スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昇格を許された2つのワイン~ボルドー編その2

2014.02.14.Fri.08:20
こんにちは。

楽天ポイントで買ってしまったいぶし銀ワインの話から始まったこの企画ですが
最後の1本です。
ブルゴーニュ編その1 ラ・グランド・リュ
ブルゴーニュ編その2 クロ・デ・ランブレイ
ボルドー編その1 シャトー・ムートン・ロートシルト

ボルドーのメドック格付で昇格を果たしたもう1つのがシャトーが、
「シャトー・カントメルル」です。

「シャトー・カントメルル 2010」
DSC00094-5.jpg
カントメルルの場合は格付外から第5級への昇格です。
こちらは正確に言えば、昇格ではなく追加、になりますね。
ムートンの昇格が有名な一方、こちらの昇格はあまり知られていないかもしれません。

1855年に制定されたメドック格付ですが、カントメルルの名前はリストから漏れていました。
カントメルルは主にオランダに輸出しており、ボルドーの仲買人を通さずに流通していたため、
仲買人が価格を把握していなかったためだと言われています。

とはいえ、格付に値するシャトーだったためパリ万博中に格付にリストオンします。

2週間でさくっと決めた格付なので
「オイオイ、うちを忘れてないかい?」と
カントメルル関係者はさぞかし焦ったことでしょう。

写真の2010年はカントメルルの長い歴史の中で
最も評価されたヴィンテージのひとつではないでしょうか。

4,000円前後でまだ買えますので探してみてはいかがでしょうか?

さて4回に渡り、昇格を許されたワインを紹介しました。

産地によって格付のつけ方や考え方は様々ですね。

ブルゴーニュは畑、ボルドーはシャトー(ワイナリー)に対して格付を
行っていますのでまだわかりやすいのですが、
たとえば、イタリアの格付は製法やその地域の風土に対して格付を
行っていますのでわかりにくいことこの上ないです。

それ故に、個性あふれた掘り出し物がたくさんあるんですけどね。

ワインの世界は奥深いですね。

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。