スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーペイ・サージュ 3種、など日本ワインもろもろ

2016.10.23.Sun.19:31
最近買った日本ワイン。

DSC06424-14.jpg
ボーペイサージュの「レ・ヴェント 2013」、「モンターニュ 2013」、「ラ・ボア 2013」
ファンキー・シャトーの「ラ・プリミエール・フォア・カベルネ・ソーヴィニヨン 2013」、「シャルドネ 2014」、「グリグリ 2015」

どれも入手困難ですが、ボーペイサージュの方がより入手困難。
たまたま、とあるお店のセラー奥深くで発見。

DSC06240-14.jpg
「ミエ・イケノ メルロー 2014」

DSC06237-14.jpg
「ミエ・イケノ ピノ・ノワール 2014」

DSC06233-14.jpg
「ミエ・イケノ シャルドネ 2014」

ミエ・イケノ3連発。
これはドメーヌのネット販売でセット購入。
その後、レゾナーレ八ヶ岳でピノ・ノワールを飲みましたが、宿泊施設の冷蔵庫で冷やしたまま、
レストランですぐに開けたため、温度管理に失敗。冷え過ぎ。
次に飲むときは、万全を期したい。

DSC06438-14.jpg
「グレイス・ワイナリー キュヴェ三澤・明野 2015」

日本独自品種の甲州100%。
世界最大級のワインコンクール「Decanter World Wine Awards 2014」で日本で初めて金賞を受賞したワイン。
2015ヴィンテージも銀賞を受賞。

DSC06442-14.jpg
「シャトー・メルシャン 椀子(マリコ)・ヴィンヤード・オムニス 2013」

これも日本を代表するボルドー・ブレンド系ワイン。

DSC06431-14.jpg
「ドメーヌ・ソガ サンシミ・ルミリアシオン・カベルネ・ソーヴィニヨン・ムラサキ第一農場 2014」

畑ごとにリリース。ムラサキ第一農場は最上畑。

ここ最近はホント、日本ワインばかり飲んでたな~。
まだまだ奥は深そうです。

関連記事
スポンサーサイト

グレイス・ワイン グレイス・カベルネ・フラン 2013

2016.10.14.Fri.08:12
先日、家族3人とレオで2泊3日でレゾナーレ八ヶ岳に行きました。

そんなこともあり、事前に日本ワインを勉強しようとここ最近は日本ワインラッシュ。
そしてその名残でまだまだ日本ワインの在庫がセラーに。

ぼちぼち開けていこうと思います。

さて、そんなこんなで今回も日本のワイン。

DSC06637-17.jpg
「グレイス・ワイン グレイス・カベルネ・フラン 2013」

グレイスワインと言えば、「Decanter World Wine Awards 2014」で日本ワインで初めて金賞を受賞したワイナリー。
2016では、スパークリングワインがさらに上のプラチナ賞を受賞。

世界標準に最も近いワイナリーのひとつです。

このカベルネ・フランもしっかりと果実味もあり、若々しい酸が効いています。
エレガントでとても美味しい(*^-^*)
もうあと数年、熟成するとこの酸も溶け込んでもっと美味しくなりそうだな~。

最近飲んだ日本ワインの中でも上位に入る出来でした。

16.5/20

関連記事

フォン・シューベルト マキシミン・グリュンホイザー・アプツブルク・リースリング・アウスレーゼ・トロッケン 2002

2016.10.10.Mon.06:26
ワインというのは飲み頃を見極めるのがムズカシイもので・・・。

そろそろ飲まないとダメかな、、、
と思っていたワインを開ける事にしました。

DSC06618-16.jpg
「フォン・シューベルト マキシミン・グリュンホイザー・アプツブルク・リースリング・アウスレーゼ・トロッケン 2002」

久々のドイツワインです。
糖度が高く、極甘口が多いアウスレーゼですが、、、これはトロッケン(辛口)仕様。
珍しさで思わず買ってしまいました(^-^;

ボトルの外見もカビっぽく、コルクの上部もカビだらけ。
保管環境がよかったのか、それとも放置されていたのかはわかりませんが・・・。

色は見事な琥珀色。粘性も高い。
アプリコット、マンゴー系のトロピカルフルーツ、蜂蜜。
酸もしっかりと残っていますが、、、、
熟成も後半に来ている状態で、芯がやや抜け落ちてしまっていますね。

たしかに全体として甘めですが、後味はスッキリ。
熟成したアウスレーゼ・トロッケンを堪能しました(*^-^*)

16.5/20

関連記事

シャトー・レヴァンジル 2002/ポムロール慣習上格付

2016.10.06.Thu.07:43
かれこれ2週間前の話ですが・・・・

この日は結婚記念日。
2002年が結婚した年だから・・・もう14周年かぁ。

結婚した年にちなんで、セラーに眠っていた2002年ヴィンテージのボルドーを開栓。

DSC06477-15.jpg
「シャトー・レヴァンジル 2002」

ボルドーのポムロールには格付はありませんが、
10傑に数えられる偉大なワイン。
北はペトリュスやヴュー・シャトー・セルタン、南はシュヴァル・ブランと隣接する立地。
今はあのラフィットで有名なロートシルト家が所有しさらに偉大な道へ。

香りからして、きのこやトリュフなどの熟成香。
果実味もまだまだ豊富で、酸もバランスがいい。
絶妙の飲み頃でど直球どストライク(*^-^*)

しかも2日目にタンニンの角がとれてさらにシルキーに。

結婚記念日を祝うにふさわしいワインでした(*´▽`*)

17.5/20

しかし、これでセラーに残る2002年物は最後。
(シャンパーニュはまだ何本かあるけど。)
2002年ヴィンテージをバックヴィンテージで買うのもありだけど・・・。

来年までに考えようっと。

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。