スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近で飲んだワイン達

2016.09.01.Thu.08:44
ここ最近で飲んだワインを簡単にご紹介。
本当は1本づつアップする予定でしたが、簡潔に(^-^;

まず一発目。

DSC05901-12.jpg
「ボランジェ・グラン・ダネ 2004」

こちらは「死ぬまでに飲みたい30本のシャンパン」のうちの1本。
(そのうちの「飲まずに死ぬと後悔する10本のシャンパン」の1本。)
「007」で登場したり、ハリウッドセレブ御用達だったりするので有名ですね。

さすがに安定の美味しさ。
2004ヴィンテージにしてはやや泡が弱々しくはありましたが、
果実味とコクのバランスはサスガ。

18/20

続いてコチラ。

DSC06016-12.jpg
「キスラー シャルドネ パーメリーヒル ストーンフラットヴィンヤード 2006」

カリフォルニアの白といえばキスラー。
これ、マジで美味しかった(*´▽`*)
10年熟成とは思えないほどのフレッシュさ。
果実の甘味もうまく醸し出していて、黄金の一杯。
キスラーのこの畑、もう手持ちにはないんだよなぁ。残念。

19/20

3本目。

DSC06018-12.jpg
「ドメーヌ・アルロー ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・オー・コンボット 2005」

2005年といえばブルゴーニュのグレートヴィンテージ。
オー・コンボットは、クロ・ド・ラ・ロッシュ、マゾワイエール、ラトリシエールの両シャンベルタンという
特級畑に囲まれた飛び地にある一級畑。
名手アルローが手掛けていることもあり、当たり前のように美味しい。

18/20

DSC06228-12.jpg
「ドクトル・ローゼン ヴェーレナー・ゾンネウーア・アウスレーゼ 2001 」

ドイツの甘口ワイン。
アウスレーゼはまともに買えるランクとしては最高峰。
(この上のランクが2つありますが、まぁ、高すぎて話にならない)
2001年ということで、15年ほど熟成。

ちょっとヒネた感じもあり、甘さもくどいかな・・・。
甘口ワインはあまり飲みませんが、もう少し期待していました・・・。
アウスレーゼはエゴン・ミュラーやJ.J.プリュム、シュロス・リーザー、フリッツ・ハークなど
寝かせているけど、、、うーん、いつ開けようかな。

15.5/20

DSC06401-12.jpg
「カーブドッチ ピノノワール 2013」

日本のピノ・ノワール。
ピノ・ノワールはどこの国もトップ生産者は入手困難ですが、この生産者もその一人。
というか、日本のピノ・ノワールは生産量が少ないことが一番の原因だと思いますが。

実は日本のピノ・ノワールにはあまり期待していなかったんですが・・・。
これ、結構、いけます。
ブルゴーニュをイメージしていると肩透かしを食らいますが、
甘露さがウリの北米・南米の造りに較べればずっとエレガントな造り。

ただ、1日目は苦味が先行していましたが、2日目に真価を発揮しました。

もう1本あるので、少し寝かせてみようと思います(*^-^*)

16.5/20

ざっと5本、ご紹介しましたが、、、ネタが溜まったら、一気に紹介したほうが楽チンですね(^-^;
溜まり始めると次第に億劫になってくるので・・・。

今後はうまく活用したいと思います!

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。