スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥーツ キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ・ブリュット・ミレジム 1999

2014.12.31.Wed.10:49
何本かまだ未掲載のワインがありますが、つい先日に飲んだこの1本をご先にご紹介。
仕事が忙しすぎたのでちょっと遅めのクリスマス・・・のつもりでシャンパーニュを開栓。

「ドゥーツ キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ・ブリュット・ミレジム 1999」。
1999年のヴィンテージシャンパーニュ。

山本昭彦著『死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン』で紹介されている、
「一生に1度は飲みたい10本のシャンパン」のうちの1本です。

DSC04067-5.jpg

ウィリアム・ドゥーツとピエール・ユベール・ゲルテルマンが1838年に設立。
ドゥーツとゲルテルマンはドイツ人移民。
1993年からはルイ・ロデレールの傘下。
1996年にはロデレール社から送られたCEO、ファブリス・ロセが指揮し、さらに品質が向上。

今回のキュヴェ・ウィリアム・ドゥーツは、ドゥーツのプレステージシャンパーニュ。
優れたブドウが収穫できた年のみ作られます。
シャンパーニュの専門家、マイケル・エドワーズもプレステージ・シャンパーニュ10選に選んでいます。

ちなみにこの日はお取り寄せしたきりたんぽ鍋。
醤油と塩ベースがシャンパーニュに合うのではないかと。

それにしても、毎年この時期は必ずきりたんぽ鍋を食べているような気が。

生産者:ドゥーツ
銘柄:キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ・ブリュット・ミレジム 1999
格付:特級
品種:ピノノワール55%、シャルドネ35%、ピノムニエ10%
インポーター:ジャパンインポートシステム
DSC04064-5.jpg

DSC04065-5.jpg

色はやや黄金色を帯びたイエロー。
このレベルのシャンパーニュでは当然ですが、泡はきめ細かい。

まずは香りですが、この時点で当たりを確信(^o^)/
これははまさに白いお花畑。
この15年間、閉じ込められた香りが一気に飛び出したかのよう。
他には洋ナシ、そして特筆すべきは濃厚な蜂蜜の香り。

口に含むと泡は極めてきめ細かい。
果実の凝縮感もしっかりとあり、液体と酸が溶け込んでいます。
後味は香り同様、濃厚な蜂蜜。
かといって甘ったるさはなく、とてもバランス抜群。

これは・・・・メチャクチャおいしい!(*´▽`*)

今年の最後の最後で今年最高の一本に出会えました。
2014年のNo.1はこの1本です(*^-^*)

ちなみにきりたんぽ鍋にも合いましたよ~。

18.5/20
※個人の嗜好による採点です。

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」、6/30本。

DSC01530-5.jpg
ドゥーツ・キュヴェ・ウィリアム・ドゥーツ・ブリュット・ミレジム 1999
Deutz Cuvee William Deutz Brut Millesime 1999

生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ シャンパーニュ地方 ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区 アイ村
格付:特級
品種:ピノノワール55%、シャルドネ35%、ピノムニエ10%
生産者:ドゥーツ
ヴィンテージ:1999
開栓年:2014年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
92/100 Wine Spectator
94/100 Wine Enthusiast
93/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
96/100 Antonio Galloni
90/100 Tim Atkin
96/100 Huon Hooke
91/100 Falstaff Magazin
91/100 Cellar Tracker
17/20 La Revue du Vin de France
17/20 Gault & Millau

↓読んだよってしるしに、ぽちっと応援クリック!(人気ブログランキング)
ワイン ブログランキングへ
↓いいね、と思ったら、ぽちっと応援クリック(ブログ村ランキング)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。