スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008

2014.05.01.Thu.20:20
今年は休みの少ない微妙なゴールデンウィークですが、
祭日気分でイタリアのバルバレスコを開栓。

プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008。

プレステ4の発売日についでに買ったワインです。
ポイントで全額支払ったので買ったかどうかと言われると微妙ですが。
その時の記事はコチラ

今回はラバヤという畑ですが、他にもアジリ、オヴェッロ、モンテスファーノ、ポーラ、
パイエ、ムンカゴタ、リオ・ソルドなど様々な畑のものが発売されています。

しかも軒並みパーカーポイントが95点前後。

このラバヤはその中でもフラグシップ的なワインです。

生産者:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
銘柄:バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008
格付:D.O.C.G(バルバレスコ)
品種:ネッビオーロ100%
DSC01811-4.jpg
ワインの説明は前回していますので割愛するとして、
パーカー96+という超高得点の実力はいかに。

DSC01813-4.jpg
透明感のある薄いルビー。
イタリアの法律で出荷までの熟成年数が定められているバルバレスコらしく、
やや熟したえんじ色のエッジ。

さくらんぼ、干しイチジク、葉巻のスモーキーな香り。
やや鉄分っぽい要素も。

口に含んだ感想は、とても焦げたニュアンス、果実味と甘露な味わい。
とってもジャーミーでおいしい(*^_^*)

濃いめのピノ・ノワール、といった感じ。

現時点でも飲みやすいですが、酸がやや強めなところに熟成のポテンシャルを感じます。

さすが、96+だね!
と、言い切れるわけではありませんが、値段は6,000円前後なので、
中途半端に安いバローロを飲む位ならば、こちらの方がおススメです。

17.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01819-4.jpg

トリミングに行ってさっぱりしたので、久しぶりにレオと一緒に記念撮影。
ボトルを置いておくと、匂いをかぎに近づくくせに、
こちらから横にボトルを置くとビビッて逃げ腰なレオ。

時間がたてば写真のとおり、慣れ切ってしまいますが(^_^;)

DSC01381-4.jpg
プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ バルバレスコ・リゼルヴァ・ラバヤ 2008
Produttori del Barbaresco Rabaja, Barbaresco Riserva 2008

生産国:イタリア
地方:ピエモンテ州 バルバレスコ地区
格付:D.O.C.G.
品種:ネッビオーロ100%
生産者:プロドゥットーリ・デル・バルバレスコ
ヴィンテージ:2008年
開栓年:2014年
score:
96+/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
96-97/100 Antonio Galloni
94/100 Huon Hooke
93/100 Cellar Tracker

↓「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

チェレット バローロ・ゾンケッラ 2009

2014.04.13.Sun.10:00
バルセロナ、準々決勝で敗退・・・。

サッカーのチャンピオンズリーグの話です。
ここ6シーズンは最低でも準決勝進出していたのでショック。

ただ内容的には負けて当然な内容だったので致し方なし。
勝ったアトレティコ・マドリードに対しては悔しさよりも、
むしろ優勝まで頑張ってほしいと思えるのが救いです。

バルセロナの元監督ペップ・グアルディオラが率いるバイエルンと決勝で当たったら最高ですね。
(ちなみにバイエルンが去年の優勝チーム)

その精神的ショックでヤケ酒とばかりに開ける予定のなかったワインを開けました。
といっても2日前に届いたばかりで1週間は休ませようと思っていただけですが。

「チェレット バローロ・ゾンケッラ 2009」。

イタリアのピエモンテ州で作られる「ワインの王様」バローロです。

バローロ地区はブドウ品種はネッビオーロのみを使って作られる、
長熟向きで力強さと繊細さを併せ持つワインを産出します。

が、一般的には値段が高い。
ワインに力を入れているレストランでたまにグラスで見かける位で、
あってもボトルでの提供がほとんどです。

チェレット社のゾンケッラは、自社畑であまり出来のよくなかったブドウと他社から買った、
いわゆる買いブドウをブレンドして作ります。

したがって、お値段は比較的安めの3,880円。

これがジャコモ・コンテルノやジャコーザ、ガヤであれば10倍近くします。

生産者:チェレット
銘柄:バローロ ゾンケッラ 2009
格付:D.O.C.G(バローロ)
品種:ネッビオーロ100%
DSC01744-5.jpg
さくらんぼ、干しイチジクの甘酸っぱい香りに焦げたようなロースト香。

ジャムを煮詰めたような甘露な味わいもほんのり混じっていますが、
全体的に酸も強く、焦げた苦みが目立ちますね。

これは・・・ヤケ酒で開けてしまったけど、もう少し寝かせておけばよかった(^_^;)

