スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンキー・シャトー グリグリ 2015、ほか4本

2016.09.24.Sat.10:35
日本のワインを試そうとひたすら日本ワインを飲む日々。
ここ1ヶ月は日本ワインしか飲んでいないような・・・。

で、飲んだワインをまとめてご紹介。

DSC06433-13.jpg
「ココファーム 第一楽章」

日本の固有種マスカットベリーA。
いままであまり意識して飲まなかったけど、、、
そう、日本のワインのイメージはこれだ。
香りからして、食用葡萄。
味わいは軽くて、グレープジュース。
これはこれで飲みやすいけど、、マスカットベリーAは好みじゃないなぁ。

14.5/20

DSC06434-13.jpg
「カーブドッチ かわうそ 2015」

カーブドッチの動物シリーズ。
ラベルがなんともとぼけた動物のデザインです。
シャスラー、ヘルダー、オーセロワ、アルバリーニョ、セミヨン、シャルドネ、シュナンブラン。
7種のブドウをアッサンブラージュした白ワイン。
パイナップルなどの南国系フルーツの味わいながら爽やか。
生産本数は882本。

15.5/20

DSC06440-13.jpg
「ヒトミワイナリー JONDA 2014」

山形県産のカベルネ・ソーヴィニヨン100%。
JONDA(じょんだ)は山形弁で「上手だ」という意味だそうな。
ブルーベリーやカシスなどの果実味が豊富でなかなかレベルが高い。
4~5年ほど熟成させても面白そう。

16/20

DSC06447-13.jpg
「ヴィラデスト ピノ・ノワール 2014」

比較的どの日本のピノ・ノワールにも言えるけど、香りが弱い。
ピノ・ノワールの魅力は香りなんですけどね。
で、例にもれず、このワインも香りがかなり弱い。
味わいも平坦。
ピノ・ノワールには違いないんですが、、、圧倒的に華やかさが足りないんですよねぇ。

14.5/20

DSC06448-13.jpg
「ファンキー・シャトー グリグリ 2015」

滅多に手に入らないファンキー・シャトー。
グリグリはまだ比較的手に入ります。
なんと巨峰83%に長野パープルやピノ・グリをアッセンブラージュしたロゼ。
巨峰か、、、と思いつつ飲んでみると、ほんの少し苦味のある爽やかな白ワイン。
これ、結構おいしい(*´▽`*)
で、ついでに長野パープルをおつまみに。
当たり前だけど合う。

15.5/20

日本ワインのイメージはお土産で買ってくる薄ーい甘ったるいワインでしたが・・・
確実に、飛躍的に進化していますね。
ただ海外に比べるといま一つ、足りないのも事実。
お値段的にも安いかというとそうでもないし、手に入りやすいわけでもない。
(トップクラスは入手困難)

今後の行く末に注目したいと思います。

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。