フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2010

2013.11.18.Mon.19:30
今宵のワインは、フィリップ・パカレの村名ジュヴレ・シャンベルタン2010。
フィリップ・パカレと言えば、ブルゴーニュの自然派ワインの
代表的な生産者の一人ですが、さて、お味はどうでしょうか。

生産者:フィリップ・パカレ
銘柄:ジュヴレ・シャンベルタン 2010
格付:村名
品種:ピノ・ノワール100%
DSC00397-2.jpg
最初の印象は・・・思ったより薄い。そして酸味が強い。
A.C.ブルゴーニュを飲むときは、いつもこの印象だけど、
この村名も同じです。

2010年なので、ちょっと早すぎたかも・・・と思いつつ、
時間が経過すると、ほんのり甘さが出てきて、落ち着いてきました。

惜しむらくは、若飲みしすぎたところです。
後、2年後に飲んでいたら、印象は変わったかも。
とはいえ、場所の都合上、セラーに何年も置いておくわけにもいかないから難しいところ。

パカレのワインは、2013年のボジョレも買ってみました。
11月21日の解禁日に届きますが、果たして。

15.5/20
※個人的な嗜好による採点です。

DSC00089-2.jpg

ドメーヌ・フィリップ・パカレ ジュヴレ・シャンベルタン 2010
Domaine Philippe Pacalet Gevrey-Chambertin 2010

国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン村
格付:村名
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:フィリップ・パカレ
ヴィンテージ:2010年
開栓年:2013年
score:
89-91/100 Wine Advocate(Robert Parker)

↓ランキングに参加してます。「ポチッ」と応援クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓ついでにこちらも「ポチッ」と応援してやってください^m^
ワイン ブログランキングへ
↓オマケの応援&「ワインログ」のブログ分析だよ byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する