スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコラス・カテナ・サパータ 2008

2014.11.30.Sun.10:23
今回は珍しくアルゼンチンワインを。

「ニコラス・カテナ・サパータ 2008」。
このワインはボデガス・カテナ・サパータのフラグシップ。

ボデガス・カテナ・サパータの歴史は100年を超えています。
1902年にイタリアよりアルゼンチンへ渡ってきた二コラ・サパータ氏が設立。
その後、国内でも1、2を争うワイナリーに成長。
1980年代には3代目であり現当主のニコラス・サパータ氏がオーナーとなり、高級ワイン路線を開拓。
2001年にこのニコラス・カテナ・サパータを初リリース。
2009年には英Decanter誌の「man of the year」に選出。

DSC00082-5.jpg

この2008年ヴィンテージは、パーカー氏の採点は98点。
1年ほど前に買った時の価格で7,000円台だったかな。
今、楽天で見ると・・・10,000円超えてますね・・・。
このインフレ状態、恐ろしや・・・(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

基本的にカベルネ・ソーヴィニヨンを主体としたボルドーブレンド。
マルベックが多くブレンドされているところがアルゼンチンらしいですね。
ボルドーもマルベックの使用が認められていますが、ほとんど見かけません。
うちのセラーにあるマルベック系もこれ1本です。
じっくり味わいましょう!

生産者:ボデガス・カテナ・サパータ
銘柄:ニコラス・カテナ・サパータ 2008
格付:-
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70% マルベック20% プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン10%
インポーター:ファインズ
DSC03634-5.jpg

色は全体としてガーネットですが、エッジが紫色、中心は黒色。
中心は反対側が見えないほど相当濃い。
マルベックは「黒果実」と言われますが、その通りですね。

香りはカシスの果実味、香ばしいカカオ、生肉、なめし革。
少しむせ返るような土っぽさやスモーキーさもあります。
マルヴェックらしくヴァイオレットのような華やかな香りも。

味わいは見た目同様、スパイシーで凝縮感のある果実。
チョコレートのような濃厚さですが、後味はジャスミンやミントのさわやか。

全体としてコクがあり余韻も長め。
現時点でも酸とタンニンもバランスがあり熟成能力もありそう。

カベルネ・ソーヴィニヨンとマルベックが主体ですが、味わいはシラーかと思いました。
造りはとってもパワフル。パワフルな中でもバランスがあり、ただの力押しではない。

当然ながら2日目もピンピンしてました。

とても美味しかったです(*^-^*)

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC00083-5.jpg
ニコラス・カテナ・サパータ 2008
Catena Nicolas Catena Zapata 2008

生産国:アルゼンチン
地方:メンドゥーサ州
格付:-
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70% マルベック20% プティ・ヴェルド、カベルネ・フラン10%
生産者:ボデガス・カテナ・サパータ
ヴィンテージ:2008年
開栓年:2014年
score:
98/100 Wine Advocate(Robert Parker)
93/100 Wine Spectator
92/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
92/100 Cellar Tracker

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。