スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越乃寒梅 無垢 純米吟醸

2014.04.11.Fri.08:56
越乃寒梅。

幻の酒と呼ばれて久しい。

そう呼ばれたのは1960年代にメディアが取り上げた事が発端というから僕が生まれる前のことです。

地酒ブームの牽引役でもあった越乃寒梅は僕が学生の頃も高値がついており、
1本1万円はしていた記憶があります。

久保田や一ノ蔵、八海山を当たり前のように見かける昨今、
販路をしぼったのか、越乃寒梅は見かけなくなりました。

そんな頃、ネットで醸し人九平次の別誂を探していたら、
たまたま越乃寒梅を見かけてしまい、懐かしさのあまり注文してしまいました。

「越乃寒梅 無垢 純米吟醸」。

DSC01733-5.jpg
越乃寒梅にはほかの日本酒同様、いくつかのランクがあります。
普通酒の「白ラベル」と特別本醸造の「別撰」がスタンダード商品。
この純米吟醸の「無垢」と吟醸の「特撰」が上位品。
さらにその上に「金無垢」「超特撰」「特醸酒」という特上品があります。

720mlでいえば「白ラベル」が1,000円前後、最上級品の「特醸酒」が6,000円前後。
プレミア価格がついていたころはこの5倍位でした。ひえーーー(>_<)

プレミア価格といえば、ワインの世界では日常茶飯事ですが。
高騰する一方の高級ワインを見ていると、通常価格に落ち着いた越乃寒梅はすばらしい。

さて肝心の越乃寒梅ですが、かつて何度か飲んでいるはずなのですが、まったく記憶にありません。
(どれを飲んだかも記憶にない。)

銘柄:越乃寒梅 無垢 純米吟醸
醸造元:石本酒造(新潟県)
使用米:山田錦
DSC01741-5.jpg
かつて甘口が主流だった市場に淡麗辛口で一世を風靡した越乃寒梅。
今飲むとどういった印象か楽しみです。

・・・・・・・。

香りはほとんど立たず。
淡麗辛口というだけあって辛い。
が、やわらかいコクもありますね。

播州一献 純米 無濾過 超辛口の時のようなキレはあまり感じません。

DSC01743-5.jpg
個人的にはキレと旨味のバランスが絶妙な日本酒が好きなのですが
こちらは、意外と甘さが目立ちますね。

純米吟醸だったからかも。

これは辛口派も甘口派もどちらもいけそうな気もしますが、
どちらも敬遠する可能性もありますね(^_^;)

ちょっとしたノスタルジーに浸れてよかったです(*^_^*)

DSC01735-5.jpg
銘柄:越乃寒梅 無垢 純米吟醸
醸造元:石本酒造(新潟県)
使用米:山田錦
精米歩合:50%
アルコール度:16.3度
製造年月:2014年1月

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。