15.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01727-5.jpg
チェレット バローロ ゾンケッラ 2009
Ceretto Zonchera, Barolo DOCG 2009

生産国:イタリア
地方:ピエモンテ州 バローロ地区
格付:D.O.C.G
品種:ネッビオーロ100%
生産者:チェレット
ヴィンテージ:2009年
開栓年:2014年
score:
91/100 Wine Advocate(Robert Parker)
89/100 Wine Spectator
92/100 Cellar Tracker

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV

2014.03.21.Fri.15:40
こんにちは。

最近はボルドーとブルゴーニュばかり飲んでいるのでたまには骨休め。
先日の十勝ワインのブルーム ロゼに続いてスパークリングワインを。

「メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV」。

イタリアの赤のスパークリングワインであるランブルスコです。
ランブルスコは安くて気軽に飲めるので重宝します。

このメディチ・エルメーテのクエルチオーリは、なんと700円台で購入。

ちなみに「メディチ」の名が冠されていますが、
ルネッサンス時代に黄金期を築いたイタリアの名門メディチ家の末裔だそうです。

生産者:メディチ・エルメーテ
銘柄:クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV
格付:D.O.C
品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
DSC01510-2.jpg
グラスに注ぐと細かい泡が立ち込めた後に濃い赤いインク色が現れます。
果汁100%のイチゴジュースのような濃さ。

香りはカシスとハチミツの香りがして甘味が強そうな予感。

ところが見た目と香りに反して、「セッコ」の名前のとおり甘味は感じず。
しっかりとした果実味とコクがありつつも、後味はスッキリ。

複雑さや深みはありませんが、ランブルスコは気軽に飲めることが美点なので
問題ではありませんね。

値段が700円台と考えれば納得です。

14.5/20
※個人の嗜好による採点です。

DSC01505-2.jpg
メディチ・エルメーテ クエルチオーリ レッジアーノ ランブルスコ セッコ NV
Medici Ermete i Quercioli Lambrusco Reggiano Secco NV

生産国:イタリア
地方:エミリア・ロマーニャ州 レッジアーノ地区
格付:D.O.C(D.O.C.レッジアーノ)
品種:ランブルスコ・サラミーノ、ランブルスコ・マラーニ
生産者:メディチ・エルメーテ
ヴィンテージ:NV(ノン・ヴィンテージ)
開栓年:2014年
score:
85/100 Wine Enthusiast

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

テヌータ・セッテ・ポンティ オレーノ 2005

2013.11.10.Sun.07:59
今日はローストビーフを作ろうと松坂屋の地下食品売場に
牛のモモ肉を買いに行きました。

実はその2週間前にもローストビーフを作ったのですが、
微妙な出来だったので、今度はそれなりにいいお肉を使おうと。

100g 1,050円で325g購入。
何気なく買ったので、どこ産なのか全く覚えてない(笑)

で、ローストビーフの出来はというと・・・・・

13111001-2.jpg

かなりおいしい!!

ローストビーフは、お肉の質で決まることがよく分かりました。

さて、今宵のワインは、ローストビーフに合わせて、
イタリアのスーパータスカン、オレーノ2005です。

生産者:テヌータ・セッテ・ポンティ
銘柄:オレーノ 2005
品種:メルロー50% サンジョベーゼ25% カベルネ・ソーヴィニヨン25%
13111003a-2.jpg
2005年は、ボルドーではグレートヴィンテージですが、
トスカーナでも、なかなかよい出来の年。

色は、黒味がかった深みのある赤色。
まだまだ若々しく、非常に濃厚な赤ワインでした。
陽気な感じがしたのは、サンジョヴェネーゼの影響なのかな?
ボルドーとは、印象が全く違いました。

定番ながら、ローストビーフとは見事なマリアージュ。
満足度が高いディナーでした。

17.5/20
※個人的な嗜好による採点です。

13111002-2.jpg
テヌータ・セッテ・ポンティ オレーノ 2005
Tenuta Sette Ponti Oreno 2005

国:イタリア
地方:トスカーナ州 アレッツォ
格付:I.G.T.トスカーナ
品種:メルロー50% サンジョベーゼ25% カベルネ・ソーヴィニヨン25%
生産者:テヌータ・セッテ・ポンティ
ヴィンテージ:2005年
開栓年:2013年
score:
95/100 Wine Spectator
95/100 Wine Enthusiast
95/100 Wine & Spilits Magazine

↓ランキングに参加してます。「ポチッ」と応援クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓ついでにこちらも「ポチッ」と応援してやってください^m^
ワイン ブログランキングへ
↓オマケの応援&「ワインログ」のブログ分析だよ byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。