スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菊姫 鶴乃里 山廃純米

2014.08.08.Fri.07:32
レオの散歩ついでに近くの酒屋に訪問。

ここは小さいながら、なかなかワインや日本酒が充実しています。

そこで「菊姫」を発見。
菊姫のフラグシップと言えば、「菊理媛(くくりひめ)」、「吟」、「黒吟」ですが、
ここは贅沢を言わずに「菊姫 鶴乃里」で我慢。

我慢と言ってもこの「鶴乃里」は、2007年のIWC、SAKE部門総合で「チャンピオンサケ」を獲得。
※IWC=インターナショナル・ワイン・チャレンジ(国際ワインコンテスト)
2007年から日本酒部門が追加されたわけですが、その初代チャンピオンです。

鶴乃里には他にも面白いエピソードがあります。

最近、福島の原発事故に絡む問題で連載休止になった漫画「美味しんぼ」。
以前、作中で「菊姫」が取り上げられました。
話の筋としては、海原雄山率いる美食倶楽部はアルコールを添加している吟醸酒を否定し、
純米酒を褒め称えているわけですが、その中で菊姫の純米酒を美食倶楽部の愛用品とします。

ところが「菊姫」はフラグシップの「菊理媛」、「吟」、「黒吟」を始め、吟醸酒を得意としています。
そこで意見の相違が生じました。
「菊姫」を造る菊姫合資会社との協議の結果、「鶴乃里」という仮名で登場させています。

そしてちゃっかり?菊姫合資会社は「鶴乃里」を商標登録し、後に商品化。
商魂たくましいですね~(^-^;

ちなみに僕は吟醸酒も世界に誇る立派なお酒だと思いますけどね(*^。^*)

さて、そんな面白エピソードのある「菊姫 鶴乃里」、いってみましょう!

銘柄:菊姫 鶴乃里 山廃純米
醸造元:菊姫合資会社( 石川県白山市)
使用米:山田錦
日本酒度:不明
DSC02721-9.jpg
純米酒らしくなかなか濃厚な味わい。
しかしながら、ちょっとした酸味にキレ味もあります。

冷酒と冷やで試しましたが、個人的には断然、冷酒。
正確には「花冷え(10度)」ですね。

温度が上がってくると甘味が目立ち始めて、飲み進めると結構、疲れてきます。
まぁ、これは好みの問題ですね。

ということで、個人的にはさほど感動せず。
これを愛用品とする美食倶楽部の実力は一体・・・(^-^;

菊姫の実力はこんなものだと思っていないので、次は「吟」か「黒吟」が飲みたいですね。

DSC02725-9.jpg
銘柄:菊姫 鶴乃里 山廃純米
醸造元:菊姫合資会社( 石川県白山市)
使用米:山田錦
精米歩合:65%
日本酒度:不明
アルコール度:16度~17度
製造年月:不明

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
白山市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。