スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・クーアン 2011/グラーヴ特級

2015.03.07.Sat.17:50
今回は、このブログでは珍しくボルドーの白。
最近の白はもっぱらブルゴーニュだったので、少し楽しみ。

「シャトー・クーアン・ブラン 2011」。
グラーヴ特級。

グラーヴでは赤か白かで格付対象が変わりますが、シャトー・クーアンは白のみが対象。
品種はソーヴィニヨン・ブランがメインですが、ソーヴィニヨン・グリも少しブレンド。
ソーヴィニヨン・グリは別名ソーヴィニヨン・ロゼとも呼ばれ、ピンクの果皮が特徴。

DSC04308-4.jpg

1968年にシャトーが分割され、一部は、ボルドーの名家であるリュルトン家が所有し、
大部分はフランス国立農学研究所(INRA)に所有権が移されました。
前者はシャトー・クーアン・リュルトン、後者が今回のシャトー・クーアンです。

シャトー・クーアンの魅力は、品質に比べて、価格がお安めの設定。
格付シャトーが3,000円台で手に入るなんて今のご時世、なかなかないですね。

グラーヴ格付の最高峰の白といえば、ラ・ミッション・オー・ブリオン・ブランですが・・・
10万円超えてます。尋常じゃないですね。

生産者、銘柄:シャトー・クーアン・ブラン 2011
格付:グラーヴ特級
品種:ソーヴィニヨン・ブラン90%、ソーヴィニヨン・グリ10%
インポーター:トゥエンティーワンコミュニティ
DSC04336-4.jpg

色は淡いレモンイエロー。

パイナップル、パッションフルーツ系。
白い花の香りがするものの、香りそのものは控えめ。

最初は、グレープフルーツの酸っぱさが前面に、パイナップルのような甘味が後から出てくる。
全体として非常にフレッシュで、よく出来たソーヴィニヨンブラン。
やや青っぽいニュアンスは若さゆえですね。

これは一言。
(格付にしては)安くてうまい(*´▽`*)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー グラーヴ格付」、シャトー・クーアン、クリア!

2週連続でレオと記念撮影。

DSC04342-4.jpg

なんか姿勢がよすぎるのが気になりますが、オヤツ待ちはいつもこんな感じです。

DSC04309-4.jpg
シャトー・クーアン・ブラン 2011
Chateau Couhins Blanc 2011

生産国:フランス
地方:ボルドー グラーヴ地区 ヴィルナーヴ=ドルノン村
格付:グラーヴ特級
品種:ソーヴィニヨン・ブラン90%、ソーヴィニヨン・グリ10%
生産者:シャトー・クーアン
ヴィンテージ:2011年
開栓年:2015年
score:
89/100 Wine Spectator
87/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
87/100 Jean-Marc Quarin
87/100 Falstaff Magazin
83/100 Asian Palate Jeannie Cho Lee
15/20 Gault & Millau
16/20 Decanter
15/20 Vinum Wine Magazine

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。