スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カミュ・ペール・エ・フィス 特級マゾワイエール・シャンベルタン 2004

2015.10.29.Thu.21:48
先日、前から気になっていたワインを開けました。

「カミュ・ペール・エ・フィス マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ 2004」。
結婚記念日に続き、グラン・クリュです。

何が気になっていたかというと・・・・恐らくこの世で最も安い部類に入るグラン・クリュだからです。
※シャブリは除く。

造り手のカミュ・ペール・エ・フィスは、1830年にジョセフ・カミュによって設立。
所有する16.8haのうち3分の2はシャンベルタンを筆頭に錚々たるグラン・クリュ。
ブルゴーニュの主要団体・組織の代表を務めるなど、重鎮的なドメーヌ。

素晴らしい背景と実績を持ちながらも、肝心のワインの評価はかなり低い。
もとはといえば、パーカーさんが著しく低い評価をしたため、評価が地に落ちてしまいました。

ブルゴーニュのグラン・クリュとなると最近は万は超えるのが常。
ところが、カミュのマゾワイエール・シャンベルタンは5,000円程度。
あまりの安さに怪しさを感じるほど。

・・・いや、他が高騰しているだけで、感覚がマヒしているだけか(^-^;

DSC05507-21.jpg

ラベルはブラックにゴールドの装飾というシックなデザイン。
デザイン的にはかなり好きな部類です。
ただ赤ワインのデザインとしては、シックすぎてイマイチ食指が動きませんね・・・。
シャンパーニュのデザインなら合いそうですが。

そんなこんなで値段も安いが評価も低い、、ということもあり、今までずっと避けてきました。
飲まず嫌いってヤツですね。

でも本当に世間の評価どおりなのか気になったので飲んでみることに(*^-^*)

生産者:カミュ・ペール・エ・フィス
銘柄:マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ 2004
格付:特級
品種:ピノ・ノワール100%
インポーター:
開栓年:2015年
DSC05535-21.jpg

瓶越しに透明感がわかるほどかなり薄めの色。
香りは梅やチェリーの香りにわずかに樽香。

果実味はやや減退しているものの、とてもきれいな酸があり、エレガントな仕上がり。
出し汁のような旨みがあって、キレイに熟成していますね。

カミュ、という名前だけで期待していなかったのですが、世間の評判と違い、なかなか美味しい。
まさに飲まず嫌いですね。

奥さんも一口飲んで、「美味しいね、これ」というコメントでした。

本数も多く、手に入りやすさも価格が抑えられている理由の一つだと思いますが、
他とそんなに差はないと思いますけどね。
本来はカミュぐらいの価格がワインの常識的な価格なのかもしれません。

とにもかくにも美味しくいただきました(*^-^*)

17/20
※個人の嗜好による採点です。

ブルゴーニュ 特級」、特級マゾワイエール・シャンベルタン、クリア!

DSC05509-21.jpg
カミュ・ペール・エ・フィス マゾワイエール・シャンベルタン・グラン・クリュ 2004
Camus Pere & Fils Mazoyeres-Chambertin Grand Cru 2004

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。