スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006

2015.08.30.Sun.09:39
「アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006」。
イタリア、ピエモンテ州のバローロです。

1971年に父アルマンドがバローロを瓶詰し始め、
1985年に醸造学校を卒業した息子マルコとともに運営しているワイナリー。

1990年代はバローロ・ボイーズのメンバーでしたが2000年に脱退。
現在は「ランガ・イン」というタナロ川を挟むランゲ地方とロエロ地方の生産者団体に所属。

DSC05269-5.jpg

レ・コステ・モスコーニは2003年が初ヴィンテージ。
「レ・コステ」と「モスコーニ」という2つの畑から採れるブドウを使用。
この2つの畑はモンフォルテ・ダルバの最南部、標高400~480メートルとかなり高い位置にあります。

なおパーカーさん的には今回の2006は95点と高得点。

生産者:アルマンド・パルッソ
銘柄:バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006
格付:D.O.C.G
品種:ネッビオーロ100%
インポーター:ジャパンインポートシステム
開栓年:2015年
DSC05342-5.jpg

色はエッジが焦げたような淡いガーネット色。
香りはキノコ、プラム、ピノ・ノワールのように華やか。

味わいは果実味と酸がありしっかりとしたボディ。
が、タンニンが強すぎてまだ飲み頃とは言えませんね・・・。

しばらく放置すると酸が強めに出て飲みやすくなりましたが。

今の所、先日のヴェルドゥーノといい、バローロはうちの奥さんの好みではないよう。
バローロが好みではないというか、飲み頃を完全に誤って出しているだけな気が。

とはいえ・・・バローロの古酒ってなかなか売っていないんですよね(^-^;
自分で熟成させるしかないか。

16.5/20(飲み頃間違えなければ+0.5)
※個人の嗜好による採点です。

DSC05270-5.jpg
アルマンド・パルッソ バローロ・レ・コステ・モスコーニ 2006
Parusso Armando Le Coste-Mosconi, Barolo DOCG 2006

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。