スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・グリュオ・ラローズ 2002/メドック第2級

2014.03.23.Sun.09:40
こんにちは。

今週末のワインは「シャトー・グリュオ・ラローズ 2002」。

フランス・ボルドーのサン・ジュリアン村にあるシャトーでメドック格付の第2級です。
サン・ジュリアン村には2級シャトーが5つもありますが、1級シャトーは存在しません。

このグリュオ・ラローズは、1級に匹敵すると言われるスーパーセカンドには挙げられませんが、
2級に相応しいワインです。

ラベルには「LE VIN ROIS LE ROI DES VIN」の文字。

「王のワイン、ワインの王」という意味ですが、生産者の誇りが感じられます。
1855年の格付時には1級シャトーに次いで取引価格が高かったそうで、
以前はスーパーセカンド以上に評価されていたのでしょう。

生産者、銘柄:シャトー・グリュオ・ラローズ 2002
格付:メドック第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5%
DSC01614-5.jpg
色はやや透明感のあるガーネット色。

グラスに注いだ後、カメラの調子が悪く、撮影に手間取っていたので(^_^;)、
その間にプラム、ほし肉、青草・・・など結構な香りが立ち込めていました。

味わいは、フルーティーで見た目のとおり透明感のある軽め。

サン・ジュリアンらしく、軽やかで優雅なワインでしたが、
2002年はあまり良い年とは言えず、全体的に力の弱さを感じました。

2日目より1日目の方が圧倒的によかったですね。

別の年のヴィンテージを飲んでみたい(>_<)

16/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・グリュオ・ラローズ、クリア!

DSC01232-5.jpg
シャトー・グリュオ・ラローズ 2002
Chateau Gruaud-Larose 2002

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 サン・ジュリアン
格付:メドック第2級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン57%、メルロー31%、カベルネ・フラン7.5%、プティ・ヴェルド3%、マルベック1.5%
生産者:シャトー・グリュオ・ラローズ
ヴィンテージ:2002年
開栓年:2014年
score:
88-90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
86/100 Jean-Marc Quarin
90/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
17/20 La Revue du Vin de France
16/20 Decanter
17/20 Bettane et Desseauve
18/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。