ワインを預ける 第3回 ~minikura 寺田倉庫に訪問

2014.01.09.Thu.08:49
こんにちは。
今日は、シリーズ企画「ワインを預ける」最終回です。
※過去記事はコチラ(第1回第2回

今回は、いよいよ寺田倉庫の訪問レポートです。

訪問の目的は2つ。
新たに預ける1箱の入庫と以前預けた2箱の閲覧です。

DSC01005-5.jpg

今回訪れたのは、寺田倉庫の本社でもある品川トランクルーム。

寺田倉庫のワイン保管サービスは1箱からでも受け付けていますが、
他にもウォークインタイプやロッカータイプのワインセラーを丸々貸し出しています。

預ける箱数や予算、用途によって使い分ければよろしいかと思います。
(ただし品川のロッカータイプは場所代が高い!)

DSC00982-5.jpg

今回は1箱12本を新たに預けます。

全部で3箱しか預けていないので、ロッカータイプではなく1箱ずつ預けられる、
「minikura -HAKO-wine」というサービスを利用。
保管料は月630円。

取り出す時は「箱単位」で取り出せますし、自宅に送ってもらうこともできます。(クール便も可)
今回のように予約をすれば閲覧室で中身の確認もできます。
閲覧室では持ち込んだ別のワインと中身を入れ換えることもできます。

他にも「minikura -MONO-wine」という1本1本写真を撮って、
サイトにアップしてくれるタイプもあります。
こちらは取り出すときは「1本単位」で指定場所に送ってもらえます。(クール便も可)

一瞬、こちらの方が便利だなーと思ったのですが、、、思わぬ盲点が。

1本1本写真を撮る関係上、中身を入れ替えると整合性が取れなくなるため、
閲覧室での中身の入れ替えができないそうな。
一度、箱ごと取り出して、再度、入庫すればよいらしいのですが、
その度に一定の手続きを踏まなければならないわけです。

これは・・・・面倒そうなので、「HAKO」を選択しました。

ちなみに「MONO」の場合は、撮影した写真を利用して、
そのままYahoo!オークションに出品することができます。
落札後は、寺田倉庫が梱包から配送まで代行してくれるそうです。
ワインを処分したい方は便利なのではないでしょうか。
僕は自分で飲んでしまいますけどね(*^_^*)

さて、前段はともかく、いよいよ閲覧室へ。

まずはロビーからエレベーターで上層階に昇るのですが、
ICカードをかざしてからボタンを押しても反応せず。

数分間、悪戦苦闘した結果・・・・・
あぁ、かざしながらボタンを押すのね・・・・。

DSC00984-5.jpg

エレベーターで上層階にのぼると目の前に扉が。
このフロアから肌寒くなってきました。

DSC00985-5.jpg DSC00999-5.jpg

するとまた扉。その扉を開けると短い廊下が。
この左手がワインセラー。右側が閲覧室です。

DSC00988-5.jpg

閲覧室に入ると預けていたワインが入っている段ボールが置いてありました。
この部屋も温度はワインセラーと同じようです。

DSC00992-5.jpg

作業グッズも置いてありました。
新聞紙、ガムテープ、ラップ、メモ帳、ボールペン。
ちなみに上記以外の文房具は置いてなかったですね。

DSC00989-5.jpg DSC00993-5.jpg

預けているワインたち。
左はボルドー系、右はブルゴーニュ系。
左はボルドー系といいながら、前列3本はカリフォルニアとイタリア(^_^;)
ちなみに後ろは全部ボルドーです。

その後、もろもろの作業を終えてから、寺田倉庫を後にしました。

しょっちゅう出し入れするのでなければ、レンタルセラーはとても便利ですね。
預ける時もわざわざ行かなくてもクール便で送ってもOKです。

以上、訪問レポートでした。

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!ちなみに「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?こちらもお願いします!^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓「ワインログ」のブログ分析結果だよ。たまに変な結果がでるよ。 byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する