スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・ラトゥール・マルティヤック・ブラン 2009/グラーヴ特級

2015.07.10.Fri.06:39
7月から奥さんが職場復帰したため、娘を保育園に送り届けるのは僕の役目。

初日はいきなり娘が風邪をひき、高熱が出たため、預けた30分後には迎えに行く羽目に。
いままで病気はなかったのですが、環境の変化を感じ取ったのでしょうかね。
不思議なものです。

さてそんなこんなでブログ記事は滞り、約1か月前に飲んだものをご紹介。

「シャトー・ラトゥール・マルティヤック・ブラン 2009」。
ボルドーのグラーヴ地区の特級です。

このシャトーは、赤も白もどちらも特級ですが、評価が高いのは白です。
白の方が評価が高いのは、グラーヴ地区の特徴ですね。

昔は、シャトー・ラトゥールという名前だったそうですが、あのラトゥールと混同してしまうため、
村の名前をとってシャトー・ラトゥール・マルティヤックと改名したそうな。

DSC04590-3.jpg

1934年に当時の所有者アルフレッド・クレスマンが手掛けたデザインを現在も使用。
この黒と金色とクリーム色の三色模様は、なかなか珍しいパターンですね。

DSC04591-3.jpg

ちなみにヴィンテージ表記は右隅。しかもナナメ。
ちょっと独創的ですね。
正面から写真を撮るとアングルに入らないのが難点(^-^;

生産者、銘柄:シャトー・ラトゥール・マルティヤック・ブラン 2009
格付:グラーヴ特級
品種:セミヨン55%、ソーヴィニヨン・ブラン40%、ミュスカデル5%
インポーター:徳岡
開栓年:2015年
DSC05146-3.jpg

DSC05149-3.jpg

色は濃いめのゴールドイエロー。
2009年と思えない熟成感のある濃さ。

パイナップル、その後に青林檎、メロン、イチジクなどの果物の香り。
蜂蜜のような濃厚なフレーヴァーも。

味わいは成熟した果実の甘味に適度な酸。
とてもオイリーですが、喉越しはスッキリ。
価格とのバランスを考えてもピカイチですね!(*^_^*)

奥さんも一口のんで、おいしい!とコメント。
夫婦ともに納得の味わいでした(=^・^=)

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー グラーヴ格付」、シャトー・ラトゥール・マルティヤック、クリア!

DSC04592-3.jpg
シャトー・ラトゥール・マルティヤック・ブラン 2009
Chateau Latour-Martillac Blanc 2009

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。