スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・コス・ラボリ/メドック第5級

2015.02.18.Wed.07:27
ボルドー2連発。
今回もメドック格付の第5級。

「シャトー・コス・ラボリ 2007」。
メドックの格付シャトーの中でもマイナーな部類のシャトーです。

1980年代までは悲惨な品質だったようですが、近年は品質が改善。
格付シャトーでもお買い得となっています。

DSC04121-6.jpg

1845年頃は2級のシャトー・コス・デストゥルネルと同じオーナーが経営していました。
その後、売却により所有者が転々とし、現在はベルナール・オードワが所有。

今回は2007年ですが、ボルドー左岸はあまりいい年ではありません。
またコス・ラボリは熟成能力はあまりなく、早くから飲めるワインなので、今が飲み頃でしょう。

ま、期待せずに飲んでみましょう!

生産者、銘柄:シャトー・コス・ラボリ 2007
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン55%、メルロ35%、カベルネ・フラン10%
インポーター:ワインプレスインターナショナル
DSC04181-6.jpg

DSC04183-6.jpg

濃いめのガーネット。
エッジが焦がしたような褐色になっていて熟成感がありますね。

香りはカシス、西洋杉、ややさびた鉄クギ。
全体的に青っぽさを感じます。

味わいといえば・・・果実味は弱々しく、酸が強め。
余りバランスはよろしくない(+_+)
全体的に軽く、ボルドーの重厚感は全くなし。
オフヴィンテージだからか、これがコス・ラボリの実力なのか・・・。

2日目は酸が落ち着き、飲みやすくなったものの、最後まで今一つ。

もともと期待していなかっただけに、ガッカリ感もないのが不幸中の幸い(^-^;
とはいえ、そこら辺りのボルドーよりはおいしいと思います。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・コス・ラボリ、クリア!

DSC04122-6.jpg
シャトー・コス・ラボリ 2007
Chateau Cos Labory 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 サン・テステフ村
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン55%、メルロ35%、カベルネ・フラン10%
生産者:シャトー・コス・ラボリ
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2015年
score:
86-88/100 Wine Advocate(Robert Parker)
88/100 Wine Spectator
89/100 Wine Enthusiast
85-88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
89/100 Jean-Marc Quarin
85-87/100 Falstaff Magazin
89/100 Cellar Tracker
15.5/20 Jancis Robinson
15/20 La Revue du Vin de France
16/20 Gault & Millau
15.4/20 Decanter
16/20 Vinum Wine Magazine
関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。