スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン 1er レ・シャンポー 2002

2014.02.26.Wed.07:40
こんにちは。

最近はボルドーが続いていたので今週のワインはブルゴーニュにしました。

やや熟成したものが飲みたいな、ということで2002年をチョイス。
2002年といえばブルゴーニュのグレート・ヴィンテージです。

ということで今週は、「ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン 1er レ・シャンポー」です。

ヴァンサン・ジラルダンはもともとはサントネに本拠を置く小さなドメーヌでした。

そして1995年からネゴシアン・ビジネスを始め、規模を拡大。
※ネゴシアン…他社畑で生産されたブドウを買付し、自社で醸造するワインメーカー

2haだった畑も現在では48haに24倍に拡大し、ブルゴーニュワインの採点に
なぜか激辛のロバート・パーカーからも絶賛を受けます。

ジラルダンは小規模ドメーヌのように珠玉のワインを作り出す技術と
大規模ネゴシアンの安定品質の生産技術を併せ持ったユニークな存在となります。

当時は赤ワインが8割を占めていましたが、
白ワインの銘醸地ムルソーの畑を入手した後は白ワインを生産し始めています。
現在では白ワインが8割と逆転しています。

本拠地も手狭となったサントネからムルソーへ移転し、
順風満帆に評価を高めていったのですが・・・。

2012年には跡継ぎ問題と健康上の理由から、
ボーヌのネゴシアンに会社を売却してしまいました。

ご本人はコンサルタントとして残りますが、今後はどうなっていくんでしょうね。

さて今回の畑はジュヴレ・シャンベルタンの1級畑、レ・シャンポーです。

レ・シャンポ―はジュヴレ・シャンベルタンの端っこにある畑です。
「ブルゴーニュ大全」によれば果実味がある一方、洗練性に欠ける、
と評されていますがどうでしょうか。

生産者:ヴァンサン・ジラルダン
銘柄:ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ レ・シャンポー 2002
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
DSC01385-4.jpg
サクランボや木イチゴの甘酸っぱさにダージリンの香り。
ボディはしっかりとしていて果実味もまだまだ強く、
熟成により酸がこなれてやわらかさもあります。

これはなかなかウマイ!まさに飲み頃です(*^_^*)

以前のルイ・ラトゥールの特級コルトンといい、2002年は期待に違わないですね。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ブルゴーニュ 1級」、レ・シャンポー、クリア!

DSC01219-5.jpg
ドメーヌ・ヴァンサン・ジラルダン ジュヴレ・シャンベルタン・プルミエ・クリュ・レ・シャンポー 2002
Domaine Vincent Girardin Les Champeaux, Gevrey-Chambertin Premier Cru 2002

生産国:フランス
地方:ブルゴーニュ コート・ド・ニュイ ジュヴレ・シャンベルタン
格付:1級
品種:ピノ・ノワール100%
生産者:ヴァンサン・ジラルダン
ヴィンテージ:2002年
開栓年:2014年
score:
92/100 Cellar Tracker

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。