ジェローム・プレヴォ ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ NV(LC10)

2015.06.17.Wed.07:40
暑い日はシャンパーニュ!

ということで、今回はこちら。
「ジェローム・プレヴォ ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ NV(LC10)」。

こちらは「死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」のうちの1本。
(そのうちの「飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン」の1本。)

ジャック・セロスの当主アンセルム・セロスの弟子と言えば・・・
ユリス・コラン、ベルトラン・ゴーテロ、そして今回のジェローム・プレヴォ。
他にもいますが、代表的なところで。

DSC04142-14.jpg

ジェローム・プレヴォの初ヴィンテージは1998年。
彼の持つ畑は、特級はおろか1級でもない畑ですが、素晴らしいシャンパーニュを造ります。
レ・ベギーヌは、近くのベギーヌ派という修道院の名が由来の畑の名前です。

ピノ・ムニエ100%の黒ブドウのみで造られるブラン・ド・ノワール。
ピノ・ムニエはピノ・ノワールやシャルドネにブレンドされることが多い補助的な品種。

DSC04142-14-2.jpg

NVとなっていますが、基本的に単一年のブドウのみを使用。
ヴィンテージ表記をするためには3年の熟成が必要ですが、短期間のためNV表示。
(NVは15か月以上の熟成)

このラベルの「LC11」という表記が、ブドウの収穫年となります。

余談ですが、このボトル、本当は2010年に収穫したブドウを使っています。
ところが出荷時にすでに「LC10」のラベルが切れていたため、「LC11」を使ったとのこと。
インポーターからその証明にプレヴォのお詫びの手紙がついていたそうな。
なんと適当な・・・・。

単一畑、単一品種、単一年のシャンパーニュ。
じっくり味わってみましょう!

生産者:ジェローム・プレヴォ
銘柄:ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ NV(LC10)
格付:-
品種:ピノ・ムニエ100%
インポーター:ラシーヌ
開栓年:2015年
DSC05037-14.jpg

DSC05038-14.jpg

色は少し濃いめのイエロー。
泡は、このクラスなら当然のごとくきめ細かい。

香りは、林檎と蜂蜜の甘味、そして独特なミルキーな風味。
酸はシャープでありながら、クリームブリュレのようなまろやかさも。

ドサージュはほぼしてないということですが、この甘味は葡萄本来の甘味ですかね。

ピノ・ムニエは脇役的な葡萄品種ですが、十分に主役を張れますね。

極めて良質なシャンパーニュでした(*^。^*)

18/20
※個人の嗜好による採点です。

死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」、10/30本。

レオの近況報告。

DSC05052-14.jpg

最近、このブログに登場しないので、安否が危ぶまれるところですが、至って元気です。
娘の食事の余りをもらえる、充実な毎日。

DSC05054-14.jpg

最近はソファーでうとうとするのが大好きです。
昔は、ちょっと人が動くとすぐに起きていましたが、今は超リラックス。
足を上に乗せられても、ソファーの端っこに押しやっても起きません。

そんなレオもつい先日の14日に4歳のお誕生日を迎えました。
人間でいうところの32歳です。

もういいオッサンになったんだね~。
むしろ働き盛りじゃないか。
ま、走り回るか、おやつを探すか、寝転がるか、しかしてないけど。

そんな自由気ままなアクションが、娘にとっては遊び相手になっていたり。

いつまでも元気でね、レオ。

DSC04144-14.jpg
ジェローム・プレヴォ ラ・クロズリー・レ・ベギーヌ NV(LC10)
Jerome Prevost La Closerie Les Beguines NV(LC10)

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する