スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラベルにダメージを与えるラベル保護シートってどういうこと?

2014.03.12.Wed.08:51
今日は、残念な話をひとつ。

ワインを保管する環境の一つに「湿度70%以上に保つ」、というお約束があります。

これはコルクの乾燥により酸素が侵入しないためです。

しかしながら、それだけジメジメした環境であれば、
当然、ラベル(エチケット)にカビが生えやすくなります。

それを防ぐためにラップを巻いてみたり、梱包材で覆ってみたりするわけですが、
今回、新たな試みとしてラベル保護シートを買ってみました。

ファンヴィーノ(funVino) ラベルガード 20枚入り
DSC00740-5.jpg

このシートを台紙から剥がして、ワインのラベルに貼ります。

非常に簡単!

難点を言うのであれば、ボルドータイプのボトルにはピッタリですが、
ブルゴーニュのような、なで肩タイプのボトルでは、
はさみで切って大きさを調整しないと、きれいに貼れないというところでしょうか。

DSC00742-5.jpg

全体がセロファンになっており、糊付け部分は端っこです。
ラベルが大きいものはこの糊付け部分が当たることになります。

粘着力はあまり強くないので、ラベルガードだけでは剥がれやすいです。
なので、結局、ラップを巻いて固定する羽目に・・・。

二重ガードでこれはこれでいいか、と。

数週間後。

貼った直後はあまり深く考えていなかったのですが、
ふとこのまま数年間経つと粘着部分が劣化してきて、
ラベルにかえってダメージを与えてしまうのではないかと考え始めました。

ということで、やっぱり剥がすことにしました(^_^;)

そうしたら・・・・なんと!

DSC00057-5.jpg

例の粘着部分にあたっていたラベル部分が剥がれてしまいました・・・・。

ラベル保護がラベルにダメージ与えるとは・・・・(-_-;)

他のワインはかろうじてうまく剥がれたために事なきを得ました。

※写真はラベルガードを剥がした後、再度、ラップで巻いた状態です。

DSC00058-5.jpg

ブリュノ・クレールのシャンベルタン・クロ・ド・ベーズが餌食に。

でも・・・・・・ま、いっか。

ラベルを飲むわけじゃないし。

これもいい思い出です(*^_^*)

あ、一応、フォローしておきますと、
粘着部分をラベルに当てなければこんな惨事は起こりませんよ。たぶん。

↓人気ブログランキングヽ(^o^)丿
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキング(*^。^*)
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ

ワインを預ける 第3回 ~minikura 寺田倉庫に訪問

2014.01.09.Thu.08:49
こんにちは。
今日は、シリーズ企画「ワインを預ける」最終回です。
※過去記事はコチラ(第1回第2回

今回は、いよいよ寺田倉庫の訪問レポートです。

訪問の目的は2つ。
新たに預ける1箱の入庫と以前預けた2箱の閲覧です。

DSC01005-5.jpg

今回訪れたのは、寺田倉庫の本社でもある品川トランクルーム。

寺田倉庫のワイン保管サービスは1箱からでも受け付けていますが、
他にもウォークインタイプやロッカータイプのワインセラーを丸々貸し出しています。

預ける箱数や予算、用途によって使い分ければよろしいかと思います。
(ただし品川のロッカータイプは場所代が高い!)

DSC00982-5.jpg

今回は1箱12本を新たに預けます。

全部で3箱しか預けていないので、ロッカータイプではなく1箱ずつ預けられる、
「minikura -HAKO-wine」というサービスを利用。
保管料は月630円。

取り出す時は「箱単位」で取り出せますし、自宅に送ってもらうこともできます。(クール便も可)
今回のように予約をすれば閲覧室で中身の確認もできます。
閲覧室では持ち込んだ別のワインと中身を入れ換えることもできます。

他にも「minikura -MONO-wine」という1本1本写真を撮って、
サイトにアップしてくれるタイプもあります。
こちらは取り出すときは「1本単位」で指定場所に送ってもらえます。(クール便も可)

一瞬、こちらの方が便利だなーと思ったのですが、、、思わぬ盲点が。

1本1本写真を撮る関係上、中身を入れ替えると整合性が取れなくなるため、
閲覧室での中身の入れ替えができないそうな。
一度、箱ごと取り出して、再度、入庫すればよいらしいのですが、
その度に一定の手続きを踏まなければならないわけです。

これは・・・・面倒そうなので、「HAKO」を選択しました。

ちなみに「MONO」の場合は、撮影した写真を利用して、
そのままYahoo!オークションに出品することができます。
落札後は、寺田倉庫が梱包から配送まで代行してくれるそうです。
ワインを処分したい方は便利なのではないでしょうか。
僕は自分で飲んでしまいますけどね(*^_^*)

