スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アラン・ユドロ・ノエラ ヴージョ 1er レ・プティ・ヴージョ 2007

2014.02.04.Tue.19:14
こんにちは。

今日は今年初めてのピノ・ノワール!
自宅セラーのピノ率は高いんですが、何故か今年はまだ1本も飲んでいませんでした。

さて今年1番手は、「アラン・ユドロ・ノエラ ヴージョ 1er レ・プティ・ヴージョ 2007」です。

生産者:アラン・ユドロ・ノエラ
銘柄:ヴージョ・プルミエ・クリュ・レ・プティ・ヴージョ 2007
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
DSC01292-5.jpg

アラン・ユドロ・ノエラは1964年から始まるドメーヌです。
現在は、孫のシャルル・ヴァン・カネットという20代の若者が取り仕切っていますが、
今回の2007年はその世代交代寸前のワインですね。

ユドロ・ノエラの畑は元々は伝説的な造り手のシャルル・ノエラが保有していた畑を受け継いでいます。
シャルルの孫娘と結婚したからですね。逆玉ってヤツです。

シャルル・ノエラの畑の大半はブルゴーニュの頂点の一角であるルロワに売却されていますので
質については折り紙つきです。

なお、どうでもいいですが、アラン・ユドロ・ノエラのラベルは品があって好みです(*^_^*)

DSC01291-5.jpg

なかなか透明感のあるルビー色です。
久しぶりのピノ・ノワールに期待感(笑)

ところが・・・・

香りはあまり立たず。そしてきつい酸と妙な感じの苦み。
これは・・・コンディション不良?
それとも2007年という難しい年だったからか?

時間が経つと酸も落ち着くも最後まで甘味も感じられず。

これは時間を置いた方がいいと思い、一旦、封をして冷蔵庫へ・・・。
こりゃ、久しぶりにブルゴーニュの外れボトルかなー、とガッカリ。

そして翌日の夜に再度、挑戦!

あら。昨日の苦みは消え、ほのかにイチゴやサクランボの甘味。
見事に本来の実力を発揮してきました。

しかし、昨日、違和感を感じながら半分以上飲んでしまったのは失敗したなぁ。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

さて。今日のレオはどうしているかといいますと・・・

DSC01284-5.jpg

・・・・・不思議な寝相をしてました。

DSC01289-5.jpg
ドメーヌ・アラン・ユドロ・ノエラ ヴージョ・プルミエ・クリュ・レ・プティ・ヴージョ 2007
Alain Hudelot-Noellat Les Petits Vougeots, Vougeot Premier Cru 2007

生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ヴージョ
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:アラン・ユドロ・ノエラ
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
85-87/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
86/100 Cellar Tracker
88-90/100 Burghound

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。