ルイ・ラトゥール ムルソー・ブラニー 1er シャトー・ド・ブラニー 1999

2014.08.24.Sun.12:07
前回の続きです。
ルイ・ジャドの赤に続いて開けたのがこちら。

「ルイ・ラトゥール ムルソー・ブラニー 1er シャトー・ド・ブラニー 1999」。

赤の次に白となったのは話の流れで開けたからです。
ジャドの1998年が微妙だったので、近いヴィンテージの1999も検証してみようということで。

生産地のブラニーはわずか数軒しかないような小さな集落。
赤ワインはブラニーを名乗っていますが、白ワインは独特な名称を用います。
村の北側はムルソーとなり、南側はピュリニー・モンラッシェとなります。

今回は、北側のため、ムルソーを名乗っていますね。

生産者のルイ・ラトゥールは、ルイ・ジャド同様、ブルゴーニュの大手メゾン。
規模はコート・ドール最大で「コルトンの帝王」と呼ばれています。

以前、看板ワインの特級「コルトン・クロ・ド・ラ・ヴィーニュ・オー・サン 2002」を飲みました。
あれはおいしかったなぁ(*´▽`*)

そんな思いを抱きながら、ルイ・ラトゥールのムルソー1級を抜栓。
こちらは開ける前から、見るからに色が濃くてなかなか博打的なシロモノです。

生産者:ルイ・ラトゥール
銘柄: ムルソー・ブラニー・プルミエ・クリュ・シャトー・ド・ブラニー 1999
格付:1級
品種:シャルドネ100%
DSC02925-8.jpg

色は、かなり濃い黄金色。琥珀色に近い。
香りはドライフルーツにナッツ、そしてシェリー香。

色や香りの濃さとは違い、酸は弱弱しく、果実味も下り坂。
ただ、不思議と絶妙なバランスでとても澄みきった味わい。

これはこれでなかなか味わい深い。
とはいえ、何かの要素が足りない。
個人的には果実味がもう少し残っていればよかったのですが。
おしい!

義兄さんもワイン好きなのですが、ブルゴーニュの赤でヒット作に当たったことがないらしい。
次回は、当たりそうなものを用意しておきます。

あ、あとピュリニー・モンラッシェね。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ブルゴーニュ 1級」、ムルソー村ブラニー、クリア!

DSC02808-8.jpg
ルイ・ラトゥール ムルソー・ブラニー・プルミエ・クリュ・シャトー・ド・ブラニー 1999
Louis Latour Chateau de Blagny Meursault Blagny, Meursault Premier Cru 1999

生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ボーヌ地区 ムルソー村
格付:1級 (畑名:ブラニー)
品種:シャルドネ100%
生産者:ルイ・ラトゥール
ヴィンテージ:1999年
開栓年:2014年
score:
87/100 Wine Spectator
90/100 Cellar Tracker
15/20 La Revue du Vin de France

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する