さて、前段はともかく、いよいよ閲覧室へ。

まずはロビーからエレベーターで上層階に昇るのですが、
ICカードをかざしてからボタンを押しても反応せず。

数分間、悪戦苦闘した結果・・・・・
あぁ、かざしながらボタンを押すのね・・・・。

DSC00984-5.jpg

エレベーターで上層階にのぼると目の前に扉が。
このフロアから肌寒くなってきました。

DSC00985-5.jpg DSC00999-5.jpg

するとまた扉。その扉を開けると短い廊下が。
この左手がワインセラー。右側が閲覧室です。

DSC00988-5.jpg

閲覧室に入ると預けていたワインが入っている段ボールが置いてありました。
この部屋も温度はワインセラーと同じようです。

DSC00992-5.jpg

作業グッズも置いてありました。
新聞紙、ガムテープ、ラップ、メモ帳、ボールペン。
ちなみに上記以外の文房具は置いてなかったですね。

DSC00989-5.jpg DSC00993-5.jpg

預けているワインたち。
左はボルドー系、右はブルゴーニュ系。
左はボルドー系といいながら、前列3本はカリフォルニアとイタリア(^_^;)
ちなみに後ろは全部ボルドーです。

その後、もろもろの作業を終えてから、寺田倉庫を後にしました。

しょっちゅう出し入れするのでなければ、レンタルセラーはとても便利ですね。
預ける時もわざわざ行かなくてもクール便で送ってもOKです。

以上、訪問レポートでした。

↓人気ブログランキング、応援クリックお願いします!ちなみに「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?こちらもお願いします!^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓「ワインログ」のブログ分析結果だよ。たまに変な結果がでるよ。 byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

ワインを預ける 第2回 ~ワインセラーは家庭用?レンタル?

2014.01.07.Tue.08:30
こんにちは。

年末年始で中断しておりましたが、
「ワインを預ける」企画を再開します。

今回は第2回です。
(第1回はコチラ

今回は、なぜワインをレンタルセラーへ預けることにしたのか、です。

家庭用セラーでやはり怖いのは、夏場の停電とセラーの故障。
我が家の夏場は日当たりが良すぎて、北側の部屋でも室内温度30度は軽く超えます。
そうなるとワインは膨張によって吹いてしまうリスクがあります。
平日の昼間に故障でもしようものなら、まず気づかないでしょう。

また、家庭用セラーは電化製品なのでどうしても微振動があります。
我が家の夏場を凌ぐには、ベルチェ式では冷却パワーが足りず、
コンプレッサー式のセラーがメインセラーになります。
(もう1台ある小型ベルチェ式セラーは、設定温度を14度にしても実際は18度以上に。
 冬場は18度にしているのに13度に。安物買いの銭失いですね・・・。)

コンプレッサー式はセラー外気温が高ければ、それだけ冷却活動を活発に
行いますので、そのたびにモーターが微振動を繰り返します。
この微振動が数年の長きに渡れば、ワインに悪影響を及ぼす可能性もあります。

とあるメーカーの説明では、微振動はワインに影響しないと書いていますが、
実際に手で触れてみるとたしかに微振動なんですが、ビリビリと振動が伝わってくるんですよね。
長期的にはどう見ても影響しそうな気がするんですが・・・。

そんな心配事で365日を過ごすくらいなら、レンタルセラーに預けてしまえ、と。

もちろんレンタルセラーも事故の可能性はありますが、
事故はどこに置いても起こるので確率の問題ですね。

ちなみに寺田倉庫は1本につき1万円まで補償されます。
自宅であれば、1円も補償されないのでまだマシですね。

次回は、寺田倉庫へ1箱入庫したついでに
既に預けている2箱の閲覧を予約しましたので訪問レポートをしたいと思います。

レンタルセラーの中までは見れませんが、雰囲気は味わえます。

乞うご期待!?

