スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスタルム ピーター・マックス・ピノ・ノワール 2013

2015.08.31.Mon.18:20
安くて質のよいワインと聞くと、チリやアルゼンチン、ニュージーランドなどを思い浮かべます。
僕もその一人だったのですが、最近、ハマっている国があります。

それは南アフリカです。

南アフリカのワインというと安かろう悪かろうと劣悪なイメージが強かったのですが、
ここ最近の新進気鋭の生産者が造るワインにはその品質の高さにビックリします。

南アフリカのワイン造りは、1652年のオランダ東インド会社の設立から始まります。
オランダ人の入植時にブドウの樹が持ち込まれ、8年後には最初のワインが造られたそうです。

ところが、後のイギリスの支配時にはナポレオン戦争後にフランスと貿易協定を締結し、
フランスワインの関税撤廃により、フランスワインの流通が拡大。
さらにフィロキセラ(害虫)による被害などで南アフリカ産ワインは生産量が落ち込みます。

その状況を打開するために南アフリカワイン農民共同組合(KWV)を設立。
組合による流通規制、価格コントロールを行うことで安定的な供給は図り、南アフリカ産ワインを保護します。
一方で、様々な規制により、競争が生まれにくくなり質的発展は阻害されてしまいます。

その後、1994年のアパルトヘイト撤廃後、ワイン政策の自由化により国際市場に進出。
切磋琢磨する環境になり、現在の品質の劇的な向上に繋がります。

今回のクリスタルムも素晴らしい生産者です。

「クリスタルム ピーター・マックス・ピノ・ノワール 2013」。

クリスタルムはヘルナマス地方にある家族経営のワイナリー。
2007年に設立、2008年がファーストヴィンテージ。
南アフリカでもトップレストランやワインショップでも限定入荷しかないそうな。

イギリスの著名な評論家ティム・アトキンは、ボルドーに倣って南アフリカの格付を発表しています。
そこでクリスタルムは見事、「1級」、と評価されています。

DSC05302-6.jpg

ラベルは超シンプル。
今回はスタンダードキュヴェのピーター・マックス。
スタンダードキュヴェですが、ラベルの右下には「4443/13868」というボトルリングナンバーが。

生産者:クリスタルム
銘柄:ピーター・マックス・ピノ・ノワール 2013
格付:-
品種:ピノ・ノワール100%
インポーター:ラフィネ
開栓年:2015年
DSC05359-6.jpg

ラズベリー、ブラックチェリーなどの果実系の華やかな香り。

果実の凝縮感もあり、酸もほどよい。
若干、甘味と苦味があるが、時間が経てばバランスよくなるでしょう。
ブルピノとカリピノの中間、ややカリピノ寄り、といったところですね。
全体的になかなかよくできたピノ・ノワール。

このピーター・マックスはクリスタルムの中でもスタンダードクラス。
上位キュヴェが楽しみですね(*^-^*)

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC05303-6.jpg
クリスタルム ピーター・マックス・ピノ・ノワール 2013
Crystallum Peter Max Pinot Noir 2013

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。