スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・ラ・ガフリエール 2004/サンテミリオン第1特別級B

2014.10.30.Thu.07:31
ボルドー4連発。
これで今飲める手元のボルドーはひとまず弾切れです(^-^;

「シャトー・ラ・ガフリエール 2004」。
サンテミリオンの第1特別級Bです。

DSC03330-9.jpg

紋章を中心に置いたシンプルなラベルデザイン。
このデザインは品格もあり、とても大好きです(*^-^*)

名前の由来は、中世にこの敷地内にハンセン病患者の治療を行う施設があったからだそうです。
※ハンセン病患者=「gaffets」=「Gaffeliere(ガフリエール)」

評価としては1970年代に落としていたものの、現在は一流の名に恥じないシャトーです。

2003年までは醸造コンサルタントのミシェル・ローランが関わっていました。
しかし、残念ながら、今回は2004年です(^^ゞ

2004年は2000年代の中ではやや平凡なヴィンテージですが、さてどうでしょうか。

生産者、銘柄:シャトー・ラ・ガフリエール 2004
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー80%、カベルネ・ソーヴィ二ヨン10%、 カベルネフラン10%
インポーター:フィックス
DSC03452-9.jpg

色はやや淡いガーネット。
メルローの特徴があらわれたやや軽やかな雰囲気。

香りはカシスやブラックベリー、クギ鉄、鉛筆の芯。
鉛筆の芯を真剣に嗅いだことはないですが、自然に頭に浮かぶのが不思議ですね(^-^;
全体的に樽が効いてるため、焦げたニュアンス。

それら総合すると・・・何故か白でもないのにメロンの香りに。
自分の嗅覚のおかしさにビックリしますが、そう感じたので仕方がない(^-^;

醤油とプリンでうに味、みたいな組み合わせの妙?

味わいはヴィンテージの特徴か、果実味は控えめで酸が目立ちます。
タンニンはなかなか滑らか。余韻はまずまず。

先日のボー・セジュール・ベコが素晴らしかったため、
同じサンテミリオンとして結構期待していたのですが、少し肩すかし。

決して悪くはないのですが・・・。
保存状態が良くなかったのかな?

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー サンテミリオン格付」、シャトー・ラ・ガフリエール、クリア!

DSC03331-9.jpg
シャトー・ラ・ガフリエール 2004
Chateau La Gaffeliere 2004

生産国:フランス
地方:ボルドー サンテミリオン地区
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー80%、カベルネ・ソーヴィ二ヨン10%、 カベルネフラン10%
生産者:シャトー・ラ・ガフリエール
ヴィンテージ:2004年
開栓年:2014年
score:
92/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Wine Spectator
95/100 Wine Enthusiast
87-88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
89/100 Jean-Marc Quarin
87/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
17/20 La Revue du Vin de France
18/20 Decanter

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。