シャトー・ラフォン・ロシェ 2006/メドック第4級

2014.09.10.Wed.10:51
この日開けたのは、ボルドー。

「シャトー・ラフォン・ロシェ 2006」です。
メドック格付の第4級。

現オーナーのテスロン家はシャトー・ポンテカネの所有者。
格付上はポンテカネの方が格下ですが(第5級)、ここ最近のポンテカネは、凄まじい。
パーカーポイントでは、2008、2009、2010は96点、100点、100点。
ここ10年では1級シャトー並です。

ポンテカネの話はさておき。
シャトー・ラフォン・ロシェの立地はとてもよく、1級ラフィットと2級コス・デストゥルネルに隣接。
隣接しているということはポテンシャルはあり、あとは造り手の技術となるわけです。

以前は第4級の格付に相応しくない品質だったようですが、
1990年代以降はその格付に相応しいものになっています。

DSC02874-3.jpg

黄色いラベルが特徴的。
なんでも、このシャトーの建物の色が全面黄色だそうな。
エキセントリックですね(^-^;

生産者、銘柄:シャトーラフォン・ロシェ 2006
格付:メドック第4級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%
インポーター:ボリニ・ジャパン
DSC03068-3.jpg

色は透明感のあるガーネット色。
重いボルドーではなく、やや軽やかな色彩。

カシス、プルーンの甘味が詰まった香り。
ジャスミン、ミントもほのかに感じ、香り豊か。

一方、香りの果実味に比べ、実際の味わいは果実味は弱めで、酸がやや支配的。
ちょっと拍子抜けしたのですが、サッパリという意味では飲みやすくはあります。

個人的な感想ですが、第4級で同じ2006年ヴィンテージでは・・・・
シャトー・タルボシャトー・サン・ピエールの方がおいしかったですね(*_*)

ラフォン・ロシェも普通においしいんですけどね。
それ以上、ということで。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・ラフォン・ロシェ、クリア!

DSC02875-3.jpg
シャトー・ラフォン・ロシェ 2006
Chateau Lafon Rochet 2006

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 サン・テステフ村
格付:第4級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン55%、メルロー40%、カベルネ・フラン5%
生産者:シャトー・ラフォン・ロシェ
ヴィンテージ:2006年
開栓年:2014年
score:
88/100 Wine Advocate(Robert Parker)
85-88/100 Wine Spectator
89/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
90/100 Jean-Marc Quarin
91/100 Gibert & Gaillard
88-90/100 Falstaff Magazin
89/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
16.5/20 La Revue du Vin de France
17/20 Gault & Millau
16.7/20 Decanter
15/20 Vinum Wine Magazine

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する