スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドメーヌ・ド・ラ・コート サンタ・リタ・ヒルズ・ピノ・ノワール 2012

2015.10.03.Sat.19:04
今回のワインはカリフォルニアです。

「ドメーヌ・ド・ラ・コート サンタ・リタ・ヒルズ・ピノ・ノワール 2012」。

ドメーヌ・ド・ラ・コートは全米のレストラン・グループ、マイケル・ミーナ・グループのワイン・ディレクターのラジャ・パーと日系2世の醸造家サシ・ムーアマン(本名はむさし)、投資家のマーク・スティーヴェンソンの3人で設立。

設立は2013年ですので、出来たてのほやほやなワイナリーです。

ちなみにラジャ・パーはIPOB(In Pursuit of Balance)という団体の創立者です。
(IPOBは品種や地域にこだわらず、バランスの取れたワインを作るワイナリーを集めた団体。)

ドメーヌ・ド・ラ・コートは、ワインジャーナリストの山本昭彦氏も絶賛していますね。

DSC05406-15.jpg

現在、リリースしているキュヴェは3種類。
最上級から順に「ラ・コート」、「ブルームス・フィールド」、「サンタ・リタ・ヒルズ」。
ラ・コートは年産3600本、ブルームス・フィールドは6,000本と希少。

希少なのかマイナーなのかわかりませんが。

今回はスタンダードキュヴェのサンタ・リタ・ヒルズ。
ドメーヌ・ド・ラ・コートが所有する16haある自社畑の6ha分はサンタ・リタ・ヒルズの区画。

生産者:ドメーヌ・ド・ラ・コート
銘柄:サンタ・リタ・ヒルズ・ピノ・ノワール 2012
格付:A.V.A
品種:ピノ・ノワール 100%
インポーター:中川ワイン
開栓年:2015年
DSC05500-15.jpg

チェリー、ラズベリーなどの赤果実系にオレンジの皮など特徴的な香り。
ヴァイオレットの香水のように華やかで開栓と同時に全開。

おお。これは美味しい(*´▽`*)

味わいはとてもジュシーで、カリピノにありがちな糖度が高いわけではなく、
酸と果実味が高次元でバランスがとれていてエレガント。
粘性も高く、液体が舌にまとわりつきつつ、滑らか。

用事があって2日目は飲めなかったのですが、
3日目はよりバランスがよくなっており、酒質も衰えていません。
4日目にしてやや衰えるもまだ華やかな香りが残りつつ、充分に美味しい(*^-^*)

2本購入したので、早いと分かっていながら1本開けてみましたが、これは熟成後も楽しみですね。

これでスタンダードキュヴェとは、その上位キュヴェはどうなるんでしょ。
なんとかして「ラ・コート」と「ブルームスフィールド」も入手したので楽しみです。

なんとなくブレイクの予感がするワインでした。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC05407-15.jpg
ドメーヌ・ド・ラ・コート サンタ・リタ・ヒルズ・ピノ・ノワール 2012
Domaine de la Cote 'Sta. Rita Hills Appellation' Estate Pinot Noir 2012

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。