スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・カノン 2007/サンテミリオン第1特別級B

2015.03.16.Mon.08:31
「シャトー・カノン 2007」。
サンテミリオンのプルミエ・グラン・クリュ・クラッセB。

シャトー名の「カノン」は18世紀のフランス海軍将官のジャック・カノンが由来。
もともとはドメーヌ・ド・サンマルタンという名のシャトーをジャック・カノンが1760年に購入。
その後の所有者が彼を偲んで「シャトー・カノン」と改名。

DSC03676-5.jpg

1996年にヴェルテメール家が買収。
つまり、あのシャネル社が所有することになります。
一時は荒れ果てていたシャトーを再建。
現在は葡萄樹も大半が植え替えられ、かつての評価を取り戻しました。

仏「デカンター」誌のジェイムズ・ローサーは最も改善されたシャトー10傑にシャトー・カノンを挙げています。

2007年は開花も早く、天候も不順、おまけに病害もあり、ボルドーは厳しい年でした。
9月以降は好天に恵まれますが、収穫の早いメルローは難しい年となります。

シャトー・カノンはそのメルローが主品種となりますが、どうでしょうかね。

生産者、銘柄:シャトー・カノン 2007
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー75%、カベルネ・フラン25%
インポーター:ジャルックス
DSC04360-5.jpg

色は深紅のガーネット。
とても澄んでいて状態は問題なさそう。

香りはブラックベリー、徐々に焼き栗のような甘く香ばしい香りも。
少し土っぽさもあり、落ち着いた印象。

果実味は控えめながら、タンニンは溶け込んでおり、今が飲み頃。
とても滑らかでスルスルと飲めました。

後味にやや渋さが気にはなりましたが、なかなか美味しい(*^-^*)
オフヴィンテージゆえに飲み頃も早く、丁度良かったのかもしれませんね。

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー サンテミリオン格付」、シャトー・カノン、クリア!

DSC03677-5.jpg
シャトー・カノン 2007
Chateau Canon 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー サンテミリオン地区
格付:プルミエ・グラン・クリュ・クラッセB(第1特別級B)
品種:メルロー75%、カベルネ・フラン25%
生産者:シャトー・カノン
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2015年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
88/100 Wine Spectator
92/100 Wine Enthusiast
87/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
90/100 Jean-Marc Quarin
87-89/100 Falstaff Magazin
91/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
15.5/20 La Revue du Vin de France
17.5/20 Gault & Millau
16.3/20 Decanter
16.5/20 Bettane et Desseauve
17/20 Vinum Wine Magazine

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。