スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダヴィッド・デュバン ブルゴーニュ・ルージュ 2012

2015.11.30.Mon.04:15
またまた久しぶりになってしまいました。
最近は、子育てと仕事でブログを書いている時間がない・・・。

さて、今回は・・・・
「ダヴィッド・デュバン ブルゴーニュ・ルージュ 2012」。
格付けなしの裾モノです。

ここ最近ずっとACブルを買わなかったのですが、何本か買ってみたうちの1本。

ダヴィッド・デュバンは1971年に父親が始めたドメーヌに1990年から参加。
その時はまだ弱冠19歳。
アミオ・セルヴィルやラルロ、ジャイエ・ジルに師事し、
今では仏評価誌「ル・メイユール・ヴァン・ド・フランス」で最高の3つ星を獲得するドメーヌとなっています。

DSC05584-3.jpg

ラベルは、この旗のようなシンボルが特徴的。
ブルゴーニュは生真面目に長方形のラベルが多いですが、斬新。
ではあるが、安っぽい(^◇^;)

生産者:ダヴィッド・デュバン
銘柄:ブルゴーニュ・ルージュ 2012
格付:A.C.ブルゴーニュ
品種:ピノ・ノワール100%
インポーター:中島薫商店
開栓年:2015年
DSC05590-3.jpg

味わいに透明感はあるものの、酸とタンニンがややきつめ。
悪くはないのですが、普通にACブル。
そこんじょそこらのワインよりは美味しいのですが。

奥さんは一口飲むと、首を傾げていました。
最近は格付制覇の名のもとに1級畑以上しか飲んでいないので、違和感を感じたようです(^_^;)
知らない間にワインの味の違いがわかるようになっているのか・・・。

15/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC05586-3.jpg
ドメーヌ・ダヴィッド・デュバン ブルゴーニュ・ルージュ 2012
Domaine David Duband Bourgogne Rouge 2012

関連記事
スポンサーサイト

ドミニク・ローラン シャンボール・ミュジニー 1er レ・フュエ・ヴィエーユ・ヴィーニュ 2007

2015.11.16.Mon.02:30
最近は忙しすぎて全く記事がアップできない(*_*)
その間、ワインは飲んでいますので、ネタばかりが溜まる一方。

さて今回は、ブルゴーニュです。
「ドミニク・ローラン シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・フュエ・ヴィエーユ・ヴィーニュ 2007」。

ドミニク・ローランは元々は菓子職人でしたが、1989年にネゴシアンを開始。
一度、新樽に入れたワインを半年後に別の新樽に入れ替えるため、「新樽200%」と言われる造り手です。
まぁ、最近はこの表現を使われることはなくなりましたが。

ドミニク・ローランは2005年からは畑を購入し、ドメーヌ業も始めています。

DSC05498-2.jpg

今回のシャンボール・ミュジニーの1級畑のフュエ。
こちらはドメーヌ物ではなく、ネゴシアン物です。

ちなみにドメーヌ物は黒いラベルですね。

生産者:ドミニク・ローラン
銘柄:シャンボール・ミュジニー・レ・フュエ・ヴィエーユ・ヴィーニュ 2007
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
インポーター:ジャパンインポートシステム
開栓年:2015年
DSC05565-2.jpg

華やかな香りで期待感が膨れ上がったのですが・・・、
しかしながら、味わいはどこか平坦。
粘性は高く、酸が強め。渋みもやや残る。
香りに比べてどこか陰気で、盛り上がりに欠けますね・・・。

悪くはないんですが、期待ほどでもない、そんな感じです。

個人的に2007年はあまり当たりがない印象ですね・・・(;´Д`)

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ブルゴーニュ 1級」、シャンボール・ミュジニー村レ・フュエ、クリア!

DSC05499-2.jpg
ドミニク・ローラン シャンボール・ミュジニー・プルミエ・クリュ・レ・フュエ・ヴィエーユ・ヴィーニュ 2007
Dominique Laurent Les Fuees Vieilles Vignes, Chambolle-Musigny Premier Cru 2007

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。