スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・カルボニュー・ブラン 2010/グラーヴ特級

2015.06.15.Mon.07:37
「シャトー・カルボニュー・ブラン 2010」。
ボルドーのグラーヴ特級。

グラーヴの中でも最大規模のシャトー。
シャトー名は13世紀の初代所有者、ラモン・カルボニューの名前に由来しています。

16世紀には歴史上にこのワインが登場します。
当時のヨーロッパは神聖ローマ帝国の時代。
皇帝の座を巡りハプスブルク家のカール5世とフランス王フランソワ1世が対立します。
結果的に政争に敗れたフランソワ1世はオスマン帝国と手を結びます。
そしてオスマン帝国の皇帝スレイマン1世にカルボニュー領主を使者として送ります。
その際に手土産に持たせたのが、カルボニューのワインです。
しかし、イスラム教ではアルコールが禁止されているため、清涼飲料水として献上します。

カルボニューのワインを飲んだ皇帝は、
「なんでおたくの国にはカルボニューがあるのに、ワインなんて愚かなものを飲むの?」と言ったとか。

実際に18世紀にはオスマン帝国にミネラル・ウォーターとして販売していた記録が残っているそうです。

DSC04927-13.jpg

このラベルのモチーフは「ホタテ」。
このあたり一帯は、キリスト教の三大巡礼地であるサンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼路にあたります。
ということで巡礼のシンボルであるホタテが描かれています。

カルボニューは赤も白も特級です。
赤よりも白の方が評価が高く、ヴィンテージによっては20年~30年、熟成できるものも。

生産者、銘柄:シャトー・カルボニュー・ブラン 2010
格付:グラーヴ特級
品種:ソーヴィニヨン・ブラン 65%、セミヨン 30%、ミュスカデル 5%
インポーター:モトックス
開栓年:2015年
DSC05020-13.jpg

DSC05021-13.jpg

色はグリーンがかったイエロー。
クリアで目映いばかりの輝きがあります。

グレープフルーツのような柑橘系の香りに若々しく上質な酸味と甘味。
若いためか、まだ奥行に欠けてはいますが、時間が経てば、解決しそうです。
やや苦味を感じるのは樽熟成の影響ですかね。

この2010年は長熟の可能性を持つヴィンテージだと思います。
お値段も比較的お手頃でセラーに余裕があれば買い足すところです。

ちなみに2日目は外食したので試していませんが、3日目はさらに甘味が出てきてGOOD(*^_^*)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー グラーヴ格付」、シャトー・カルボニュー、クリア!

DSC04929-13.jpg
シャトー・カルボニュー・ブラン 2010
Chateau Carbonnieux Blanc 2010

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。