スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・オー・バタイエ(バタイィ) 2007/メドック第5級

2014.02.19.Wed.07:50
こんにちは。

先週末の大雪はすごかったですね。
夜中に自宅の窓から外を見たら、雪で視界が白ぼけていて雪国にいるのかと思いました。

ちなみに奥さんにバレンタインデーでワインを買ってもらったんですが・・・
大雪で到着日が大幅に遅延。

冬だけど定温を期待してとりあえずクール便にしておいたんですが、
あまり長時間、クール状態にしたくないのでちょっと困りました。

土曜日午前中の到着予定が結局は月曜日の夜に到着。
配送手配を考えたら、丸4日ほどクール状態でした。

繊細なブルゴーニュではなくて、生命力のあるボルドーにしておいてよかった。
このワインについては、また取り上げます。

さて、今週のワインは、「シャトー・オー・バタイエ 2007」。

呼び名は「バタイエ」だったり、「バタイィ」だったり様々です。
前回のシャトー・カントメルル同様、今回もボルドー・メドック第5級です。

このシャトーのオーナー兄弟は、2級のデュクリュ・ボーカイユや、
5級のグラン・ピュイ・ラコストも所有しています。

第5級にはシャトー・バタイエという名前の似たワインもありますが、
昔はバタイエとオー・バタイエは一つのシャトーでした。

「オー」というのは標高が高いことを意味しますが、
評価の方はといえば、無印バタイエの方が高いようです。

ただ、どちらにしてもメドック格付61シャトーの中ではマイナーな存在です。

生産者、銘柄:シャトー・オー・バタイエ 2007
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ30%
DSC01339-3.jpg

香りは、ブラックチェリー、カシス、に動物の皮のニュアンス。

そういえば、「動物の皮」と言えば・・・・

と愛犬レオの匂いを嗅いでみましたが、これとは違う(笑)

DSC01269-4.jpg

果実味もあり渋さもほどよい。まずまずエレガントな仕上がり。
ボルドーワインという意味では驚きはなし。

オー・バタイエ自体はポイヤックのワインですが、
このシャトーのオーナーが所有しているデュクリュ・ボーカイユのある
サン・ジュリアンのエレガントなスタイルに近いといわれているのもわかる気がしないでもない。

数あるボルドーワインの中でも格付されているシャトーはわずか61シャトーしかありませんが、
このワインが61シャトーに値するかどうかは、当落選上ギリギリな感じですね。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー・メドック格付」、シャトー・オー・バタイエ、クリア!

DSC01217-3.jpg

シャトー・オー・バタイエ(バタイィ) 2007
Chateau Haut Batailley 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 ポイヤック
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン70%、メルロ30%
生産者:シャトー・オー・バタイエ(バタイィ)
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
85-87/100 Wine Advocate(Robert Parker)
87-90/100 Wine Spectator
85-88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
90/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
15.5/20 La Revue du Vin de France
15.5/20 Decanter
15.3/20 Burghound
15.5/20 Bettane et Desseauve
15.5/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。