スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランクランド・エステート・ポイズンヒル・リースリング 2009

2014.07.14.Mon.07:59
ワインの前にサッカーの話題。

アルゼンチン、決勝で敗れる・・・。
マスチェラーノやガライを中心とした守備組織で踏ん張ってきましたが、最後は力尽きました。
とはいえドイツのシステムとは噛みあっていたかと思います。

しかし途中交代のアグエロとパラシオが全く機能していませんでしたね。
特にパラシオ・・・。全くゲームが見えていない・・・。
ディマリアが怪我で出場できなかったのが残念(+_+)

連動性のない攻撃、ゲームメーカーのいない中盤。
メッシを活かすシステムと言われていますが、むしろ逆なのでは。
メッシはバイタルエリアと中盤の上下動で真価を発揮する選手ですが、
中盤に釘づけされていては効果半減です。

でも、ワールドカップ前はさほど期待していなかったアルゼンチン、大健闘です。

ドイツはいうまでもなく完成度が高かったですね。
前回大会のスペイン代表とバルセロナのようにクラブチームをベースとしたチーム作りが
今後のワールドカップでは主流になりそうです。

そうなると主要選手がヨーロッパにいる南米勢は厳しいかも。

さて安くておいしいワイン探しの旅2014、全9回。7発目。
テーマは、「自分で飲んでも美味しいけど手土産にも持ってこいのワイン」。

今回もオーストラリアですが、赤ではなく白。

「フランクランド・エステート ポイズン・ヒル・リースリング 2009」。

以前、当ブログでこのワイナリーの別のワインをご紹介しました。
(フランクランド・エステート リッジ・シラーズ 2008)
その際は、「3,000円以下で買える安くておいしいワイン2013」で第2位でした(*^-^*)

フランクランド・エステートは1974年にフランクランド・リヴァーに設立。
設立当時は子供だったオーナーの子供たちも今や家族でワイナリーを支えています。

このワイナリーはボルドー品種を得意としていますが、フランクランド・リヴァーは白ワインの銘醸地。

したがって、リースリングにも並々ならぬ力を入れている模様。

生産者:フランクランド・エステート
銘柄:ポイズンヒル・リースリング 2009
格付:-
品種:リースリング100%
価格:2,700円前後(税抜)
DSC02553-6.jpg

DSC02554-6.jpg
色は緑色がかかったレモンイエロー。

レモンの皮、白桃、洋ナシ、ややオイリーな香り。

スッキリとした柑橘系の味わいにほど良い感じの苦味。
とても滑らか。甘くもなく酸っぱくもなくバランスが抜群。

ただ、、2日目は、果実味が後退し、バランスがやや崩れて、水っぽい味わいに。
これは初日に飲み切るのがベストですね。

タイプ:バランスの良い上品なお嬢様タイプ
早飲み度:★★★★★(すぐに飲めます)
高級感:★★★★☆(とても澄んだ上品な味。)
果実味:★★★☆☆(果実味はなかなか)
万人受け度:★★★★★(甘くなく辛くなくバランス抜群)
手土産度:★★★★☆(大半が喜ぶのでは。ただしスクリューキャップが減点・・・)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

「バランスのよい素晴らしいリースリング。でも1日で飲み切りましょう」です。

DSC02318-6.jpg
フランクランド・エステート・ポイズンヒル・リースリング 2009
Frankland Estate Poison Hill Vineyard Riesling 2009

生産国:オーストラリア
地方:西オーストラリア州 フランクランド・リヴァー
格付:-
品種:リースリング100%
生産者:フランクランド・エステート
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
93/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
91/100 Huon Hooke
92/100 James Halliday
93/100 Jeremy Oliver
87/100 Cellar Tracker

↓だらしなくのびのびしているレオに応援クリックお願いします!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓超リラックス中のレオに応援クリックお願いします^m^(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。