スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘のバースデーヴィンテージワインは・・・

2015.06.25.Thu.09:37
子供が産まれると分かった瞬間から買おうと決めていたワインがありました。

そのワインとは・・・・「ペトリュス」。
生まれ年のヴィンテージ、2014年。

そしてこの度、プリムールでペトリュス 2014を無事、確保。
※受け取るのは2年後(^^ゞ

実際にはペトリュス単品では買えないため、ラフィットやマルゴーなど1級シャトーと抱き合わせです。
まぁ、後からペトリュス単品で買おうとすると、探すのが大変な上、価格も異常に跳ね上がることになるので良しとしよう。

今回は娘の生まれ年ヴィンテージなので確保することが最優先です。

2014年のボルドーの出来は、2009年、2010年のグレートヴィンテージまではいかないものの、
近年ではそれらに次ぐグッドヴィンテージと言われています。

2013年がここ10年でも最悪な年だっただけに心配していたのですが、よかったよかった(*´▽`*)
娘の生まれ年なので出来の良し悪しに関わらず買うつもりでしたが、良いに越したことはありません。
(ちなみに僕と奥さんの生まれ年はバッドヴィンテージ・・・・)

さて今年のプリムールは久々の良ヴィンテージということで、出足は好調のようです。
しかし、以前ほどプリムールで買うメリットが薄れているため、今後はこのシステムがどうなるのか不透明ですね。

プリムールと言えば、2012年がそろそろ届くころです。
2012年は天候の移ろいが例年より遅く、収穫が遅いカベルネ・ソーヴィニヨンには厳しい年になりました。
対照的に早熟のメルローの出来が比較的よく、評価が高めでした。
加えて、サンテミリオンで格付の変更があったため、サンテミリオンの昇格組を中心に買った覚えが。

2013年は評価の悪さと価格とのバランスのあまりの酷さもあり、見送りました。
買いたいものが全くなくて絶句した覚えがあります。

ボルドーのトップシャトーの熟成期間と自分の年齢を考えると、そろそろボルドーは買い止めかもしれません。
20~30年後に自分の好みがボルドーにある自信もありませんし(^-^;
減った分を買い足す感じかなぁ。

とにもかくにも娘の生まれ年ペトリュスを確保したことで一安心。
20歳の若僧にペトリュスは早すぎるので、娘の結婚の時かなぁ、いや、16歳で結婚したらどうするんだ、
とか、そもそも結婚しなかったらどうするんだ、とか想像するのだけでも楽しいものです。

それ以前に20~30年後に「私、お酒飲めないのよね」と言われてショックにならないことを切に願います(^-^;

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。