DSC01030-5.jpg

↓人気ブログランキング、「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓「ワインログ」のブログ分析結果だよ。たまに変な結果がでるよ。 byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

ワインを預ける 第1回 ~寺田倉庫行き決定。

2013.12.28.Sat.13:28
こんにちは。

ワインセラーの整理で1箱、寺田倉庫行きが決定しました。
これで先日に引き続き3箱目です。(先日の記事はコチラ

ということで今回から「ワインを預ける」企画(全3回)です。

DSC00981-4.jpg
さて今回の寺田倉庫行きの1箱の構成は下記。

ボルドー赤4本
ブルゴーニュ赤5本
ブルゴーニュ白2本
イタリア赤1本

シャトー・パルメの2005年とメッソリオの2006年以外は
2009年、2010年ヴィンテージのみなので、しばらくは寝かす必要があります。

今までの自宅セラーの最大勢力はボルドー、ブルゴーニュ、ローヌの
フランストリオでしたが、今回の移管により、
自宅セラーの勢力はフランス、イタリア、カリフォルニアと拮抗してきました。

これで一段落したので、しばらくは消費に力を注ごうと思います。

僕の場合は、長期熟成が必要なワインはレンタルセラー(寺田倉庫)に預けています。

家庭用セラーを買うか、レンタルセラーに預けるかは、一長一短です。
自宅でワインを並べて鑑賞することはまずないので、
5年以上熟成を要するものはレンタルセラーに預けるようにしています。

ワインの楽しみ方やスタイルによって、家庭用セラーかレンタルセラーか、
いろいろな考えがあるかと思います。

第二回は、なぜレンタルセラーに預けることにしたのかをお題にしたいと思います。
そして第三回は、寺田倉庫訪問レポートをします。

↓人気ブログランキング、「ワインログ」は今、何位?
ワイン ブログランキングへ
↓ブログ村ランキングでは何位かな?^m^
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓「ワインログ」のブログ分析結果だよ。たまに変な結果がでるよ。 byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

ボジョレー・ヌーボーの出来を「ドラゴンボール」で表わすと・・

2013.11.21.Thu.19:00
今日はボジョレ・ヌーボの解禁日。
「ボジョレ・ヌーボー」なのか、「ボージョレ・ヌーヴォー」なのか、
いろいろと迷いましたが、字数が短いので「ボジョレ・ヌーボー」で行きます。

で、その「ボジョヌー」ですが、毎年、その年の出来を表す謳い文句があります。
※詳しくはwikipediaがまとめてくれています。そこからの抜粋です。

1995年「ここ数年で一番出来が良い」
 →まずはここからSTART。
1996年「10年に1度の逸品」
 →いきなり前年越え。10年前の86年以降最高の出来! 96>95
1997年「1976年以来の品質」
 →さらに前年を上回り、76年に匹敵! 97(=76)>96>95
1998年「10年に1度の当たり年」
 →88年以降最高、ということは97年を越えたので・・・つまり76年越え! 98>97(=76)>96>95
1999年「品質は昨年より良い」
 →品質は(他に何が?)過去最高の98年越え! 99>98>97(=76)>96>95
2001年「ここ10年で最高」
 →さらに最高値を更新!01年最強。 01>99>98>97(=76)>96>95
2002年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
 →さらに更新!02年最強。ん?95年以来の出来・・・?じゃ、今までのは・・・?
2003年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
 →でました!100年に1度!03年最強!
2005年「ここ数年で最高」
 →その100年に一度をあっさり更新。05年最強!
2006年「昨年同様良い出来栄え」
 →最強05年と並び立つ!
2009年「50年に1度の出来」
 →最強05年と06年をさらに上回る!
2010年「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
 →翌年、史上最強の09年と並び立つ!
2011年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」
 →最強09年、10年と同等!

もはや、「ドラゴンボール」のような展開です。

2002年の「1995年以来の出来」あたりから矛盾が生じ、カオスになってきました。

ここで、ボジョヌー達の序列を「ドラゴンボール」の主な敵キャラで整理します。
※なお、どうでもいいですが、コミック版の初登場時の強さです。

魔人ブウ級 2009年、2010年、2011年
ダーブラ級 2005年、2006年
セル級   2003年
人造人間級 2002年
フリーザ級 2001年
ザーボン・ドドンパ級 1999年 
ギニュー級 1998年
ベジータ級 1997年
ナッパ級  1996年
ピッコロ級 1995年
 
これですっきりしました。

2012年は不作のため、出来の悪い年でしたが、2013年はどうでしょうか?
一部では、フルーティーで味わい深いなど、高評価のようです。

今年は2本買ってみました。

どうもライトボディのワインは好みではないため、
久しく、ボジョヌーは飲んでいないので、楽しみです。

↓ランキングに参加してます。「ポチッ」と応援クリックお願いします!
にほんブログ村 酒ブログ ワインへ
↓ついでにこちらも「ポチッ」と応援してやってください^m^
ワイン ブログランキングへ
↓オマケの応援&「ワインログ」のブログ分析だよ byレオ ▼o・ェ・o▼
blogramで人気ブログを分析

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。