スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ・ブリュット NV

2015.08.23.Sun.20:15
かなり記事が溜まっているので駆け足でアップします(^-^;

今回はシャンパーニュです。
「シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ・ブリュット NV」。

「死ぬまでに飲みたい50本のシャンパン」の「一年に一度は飲みたいシャンパン10本」のうちの1本。
※山本昭彦著『50語でわかる!最初で最後のシャンパン入門』

DSC05280-4.jpg

シャルトーニュ・タイエは1683年にブドウ栽培家として創業。
1960年代にシャンパーニュ造りを始めたレコルタン・マニピュラン。

拠点はランスの北西の小さな村メルフィ。
かつては、グラン・クリュクラスの高値で取引されていた地域だそうです。
ところが第二次世界大戦で畑は壊滅。
1950年代にようやく再建が始まりました。

現在は、1983年生まれの若き醸造家、アレクサンドル・シャルトーニュが当主。
「ジャック・セロス」のアンセルム・セロスの弟子の一人。
権威あるシャンパーニュ専門誌でTOP10に入る実力だそうな。

さて、今回飲むのは、シャルトーニュ・タイエのスタンダード・キュヴェのサンタンヌです。

生産者:シャルトーニュ・タイエ
銘柄:キュヴェ・サンタンヌ・ブリュット NV
格付:-
品種:シャルドネ50%、ピノ・ノワール50%
インポーター:フィラディス
開栓年:2015年
DSC05333-4.jpg
DSC05334-4.jpg

色は若々しい薄いレモンイエロー。
グレープフルーツ、白桃の甘い香り。かなりミネラリー。

柑橘系の酸味と苦味のバランスが心地よい。
スタンダードシャンパーニュながら、なかなか深みもありますね。
香り同様、ミネラルを感じる味わいです。

夏場にピッタリなシャンパーニュで満足(*^-^*)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

いままでは写真撮影をしようとするとレオが邪魔しにくるのですが、
最近は新たな邪魔者が参戦。

DSC05338-4.jpg

1歳を迎えると同時に歩き始めたムスメは、テーブル周辺を徘徊。
そのうちいつかワイングラスをひっくり返す日が来るでしょう。
近いうちに・・・。

DSC05282-4.jpg
シャルトーニュ・タイエ キュヴェ・サンタンヌ・ブリュット NV
Chartogne-Taillet Cuvee Sainte Anne Brut NV

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。