10万円~150万円ぐらいの超高額ワインだからいいとして・・・・
(ドン・ペリのマグナムは6万円位ですが。)

J・F・ミュニュレ ニュイ・サン・ジョルジュ 1er クロ・ド・ラ・マレシャル 2005~2008 計4本

これって、これでしょ?

DSC04100-9.jpg

7〜8千円で買えますけど・・・(^-^;
たしかにJ・F・ミュニュレは日本でも人気が高い生産者ですが、売れるのはもっぱら、
特級ミュジニーやボンヌ・マール、シャンボール・ミュジニーの1級レ・ザムルーズかレ・フュエ。

クロ・ド・ラ・マレシャルは、どちらかというと売れ残るのですが・・・。

盗むにしても他にもっといいワイン、あったでしょうに・・・(^-^;
※窃盗は当然ながら犯罪です。

しかしながら、盗まれたワインはほとんどDRC物です。
したがってシリアル番号で販売ルートが割り出されるので転売は困難だそうな。
いくらでも闇ルートはありそうな気がしますが。

ちなみにこのレストラン、昨年のクリスマスから6ヶ月間の改装工事中で
敷地内に住居を構えるオーナーが寝ている間に犯行に及んだそうな。

そりゃ、悔しいでしょうね・・・・。

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。