スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャトー・グラン・ピュイ・デュカス 2006/メドック第5級

2014.06.05.Thu.08:37
前回のシャトー・ラ・ラギューヌに続き、ボルドー2連発。

シャトー・グラン・ピュイ・デュカス 2006。

似たような名前で、シャトー・グラン・ピュイ・ラコストという名前のワインがあります。

もともとはラコストの一部が分割され、ピエール・デュカスが保有したことが、
現在のシャトー・グラン・ピュイ・デュカスの名前の由来となっています。

どちらも格付上は第5級になりますが、ラコストの方が評価されているようです。
※パーカーさんもラコストは第3級に値すると言っていますね。

とはいえデュカスも第5級に値するワインで、注目度が低い割に品質が高くお値打ち品です。

生産者、銘柄:シャトー・グラン・ピュイ・デュカス 2006
格付:メドック第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40%
DSC02210-5.jpg

DSC02213-5.jpg
色は深めのガーネット色ですが、やや透明感がありますね。
香りはカシス、ブラックベリーに葉巻のスモーキーなニュアンス。
結構、香りが豊かで8年経過後も樽香が残っています。

ギスギスした苦味が残るものの、フルーティーで果実味も充分。
スペインやオーストラリアワインのようなエネルギッシュな果実味ではなく、とても柔らかい果実味。
熟成度合もよく、まさに今が飲み頃。

2日目もヘタることなく、おいしく飲めました(*^。^*)

良いボルドーワインは、力押しではなく優れたバランス力を持っているな~。

16.5/20
※個人の嗜好による採点です。

ボルドー メドック格付」、シャトー・グラン・ピュイ・デュカス、クリア!

さて、今日のレオのコーナー(不定期)です。

DSC02211-5.jpg

またもやワイン撮影中に足元で見上げるレオ。
「撮影会?やるの?やるの?おやつくれるの?」と目で語ってきます。

食べることと、寝ることと、遊ぶこと以外の唯一の仕事だからね(^_^;)

DSC01966-5.jpg
シャトー・グラン・ピュイ・デュカス 2006
Chateau Grand-Puy Ducasse 2006

生産国:フランス
地方:ボルドー メドック地区 ポイヤック
格付:第5級
品種:カベルネ・ソーヴィニョン60%、メルロー40%
生産者:シャトー・グラン・ピュイ・デュカス
ヴィンテージ:2006年
開栓年:2014年
score:
90/100 Wine Advocate(Robert Parker)
88/100 Wine Spectator
90/100 Wine Enthusiast
84-87/100 Stepen Tanzer's international wine cellar
88/100 Jean-Marc Quarin
91/100 Gibert & Gaillard
83/100 Cellar Tracker
16.5/20 Jancis Robinson
14.5/20 La Revue du Vin de France
17.5/20 Gault & Millau
15.7/20 Decanter
14.5/20 Bettane et Desseauve
14.5/20 Vinum Wine Magazine

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

関連記事
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。