シャトー・ラ・ラギューヌ 2007/メドック第3級

2014.05.31.Sat.09:05
もうすぐワールドカップですね。
今回のワールドカップの応援優先順位は・・・・
アルゼンチン→スペイン→日本です。

非国民ですねー(^_^;)

さて今回のワインはボルドーです。

シャトー・ラ・ラギューヌ 2007。
フランスのボルドー、メドック地区のワインです。

メドック格付62シャトー制覇を始めて約7か月。
ようやく10シャトー目です。
割と駆け足できたつもりがまだ2割弱。
まぁ、気長にいきます(*^。^*)

さて、本題のシャトー・ラ・ラギューヌですが、格付は第3級となかなかの位置づけながら、
日本ではマイナーの部類の入るのではないでしょうか。

シャトー・ラ・ラギューヌは、1855年の格付制定時には第3級に認定されましたが、
1950年代には凄まじい荒れようだったといいます。
その後、オーナーが代わって目覚ましく復活。
1980年代は素晴らしいワインを生み出し続けます。
その後、1990年代は低迷しましたが、ここ10年間は以前の力を取り戻しました。

特徴的なのは、プティ・ヴェルドというブドウ品種を比較的多く用いていることでしょう。
プティ・ヴェルドは開花時に天候不順だとうまく育たず、ブドウの果実が青く未熟になります。
プティ・ヴェルド=「小さい緑」、と名前どおりの品種です。

また他の品種に比べ、実が熟すのが遅く、ボルドーでは10年に1度しか完熟しません。

さらにかなり強い個性を持ち、色が濃く、タンニンが豊かで複雑性が増すため、
補助的にブレンドする品種として重宝されています。

ふつうは1~3%程度の比率でのブレンドをよく見かけますが、ラ・ラギューヌは10%前後ですね。

生産者、銘柄:シャトー・ラ・ラギューヌ 2007
格付:メドック第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー30%、プティ・ヴェルド10%
DSC02114-8.jpg
色はボルドーらしく濃いガーネット。
香りは、カシス、カカオチョコレートの甘い香り。
香りからして果実味豊かかな、と思いきや、一口目は酸と渋みが支配。
これは。。。ご就寝中?開けるのが早かったかな?

しかしながら、時間を置いて酸は落ち着いたものの、渋みは残ります。
最後まで果実味があまり感じられず。

メドック第3級ほどの価値はない気がしますが、2007年はオフヴィンテージだったので、
これ1本で判断するのは早いか。
近年はパーカーポイントで95~96点を連発しているんですけどね。

うーん、どうせ早飲みするなら、あと2,000円出して、2009年を買うべきだったか。

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

これで「ボルドー メドック 格付」、シャトー・ラ・ラギューヌ、クリア。

DSC02116-8.jpg

ラ・ラギューヌを撮影するためにカメラに夢中になっていると、ふと隣に気配が。

足元を見ると、レオがお座り状態。
これは・・・・・撮影会(=ごほうびのおやつ)を期待して待機中。

でも今回は一緒に撮影しないんだなー。残念。

その後、しばらくして、キッチンからリビングをのぞき込むと、、、、

・・・・・・・まだお座りしてました(^_^;)

しょうがないので、何もしていないけど、おやつをあげました。
特別だぞ、レオ。

DSC01974-8.jpg
シャトー・ラ・ラギューヌ 2007
Chateau La Lagune 2007

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 オー・メドック
格付:第3級
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン60%、メルロー30%、プティ・ヴェルド10%
生産者:シャトー・ラ・ラギューヌ
ヴィンテージ:2007年
開栓年:2014年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
88/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
89/100 Jean-Marc Quarin
93/100 Gibert & Gaillard
89/100 Cellar Tracker
16/20 Jancis Robinson
16/20 Gault & Millau
15.5/20 Decanter
16/20 Bettane et Desseauve
17/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する