スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サン・ルチアーノ ドヴィーディオ 2007

2014.06.15.Sun.07:10
安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。2発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

お次はイタリアから。

サン・ルチアーノ ドゥヴィーディオ 2007。

ドゥヴィーディオという名前は現オーナーの父上の名前から取ったそうな。
オヴィーディオ(Ovidio)⇒ドゥヴィーディオ(D'Ovidio)
これは・・・・父の日に最適ではないか!
・・・・・・と父の日は今日だった(^-^;

話はそれましたが、ドゥヴィーディオに戻します。

品種を見ればわかりますが、カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローが10%づつ。
つまり、フランスのボルドーブレンドを取り入れています。

そこにイタリア品種のサンジョヴェーゼとモンテプルチアーノ。

自国のブドウ品種の使用のみを定めたイタリアのワイン法にとらわれないワイン。
いわゆるスーパートスカーナ(タスカン)です。(と言われて久しい)

モンテプルチアーノはサンジョヴェーゼの亜種と言われてますが、
普通のスーパートスカーナと違うのがこのモンテプルチアーノをブレンドしているところです。

ちなみに日本に出回っている最新のヴィンテージは2007年です。

生産者:サン・ルチアーノ
銘柄:ドゥヴィーディオ 2007
格付:I.G.T(トスカーナ)
品種:サンジョヴェーゼ40%、モンテプルチアーノ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー10%
価格:2,500円前後(税抜)
DSC02276-7.jpg
色はやや濃いめのルビー色。

ベリー系の甘い香りに葉巻のスモーキーなニュアンス。
わずかながら樽香。個人的にほのかな樽の香りは好きです。

一口飲んで、ビックリ(゚д゚)!
これは・・・・良質なボルドーに匹敵するかも。
メドック3~4級レベルといっても過言ではない。
最近、ボルドーばかり飲んでいたので、そう思えるのかもしれないけど(^-^;

果実味も豊富で凝縮感もあり、なかなか滑らか。
ほどよい酸味がいいアクセントになっていますが、
これはイタリア品種がプラスに働いていますね。

これは・・・・当たりだ(*´▽`*)

2,500円前後で買えますが、5,000円と言われても多分わからないでしょう。

唯一の欠点としてあげるなら・・・・
ラベルがあまり高級感がない。
まぁ、それはご愛嬌(^^ゞ

タイプ:しっかり果実味があって重めだけど飲みやすい。
早飲み度:★★★☆☆(数年寝かすともっと良さげ)
高級感:★★★★★(5,000円と言ってもわからないレベル)
果実味:★★★★☆(なかなかの凝縮感)
万人受け度:★★★★☆(ボルドーの重さをイタリアテイストで中和)
手土産度:★★★★★(手土産にもってこい)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「自信を持って手土産に。お肉料理が出るなら最高な組み合わせ」です。

さて今日はすんなり記念撮影。

DSC02281-7.jpg

最近は、カメラを構える=オスワリする=記念撮影される=おやつがもらえる、
という流れを完璧に理解。

カメラをワインに向けただけでオスワリするようになりました。

DSC02257-7.jpg
アジィエンダ・アグリコーラ・サン・ルチアーノ ドヴィーディオ 2007
Azienda Agricola San Luciano D'OVIDIO 2007

生産国:イタリア
地方:トスカーナ州 ヴァルディキアーナ
格付:I.G.T(トスカーナ)
品種:サンジョヴェーゼ40%、モンテプルチアーノ40%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%、メルロー10%
生産者:サン・ルチアーノ
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
93/100 Wine Spectator
91/100 Cellar Tracker

↓おやつに夢中のレオ、応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓ちょっとがっかり中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。